« 名は体を… | トップページ | 雑感~居合と学問~ »

言葉の意味は変わる

ビアス著、西川正身編訳『新編 悪魔の辞典』(岩波文庫、1997年)という本があります。
 アンブローズ・ビアス(Ambrose Bierce, 1842-1914?)は、アメリカの短編小説家であり、ジャーナリズムの世界でも編集者、コラムニストとして活躍しました。『悪魔の辞典』は、別に悪魔について事細かく説明した本というわけではなく、アメリカ史上最も恥ずべき時代(「めっき時代」1870年代から世紀末にかけて)における社会の腐敗を、辞典形式で諷刺した社会批評の本です。「悪魔」という、当時社会でタブー視されていた単語をタイトルに使おうとするあたりからすでに、彼の社会へのまなざしの一端を看取できます。

 彼はいろいろな言葉を取り上げ、それに対し、簡潔かつ機知に富んだ定義を下しています(その先には、それぞれ具体的な指示対象があったわけですが、それ、つまり当時の社会状況については、残念ながら勉強不足で把握しきれてはいません)。
 例えば、「辞書」については次のように定義しています。

辞書(dictionary n.) ある一つの言語の自由な成長を妨げ、その言語を弾力のない固定したものにしようとて案出された、悪意にみちた文筆関係の仕組み。とはいうものの、本辞典に限り、きわめて有用な制作物である。

 完全に私の主観ですけれども、この文を読んで、プラグマティズムが想起されました。プラグマティズムは、もっともアメリカ的なものの考え方であり、今日のアメリカ資本主義社会とその文化を築き上げてきた基調だ、などと言われます。ビアスは、まさに、アメリカ資本主義がめざましい発展をとげたその時期、19世紀末アメリカのジャーナリズムで辛辣な筆を揮った人。とすれば、プラグマティズムから何らかの影響を受けたということは考えられます。

 プラグマティズムは専門哲学の体系であるよりも、むしろ一種の生活態度を意味しています。歴史なき新大陸に飛び込んだアメリカ人は、さまざまの伝統にわずらわされることなく、現世的な人間の幸福をひたすら追求する生活に没頭できました。新大陸での生活建設に際し、それが成功するか失敗するか、幸せになるか不幸になるかを決定するのは、神の“予定”でも、出生・身分でもなく、個人としての努力と創意でした。そういった生活経験から生まれた気分がはっきりと意識されたときに、哲学としてのプラグマティズムが成立しました。

 「愛とは~だ」「教育とは~だ」「学力とは~だ」などといった言葉はよく見かけますが、プラグマティックな態度は、はじめから特定の結論を主張しようとはしません。むしろ、先験的な理由や固定的な原理、もっともらしげにもちだされる絶対者の言葉に徹底して背を向けます。
 プラグマティズムにとって、言葉は結論ではなくて、まさにそこから討議がはじまる出発点にほかなりません。「理性」だの「精神」だのと言葉を持ち出せばそれで結論が得られたかのような考え方、換言すれば、言葉だけの解決=言葉による無限の言い換えは、批判の矢面に立たされます。
 例えば「民主主義」という観念があって、それが真理であるとするときには、その言葉によって我々が〈実際に〉何を指し示すかが、まず問題となります。「その言葉が実際に何を意味するのか」、「いかに通用するのか」、「そのように定義したらどういう実際的帰結へと至るのか」。その正価を見究め、実際の経験の中ではたらかせてみなければなりません。「民主主義というのは、人民が本来制度の自己目的化―物神化―を不断に警戒し、制度の現実の働き方を絶えず監視し批判する姿勢によって、はじめて生きたものとなりうるのです」(丸山真男『日本の思想』岩波新書、1961年、156ページ)。
 「学力」についても、その定義だけをめぐって論争しても何の意味もありません(定義の問題は真偽の問題ではありません)。その定義を使って、教授-学習の現実をどう効果的に捉えられるのか、問題を理論の構築にまで進めなければなりません。あるいは現場の現状から「学力」を帰納的に捉え直すという作業を不断に行わなければなりません。

 ある言葉を定義したときには、その定義を〈使って〉実際の事実を説明しなければ何の意味もないし、またある法則(知識)を真だとするときには、その法則を実際の事実に照らし合わせて証明しなければいけない。そういった活動の過程を経ずに、真理は不変的なものとして在ると捉えるのでは、言葉の定義をめぐって論争しても不毛に終わる。結局は、自分の中の固定的な考え方を主張し、押しつけて終わるだけですから。

 ビアスが「辞書」の項目であらわそうとしていたことも、以上のような意味合いのことではないのかなと、かなり飛躍している気がしますが、思いました。政界や宗教界の腐敗を激しく糾弾してきたビアス。彼が、今の時代に生きて、アメリカの現状をみたらどのようなコラムを書いたでしょうか…

|

« 名は体を… | トップページ | 雑感~居合と学問~ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69457/2719274

この記事へのトラックバック一覧です: 言葉の意味は変わる:

« 名は体を… | トップページ | 雑感~居合と学問~ »