« 桜前線北上より一足早く | トップページ | 「筆とれば物書かれ」 »

一人院生室にて、沢柳漬け

 現在、午前5時50分。空はすっかり明るくなってしまいました。

私は、まだ院生室にて、依頼された原稿を書いています(not 論文)。
院生室には私一人、というかこの11階建ての建物の中に私一人という状況です。
先日卒業した院生たちが使っていた、現在空っぽの本棚が、寂寥感を助長します。
聞こえるのは、「はぁ…」という自分のため息と、「ブーン…」というパソコンのファンの音だけ。
泣けるね。もう帰ろう。朝日を全身に浴びながら。

頼まれている原稿というのは、沢柳政太郎に関するものです。
彼は近代日本を代表する教育者の一人であり、文部省普通学務局長、文部次官、東北大学総長、京都大学総長などを歴任、官職を辞して後は、私立成城小学校を創設し、大正新教育の中心的存在として初等教育の実践に取り組むという、異色の経歴の持ち主です。 『澤柳政太郎全集』が刊行され、多くの大学図書館に所蔵されています。

東北大学の学生なら、初代総長として彼の名を一度は耳にすると思います。そうです、東北大学の初代総長は教育学者なんです(制度的には文部行政官なんだけど)。「研究第一」「門戸開放」「実学尊重」といった学問風土の形成に、彼はまちがいなく影響を与えています。

そんな彼が著した『実際的教育学』(1909年)は痛快です。それまでの教育学を根本から批判しているからです。
「教育はこうあるべき」という当為論、「これが望ましい教育」という理想論から教育論を展開する傾向は現在もさかんですが、当時もそうで、そういったいわゆる講壇教育学を、彼は痛烈に批判します。

「これが正しい教育だ」という思想(神話と言い換えることもできる)を振りかざす前に、その思想を科学的吟味にかけ、実証的な裏づけのもとに理論化し、具体化していく。現実の教育経験(子どもの発達段階、学習到達度、認知構造など。端的に言えば、子どもの実態)に立脚した、実験研究の必要性を説いているわけです。

 「学力重視」・「ゆとり教育」といった、それ自体曖昧な観念の応酬に揺れる昨今の現状をみるにつけ、沢柳の遺した教育遺産を振り返る必要性を強く感じます。

|

« 桜前線北上より一足早く | トップページ | 「筆とれば物書かれ」 »

教育史ノート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69457/3480871

この記事へのトラックバック一覧です: 一人院生室にて、沢柳漬け:

« 桜前線北上より一足早く | トップページ | 「筆とれば物書かれ」 »