« 「居合道」の誕生はいつ? | トップページ | 聞くほうも重い »

マダマダ修行が足りん…

 日曜日に、居合道の昇段審査を受験。無事三段に昇段する。応援して下さった方々、ありがとうございました。そしてともに昇段された同好会の方々、おめでとう。

それにしても、朝、寝ぼけて右足首をひねってしまったのにはマイッタ。軽い捻挫状態になった。よりにもよって審査の朝にするか、という感じであった。幸い大したことはなく、審査には大きく影響しなかったが、今日は足がジンジン痛んだ。

檀崎友彰著『夢想神伝流居合』(1966年、非売品。現在、『居合道―その理合と神髄』という題で体育とスポーツ出版社から出されている)では、「居合の至極―目的」として、次のように述べている。

剣道、柔道は人が立ち合つて試合を初(ママ)めるのだが居合は何時如何なる場合、如何なる場所に於てでも常住坐臥、油断があつてはならない、それは口に言い易く行い難しだが、努めて斯くあるべきであつて、それによつてこそ隙のない心構が養われるのである、昔の剣客は道に達し、丸腰で居たとはよく聞く事乍ら正にその人こそ真の居合人といえ様・・・(27頁)

「隙のない心構」か…、全然体現できてないなぁ。「隙のない心構」、自分なりに言い換えるなら、「不覚」と反対の心構え、目配りや細心の注意、といったものを技化するべく、さらに精進せねば。

|

« 「居合道」の誕生はいつ? | トップページ | 聞くほうも重い »

居合道」カテゴリの記事

コメント

三段昇段おめでとうヽ(^o^)丿!!
来年の加藤杯で会えるのを楽しみにしています♪

投稿: 子連れ狼 | 2005/11/22 19:52

お久しぶりです。無事に昇段できました。
おかげさまで、財布にはかなりの余裕ができました。「加藤杯で勝とう」をモットーに、これからがんばって参ります。

投稿: タカキ | 2005/11/23 18:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69457/7258177

この記事へのトラックバック一覧です: マダマダ修行が足りん…:

» 剣豪のウエルカムボード [MOONの似顔絵エッセイ]
本当に久しぶりの更新である。 秋のブライダルシーズンで大忙しで、息つく暇がなかったが ようやく落ち着きをとりもどしたので、最近の作品をご紹介しよう。 この作品では、新婦がなんと剣道の竹刀を持っている。 一見「鬼嫁」のようなイメージがある、が、さにあらず。 新郎は小学1年生から剣道を始めて現在5段の腕前。 新婦はといえば、小学6年生から剣道を始めて現在4段。 剣道が二人を結びつける縁になったのだろう、と想像がつく。... [続きを読む]

受信: 2005/11/22 15:39

» あの国のひとはこんなこともしている [知れば知るほどきらいになる国?]
合衆国ユド協会 公式ウェブサイトにようこそ 私たちのWWWホームで、私たちの協会と東洋の武芸Yudoに触れてみてください。 ユド とはなんでしょう? ユドは伝統武芸です。 高麗王朝期に徒手戦闘術として中国から韓国に伝来しました。 秀吉による朝鮮侵略(1592-97)の時に日本にも伝えられた後、朝鮮王朝後期に朝鮮半島での伝承は失われてしまいます。 1910年に、護身術として現在のような形で日本から韓国にユドが再移入されました。 柔道とユドの間には類似点もありますが、両者には根本... [続きを読む]

受信: 2005/11/27 13:13

« 「居合道」の誕生はいつ? | トップページ | 聞くほうも重い »