« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

試験の秘儀性

 本日から、大学入試の二次試験。
今年も例によって、お手伝いをする。
さすがに今日は遅刻せずに済んだ(※昨年の悪夢)が、まだ明日もあるので油断できない。

 休憩時間を利用して、竹内洋『立志・苦学・出世―受験生の社会史』(講談社現代新書、1991年)をよむ。
かなり前に買ったものの、積んどいたままだった。今回の「受験」(お手伝いだが)を機に、ようやく眼を通す。
 「受験」という言葉が明治30年代から(「遊学」というキーワードにかわって)頻繁に使われるようになり、その意味も入学試験としてのそれに特化していく。
そういった受験観念の誕生が正しい受験生とは何かについての物語を紡ぎ、特定の行動範型をもつ「受験生」像を呈示する。
受験生はその物語に規制され、そこに「受験的生活世界」が形成されていく――。
本書では、受験雑誌の分析を通して、その過程が(その後の変容も含めて)詳細に論じられている。
日本の入試問題が、事実についての細かな知識を問うものになっており、受験生に「預金型」学習を強いるものだった(問われるのは「記憶力」)という指摘も説得的である。
 1991年に書かれた本だが、最近巷で話題のトピック(例えば、『ドラゴン桜』とか)を先取りするような記述もうかがえる(「第六章 受験のポスト・モダン」)。別の見方をすれば、それは受験に関する問題の本質が、今日全く変わっていないことを示す証左かもしれない。
 例えば、「受験産業は教育とアカデミズムの秘密を暴く」に関する以下の記述。

「受験生にとって予備校がおもしろいのは、予備校には目標があるからとか教師が熱心だからというようなことではない。そこでは徹底的に試験が相対化され、暗号の位置におかれるからである。予備校は入試を秘儀的な儀式の位置から暗号解読ゲームに変換してしまう場だからである。試験の秘儀性が剥奪されることは、学校=教育システムの存立構造の秘密のカラクリを知ってしまうことである。それはアカデミズムの秘密-真理の探究というよりも、それ自体特有のルールにもとづいた知的ゲーム-をも知ってしまうことになる。」(179ページ)

「大学側からする入試選抜方法の改革がいつも受験産業に負けてしまうのは、予備校などの受験産業は入試を徹底した戦略ゲームと考えるのに対し、大学側は教育的意義や人間形成などの教育的言説を入試という排除ゲームに持ち込むからである。そのぶん大学側は戦略的思考ができなくなる。」(181ページ)

「受験が人間形成や努力倫理などの教育的言説や道徳的言説とセットになっているときに重い深刻劇になる。受験産業は受験からこの種の教育的言説や道徳的言説を放逐することによって軽やかなゲーム性(受験は要領)に変換したのである。」(182ページ)

試験の秘儀性の剥離を捉える氏の指摘は、読んでいて痛快であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「学徒」たちの「戦争」

 東北大学史料館企画展~「学徒」たちの「戦争」―東北大学帝国大学の学徒出陣・学徒動員~に行く(2月24日まで開催、入場は無料)。
 戦時色が深まっていくなか、当時の「学徒」たちは、自分たちが置かれた状況をどのように受け止め、どのように生きようとしたのか、そして、60年後を生きる「学徒」たちに当時の記憶は何を語りかけてくれるのか、といった関心から耳(というよりも眼)を傾けてみたくなった。将来が見えないなかで学生たちは何を考えたか、という視点から当時を振り返るならば、若者を取り巻く今日的状況への示唆をも得られるのではないか。

 展示では、
1938年以降の夏期休暇等における「勤労奉仕」に関する史料・写真に始まり、
「学徒出陣」・「学徒勤労動員」に関する学内の動きを伝える史料を、敗戦まもなくのころまで辿ることができる。
学生たちの心境を綴った手記、〈学徒勤労と大学教育〉をめぐる大学教員の所感(「勤労動員と大学教育の両立に関する教員の意見書」、1944年8月)などは、興味深かった。
手記の中には、自身の教養に寄与するはずの文学や芸術の時局的な偏向を批判するものもあった。
「大学教員」の意見からは、学問の頽廃を何とか防ぎたいという想いを読みとることができる(とりわけ法文学部の教員にそれをみた)。
学問あるいは教養の収得に専念できない状況の悪化を嘆きつつ、私情をおさえ、状況を何とか肯定的に捉えようとする努力の痕には、痛々しさを感じた。

〈リンク〉
・東北大学史料館
[http://www.archives.tohoku.ac.jp]]
・東北大学関係写真データベース
[http://www2.library.tohoku.ac.jp/tua-photo/]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「言葉」と「体験」

 2月9日に、次期学習指導要領の基本方針に関するニュースが流れた。今度は、「言葉の力」だという(「学習指導要領、『言葉の力』柱に 全面改訂へ文科省原案」、asahi.com、2006年02月09日10時00分)

さらに、2月13日のニュースでは、中央教育審議会教育課程部会「審議経過報告」について次のように記している。

「ゆとり教育」のもとになっている今の学習指導要領に代わる次期指導要領について、結城章夫・文部科学事務次官は13日の定例記者会見で、「指導要領は『言葉』と『体験』をキーワードに、早ければ06年度中に改訂する」と述べた。文科省はこれまで全面改訂のスケジュールについて07年度末までとしてきたが、教育改革の加速を望む声が強いことを踏まえて1年前倒しした。
〈註〉「文科次官、学習指導要領で『06年度中の改訂目指す』」、asahi.com 2006年02月13日21時44分。

