« 学会発表終わる……ふらふら | トップページ | 『山びこ学校』は語りかける »

「鞘離れ」の難しさ

居合について。
日曜日は、久々に居合道同好会の稽古に参加しました。
すだっちにも会えたし。久々に体を動かし、案の定、現在お尻が筋肉痛。

抜付けに行く際、「止まるように見える」(制定居合七本目)と指摘を受けました。
自分としては、「鞘離れ」の一瞬を意識して、「溜め」をつくっていたつもりだったんですが(´ヘ`;) う~ん・・・むずかしい。静から動へのメリハリ。
なんせ以前は「ゴボウ抜き」と言われていましたからねぇ。
だれかよいアドバイスがあれば、教えてください。こうイメージすればよいとか。

もう一つは、よく先生からも言われている、切り下ろしや血振りのとき、刀がピタッと止まらないこと。
おそらく、剣道を長いことやっていたから手首のスナップが効いているのでしょう。
これがピタッと決まるとメリハリが出るんだろうなぁ。

いずれにしろ、量をこなしながら自分の身体と対話していくしかないと思い候。
「道は無窮なり」(正法眼蔵)、「我は無給なり」(タカの眼)

|

« 学会発表終わる……ふらふら | トップページ | 『山びこ学校』は語りかける »

居合道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69457/3215837

この記事へのトラックバック一覧です: 「鞘離れ」の難しさ:

« 学会発表終わる……ふらふら | トップページ | 『山びこ学校』は語りかける »