« 「時代を語る雑誌たち」を観る | トップページ | ヘタレ院生旅情編 »

戸詰! 戸脇! …どういう意味だ?

 居合の稽古は、遂に新技に突入した(水曜日は稽古参加者が少ないので、先生の指導を受けやすいよ。先週はマンツーマンだったし)。「戸詰」「戸脇」の二つである。教本では「四方切」が先に記されているが、私の場合は旧い順番で教わることとなった。
 さすがに、奥伝ともなると人物としての仮想敵だけではなく、障害物までその想定に入ってくるのでおもしろい。その分、これはいったいどんな状況で相手に斬りかかっているのか、話を聞いてもよく呑み込めない。「いろいろ矛盾な点もある」と先生自身がおっしゃったこともあり、そう簡単に理解できるものではないことは明らかだ。
 だから当然、現段階(昨日の今日の話)での自分の技は、単なる「形」の模倣の域を出ていない。
 そもそも技の習得のはじまりとはそういうものだ。日常の動きとはまるで違う武道特有の動きを、師匠の範にしたがって、一つ一つなぞっていく、その「模倣の体験」から技の習得は始まる
 そして、師匠の「形」を「模倣」する作業を反復するなかから、学習者は各技を成り立たせている一つ一つの「形」の意味を自ら納得したいという欲求を持ち、身体全体を通して「解釈の努力」を始めるようになるのが、技の習得における次の段階である。それを経て(その間にもいくつかの段階があるはずである)、ようやく歴史性を備えた技(「型」)の習熟に至るのである。単に外見的な「形」=(結果まね)に満足していることも、逆にあっさり見切りをつけて似非「創造」に走ることも、習得のプロセスからすれば、逸脱でしかない。
 だが、この思考をつらぬくことは難しい。動作の反復を繰り返す中で、どうすればもっとスムーズに動けるかといった点には思いをめぐらせても、なぜこのような動作なのか、自分の理解を絶えず再検討・修正する作業にはなかなか至らない。
 教本にそう書いてあるからだ、と簡単に納得してしまうのではなく、その文言を自分の頭で再解釈する作業を怠らないようにしなければならない。講座の先輩Kさんの言葉を借りていえば、「文献中の情報を自ら検証できる“厳しい”眼」と、それによってはじめて形成される「実験的思考」を持たなければならないといえようか。
 今回の技の場合、教本を読んでもなお想定が呑み込めない。早くも「判断の回避」癖が起きそうだ……

|

« 「時代を語る雑誌たち」を観る | トップページ | ヘタレ院生旅情編 »

居合道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69457/6693707

この記事へのトラックバック一覧です: 戸詰! 戸脇! …どういう意味だ?:

« 「時代を語る雑誌たち」を観る | トップページ | ヘタレ院生旅情編 »