« 人体の不思議(@。@) | トップページ | 「鞘離れ」の難しさ »

学会発表終わる……ふらふら

 学会発表、無事終了。
身内の集まりといっていいほど小さな学会ですが、そのぶん気が抜けないわけで。
出来は、70点といったところ。
資料構成をもう少し考える必要があると反省。
ただ、たくさん盛り込めばいいというわけではなく、どうすればわかりやすく伝えることができるか、発表の技法を練る必要性を感じました。そういえば、Power Pointで発表する人が増えたなあ。

 5分の質疑応答の時間に3人の先生からコメントをいただき、かなりの収穫がありました(相変わらずM原先生は容赦ない)。自分のウィーク・ポイントがどこにあるのかを明確にすることができました。
 とくに重要だった指摘は「個別と一般」の問題。一つの事例から全体を見通す視座を提示できるかどうか。個別を包含する一般性をどう掴み取るか。初歩的な指摘ですが、これがなかなか難しい。一般は観念的なものとしてあるのではなく、個別の形をとって現れている。ですから、個別そのものの把握が基礎になることは変わらないわけで、コツコツやるしかありませんか……

|

« 人体の不思議(@。@) | トップページ | 「鞘離れ」の難しさ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69457/3187436

この記事へのトラックバック一覧です: 学会発表終わる……ふらふら:

« 人体の不思議(@。@) | トップページ | 「鞘離れ」の難しさ »