« セクシズムの男女共学 | トップページ | 静寂のキャンパスでおもう »

気がつけば半年

 ブログをはじめてから半年が経っています。
この間、ときに励ましのメールも頂きながらヘタレ大学院生なりに「落穂拾い」を続けてきました。
できる限り自分の「専門テーマ」の「タコツボ」に閉じこもらず、身の回りのいろいろなことに眼を向けることで自分の視野を広げ(ここでの「落穂拾い」とはそういう意味)、
また文章のかたちにすることで今までおぼろげながら考えてきたことの輪郭をはっきりさせようとしてきました。
 もちろん、とうてい達成されているとはいえません。さすがにブログを研究より優先させるわけにはいきませんから。しかし、その一方、現在教育学研究科の博士課程(後期)に在籍している身として、課程博士一本化(論文博士廃止)の問題を含む大学教育・学術行政の問題など、吟味してみたい現実問題はたくさんあります。どんな対象を設定するかといった内容面はもちろん、文章のスタイル(「です・ます」調か「である」調か)などの形式面についても、あと半年ほどかけて試行錯誤を続けていく予定です。今後ともよろしくお願いします。

               ◇

 以前、生活綴方に関する記事を書いたとき(「『山びこ学校』は語りかける」、2005年3月9日)、ウェブログはまさに「今日の綴方運動」だという認識を持つようになりました。ウェブ[Web]上に書く・記録[log]することを通して(+ウェブ上で交流することを通して)自らを取り巻く社会環境を再認識し、価値観を再構築していくというのはブログの一つの活用法ではないか。そう強く思います。

|

« セクシズムの男女共学 | トップページ | 静寂のキャンパスでおもう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69457/4636715

この記事へのトラックバック一覧です: 気がつけば半年:

« セクシズムの男女共学 | トップページ | 静寂のキャンパスでおもう »