« 勝手に補足[郷土教育と北方教育] | トップページ | バタバタ(2) »

バタバタ(1)

 師走だからというわけではないが、先週末から慌ただしい日が続いている。
金~日は、ジェンダー法学会のお手伝い(腐れ縁)。撮影・録音業務を行う。
異なる分野の学会がどのようなものなのか、興味があった。
 即座に一般化してはいけないだろうが、個別報告の位置付けが(少なくとも自分が所属する教育系の学会に比べて)かなり大きいというのが印象に残った。シンポジウムと同じ会場、分科会は一つ、報告者は二名。報告時間は質疑応答も含め、一時間ほど。報告を聴くのは、その道の専門家たちばかり。そのうえで、一人壇上で視線を浴び、孤独に闘うわけだから、報告する側には相当入念な準備と覚悟が要る。鍛えられる環境である。同じくスタッフ業務に携わった法学研究科の院生に尋ねたところ、単に報告者が少ないというだけでなく、このような雰囲気の学会はこちらでは他にもあるとのことであった。
 学会全体を通してよく耳にしたのは、バックラッシュへの危機感、およびそれへの対応に関する言葉であった。地方から画期的な法・政策を立ち上げ、援助し、また学問的見地から理論化し、国も認めざるをえないというところまでもっていこう、そんな熱意が伝わってきた。集っていた人たちは、まさに各地域の男女共同参画推進に直接携わり、活動を展開しているパワフルな人たちであった。そういうパワフルな人たちの中にいると、そのテンションに負け、いつしかこちらの力まで吸い尽くされてしまう。加えて、早起きに慣れていない(目覚ましを三つ使用)軟弱な自分にとっては、かなり疲労感を味わった週末だった。

|

« 勝手に補足[郷土教育と北方教育] | トップページ | バタバタ(2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69457/7505134

この記事へのトラックバック一覧です: バタバタ(1):

« 勝手に補足[郷土教育と北方教育] | トップページ | バタバタ(2) »