« 「学力」対「ゆとり」という振り子 | トップページ | はじめてのトラックバックで »

タカと刀は使いよう―居合道について―

 今日(18日)は自分が所属する居合道同好会の稽古納めでした。
会員のみなさん、今年もお疲れさまでした。同好会を結成して二年目。自分はあまり今年は活動に参加できませんでしたが、会長を中心に、少ない人数ながらもみんながんばったなあと感心しています。明日の納会ではその労をねぎらいたいです。
 自分自身、居合道を志して三年目。今年も多くのことを勉強しましたが、まだまだです。初心を忘れず、成長しつづけていきたいです。

 さて、居合道とは何か。自分は居合道一年目のときに、どう認識していたか。以下は、宮城県剣道連盟居合道部会に寄稿した「居合のすすめ」です。

居合道を始めて一年になります。大学院の同僚から勧められ、決意しました。
大学まで剣道を続けていましたが、引退後は忙しさを理由に稽古から遠ざかっていました。しかし武道のもつ厳粛な雰囲気と緊迫感をもう一度味わいたい思いは強く、また居合道という未知の世界に好奇心をそそられたため、同僚の誘いにすぐに応えました。
現在先生方の懇切丁寧なご指導の下、剣道とはまたちがった世界を楽しんでいます。居合は形の稽古ですので、一見地味に見えます。しかし、地味に見える中にも技の想定や理合など多くの意味が凝縮されていて、正確な動作の難しさに稽古をはじめたばかりの頃は驚きました。
恥ずかしながら剣道の稽古では、居合ほど自分の身体動作に繊細に、そして意識的になったことはありませんでした。
精神を集中して身体感覚を研ぎ澄ます。同時に先人が築き上げ、修練してきた同じ技の世界に学ぶ。これは私にとって大きな魅力です。
他にも、外人の方も多く国際色豊かなこと。試合に男女・年齢の区別がないこと。
居合で出会った方々とともに刀をジョッキに持ち替えて語り明かせること・・・・・・、たった一年でも多くの魅力を見つけました。
この居合道の世界に居合わせることができた幸運をうれしく思い、さらなる上達と新たな刺激を求めて、現在稽古に励んでいます。

 読み返してみて、認識はこの時と変わらないなあ、深まってないなあと・・・・・・。この時に比べれば多くの情報を得、経験もしているのですが。さらに高度な「眼」でもって、居合道の世界に潜入していく重要性を痛感し、今年の反省にしたいと思います。

|

« 「学力」対「ゆとり」という振り子 | トップページ | はじめてのトラックバックで »

居合道」カテゴリの記事

コメント

昨日の飲み会は楽しかったですね、雨龍でございます。

同好会の掲示板から飛んで参りました。
「HOME」があるのを見つけたの今さっきですよorz申し訳ございませぬ。

記事一つ一つのクオリティが高いですねぇ。うちとは大違いです(つД`)
XML、リーダーに入れときましたので更新を楽しみにお待ちしております。

そちらへのリンクを貼らせて頂きたいのですがよろしゅうございましょうか?

投稿: 雨龍景虎 | 2004/12/20 15:47

>雲龍さん
来てくれてありがとぅ。
これからぼちぼち充実させていく予定です。
まだまだド素人ですから。
今後ともよろしく。

リンク貼ってください。どうぞどうぞ。
自分も雲龍さんへのリンク貼らせてくださいね。
それでは(自分も「なんちゅう時間帯だ」という真夜中に書いてますな(^_^;))。

投稿: takakist | 2004/12/21 03:39

Σ(・д・)あっ!!

みっけ( ̄ー ̄)ニヤリ

私もリンク貼り貼りしてい〜い?

投稿: あおぎんぐ | 2004/12/21 17:10

来ましたね( ̄ー ̄)ニヤリガエシ
もちろんです。
こちらからもリンクさせていただきます。

投稿: takakist | 2004/12/21 21:41

オイラもご挨拶に・・・(=^・^=)

これからもちょくちょく寄らせてもらいます。

今後の発展に期待してますヽ(^o^)丿

投稿: 子連れ狼 | 2004/12/22 00:47

子連れ狼さん、
来てくださってありがとうございます。
「滞らない」をモットーに、少しずつ充実させていく予定でおります。ゴッタ煮方式で、どこかの「喫茶風」のようにはいきませんが。
お暇な時にどうぞ。

投稿: takakist | 2004/12/22 03:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69457/2308487

この記事へのトラックバック一覧です: タカと刀は使いよう―居合道について―:

« 「学力」対「ゆとり」という振り子 | トップページ | はじめてのトラックバックで »