« 認識を媒介するもの | トップページ | 「少女マンガ」との邂逅 »

発表終えて…

 一週間ぶりのご無沙汰でした。
もうすぐ6月ということで、衣替え。デザイン・テンプレートを新しくしてみました(「若葉」)。

               ◇

 さて、研究発表は終わりましたが、いわゆる「玉砕」ですね。
やはり付け焼き刃では、太刀打ち出来ませんでした。

〈今回の反省〉
(1)史料分析が少なすぎるということ。
 史料が命の教育史研究。もっと「生の史料」を足を使って探してこなければいけません。
やはり発表を聴いてくださる方々が「勉強になった。得した」という中身でなければ。
むしろ、こちらが勉強になってしまいました。史料の所在について本当に貴重なアドバイスを頂きました。そして、その史料を閲覧することが極めて困難であるということも―『学校沿革誌』を閲覧することは難しいようです。宮城県の場合、教育委員会を通す必要があり、それでも無理なことがあるとのこと。本当は残さなければいけないのだけど、残ってないこともあるでしょうし。とりあえず、残ってそうなところを教えていただきました。―
 6月、一つ論文を書く予定ですが、これに生かしたいと思います。まず史料閲覧のための戦術づくりからはじめなければ。

(2発表方法の工夫(レジュメの中身の工夫、聴き手の関心がどこにあるかの想定)
 いつものように、字が並んだレジュメ。しかし、今回の発表は学会発表とは異なり、発表時間は固定されていませんでした。1時間とっても大丈夫でした。実際、その後の質疑応答に1時間程度かけましたから。話題提供としてでもいいわけだから、もっと史料をつけておけば、その分、討論の内容も、アドバイスの質も濃くなったと思います。

               ◇

 帰宅して夜8時に寝たら、朝8時に起きました。全然寝てなかったから相当疲れがたまっていたようです。
午前中は部屋の掃除をして、午後は居合道同好会の稽古へ。その後、会員の皆様とおっきなパフェを食べに街へ。しばしの休息になりました。
 また明日から研究出直しです。

この間、宮城県図書館みやぎ資料室、宮城県公文書館の方にお世話になりました。とはいえ、これからはさらにお世話になることはまちがいなし。今後ともよろしくお願いします。

|

« 認識を媒介するもの | トップページ | 「少女マンガ」との邂逅 »

教育史ノート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69457/4330673

この記事へのトラックバック一覧です: 発表終えて…:

« 認識を媒介するもの | トップページ | 「少女マンガ」との邂逅 »