« 「象牙の塔」の中の懲りない面々 | トップページ | 実験装置を拵えるのは難しい »

A penny seved is a penny earned.

―塵も積もれば山となる

 年越しを控えて、部屋の大掃除を行う。長いこと、部屋の掃除をしていなかったので、出るわ出るわ、ものすごい量の塵や埃や染みや油汚れや抜け毛が。頼んだわけでもないのに、どうしてこんなにたまるのか。
 1DKといえど、侮れない。終えるのに4時間ぐらいかかってしまった。日頃からマメに掃除しておけば、もっと楽になったものをと悔やんでも、後の祭りである。しかし、だからこそ、たまりにたまったものをきれいさっぱりした後の達成感・爽快感もまた一入だとみることもできる。
 どちらがいいかは、好みの問題だが、自分は前者を希望する(現状は、いつも後者)。いつだったか、部屋をほったらかしにしたツケが、床虱の繁殖となって自分を襲ってきたときはショックだった(バルサンで退治)。なにしろ、しつこい汚れは放っておくと簡単に落とせなくなり、とんだ苦労(ときに無念)を味わう。そして、その苦労が、テレビのお掃除裏技企画などへの関心の増幅につながる。「洗濯機の汚れにお酢」とか「窓ガラスを新聞紙でふく」といった、次々と繰り出される裏技に妙に感心し、思わずメモをとる自分がいることに気づくようになる。と、こんなふうに書くと、何だか後者をずいぶん持ち上げてしまっているような。いずれにしても、余計な苦労を味わわないために、ちょっとした掃除を継続的に行う習慣は付けておいて損はない。義務教育時代は、毎日授業後に掃除をして(させられて)いたが、その訓育はまったく今の生活に生かされていないと自覚した。

                ◇

 昨年12月からブログを始めて、早一年(第一回は「自分の『眼の構造』(その1)」、2004年12月12日)。今回でちょうど100回目の記事作成となった。キリがいいので、今年はこれで書き納め。
 場末のブログにお付き合い下さった方々のご厚情に感謝します。

|

« 「象牙の塔」の中の懲りない面々 | トップページ | 実験装置を拵えるのは難しい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

年賀状ありがとう、今年もよろしく!
しかし年賀状、なぜにフランダース?もしかして戌年にちなんだか?味なまねをっ。

投稿: すだまさし | 2006/01/01 12:40

味なまねさっ!
こちらこそ、今年もよろしく。

投稿: タカキ | 2006/01/06 00:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69457/7889865

この記事へのトラックバック一覧です: A penny seved is a penny earned.:

« 「象牙の塔」の中の懲りない面々 | トップページ | 実験装置を拵えるのは難しい »