「言葉」「体験」
この二つの鍵概念が飛び出してきたのはおもしろい。
当然のことながら、この問題の議論においては、「言葉」と「体験」の接続関係が論点となってくる。両者が全くの並立関係で、一方で「言葉」だ「国語力」だと言い、他方で「体験的学習」だと論じるだけでは、「学力」対「ゆとり」の対立構造と何ら変わらない。

 「言葉」とそれを教える国語教育(基礎学力)の重要性について、学校現場の先生方から熱い持論を聞くことがある。国語教育が重要だということには異論はない。
 しかし、それが単なる形式的活動としての音読・暗記・書き取りを重視せよという俗論的な方法の主張に終始するだけなら異論はある。
 もちろん、身体を通した認識活動の効用(=「わざ」から知る)については理解するし、自分も武道を学ぶことを通してその意味を日々考えている。とはいえ、やはりそれは学習の一面にすぎない。

 「ゆとり教育」の対義語としてよく用いられる「詰め込み教育」(「学力重視」でも構わない)の意味を、国語教育の文脈で自分なりに解釈すれば、それは「言語主義」である。すなわち、文字や音声=「言葉」として提示される知識が、それが指し示す事物・事象の具体性を抜きにして、単なる記号として記憶されるような学習の仕方である。
 情報化が進む今日にあっては、何ら背景のない「言葉」に圧倒される事態が予想される。自分自身、その犠牲になってしまっており、その進行に歯止めがかからないことを危惧している。
 したがって、このような現状に国語教育はどう立ち向かわなければならないのかが議論される必要がある。少なくとも、教科書に書かれている文章(=「言葉」)を読んで、「どんな気持ちになりましたか?」といった個々人の主観・情緒志向を問うている限りは、問題は解決されない。国語教科書に書かれている「言葉」が指し示す具体的事象へと、視点を広げなければならない(それは「教科書に書かれている文章が、具体的事実に堪えうるものかどうか具体的事実の観察をもとに検証する」ことであり、端的にいえば「教科書を疑え」ということになる)。

 だからこそ、一つの考え方として「体験」という概念が「言葉」と対になるものとして、今回登場したのではないかと推測する(深読みだろうか)。その意味で国民に論点を投げかけているのなら「おもしろい」。

〈リンク〉
・中央教育審議会初等中等教育分科会教育課程部会「審議経過報告」、2006(平成18)年2月13日。
[http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/06021401/all.pdf](PDF)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猪口冷糖

  これで、「チョコレート」と読む。
日本チョコレート・ココア協会のWebサイトには、
「東京・両国若松町にあった米津風月堂(=現在の東京風月堂・店主米津松蔵)が、明治10年(1877年)11月1日の東京報知新聞に『新製猪口齢糖』として、広告を載せました」
とある。その他にも当時は、「貯古齢糖」「知古辣他」「千代古齢糖」などの当て字も用いられたという(「チョコレート・ココアの日本の歴史 チョコレート広告」)。
ちなみに、キーボードで「ちょこ」と打ちこみ変換キーを押すと、きちんと「猪口」に変換される(「冷糖」までは変換されなかった、残念)。

 ということで、本日はバレンタインデー。チョコレートに関して少し調べてみた。
とりわけ、女性が男性にチョコを送るという風習について(ジェンダー? と来れば「猪口」大臣?)。
これは日本独自のものだと聞いている(以下に挙げる「バレンタインデー Wikipedia」によれば、違うようだ)。
 この風習は、1960(昭和35)年、カカオ豆、ココアバターの輸入が自由化され、チョコレート・ココアの生産が自由にできるようになって以降、根付いたのだろうとの仮説をもとに、Web資源を調べてみたところ、
バレンタインデーの由来(起源)」というページに、
「1958年に東京都内のデパートで開かれたバレンタイン・セールで、チョコレート業者が行ったキャンペーンが始まりだそうです」
という記述を見つけた。60年より2年ほど早い時期に端を発しているとみられている。
バレンタインデー Wikipedia」ではさらに詳しく、次のように述べている。
「日本でのバレンタインデーとチョコレートとの歴史は、神戸モロゾフ洋菓子店が1936年2月12日に、国内英字雑誌に「バレンタインチョコレート」の広告を出し、1958年に伊勢丹で「チョコレートセール」というキャンペーンが行われた。ただどちらにしても、あまり売れなかったようである。伊勢丹でのセールでは、1年目は3日間で3枚、170円しか売れなかったとの記録がある。」
Yahoo!きっず バレンタイン特集」にも同様の記述がある。

               ◇

現在、トリノオリンピックが開かれているが、トリノは、「チョコレートの都」。
毎日新聞「余録」(2006年2月14日)には、
チョコを銀紙で包むのは、トリノ名物のチョコ、ジャンドイオットから始まったこと
コーヒーにホットチョコレート、生クリームを加えたビチェリンをめぐっては、チョコレートがまだ王族や貴族の飲み物だった17世紀末からこの地にチョコ職人が集まって、その味を大衆のものにしていったこと

などが述べられている。以下のリンクを辿るとさらに詳細な事情を知ることができる。
見過ぎるとあまりに甘すぎて、塩辛いものが欲しくなるので御注意を。

オリンピック日本選手陣は、今のところメダルに届かなかったという「ほろ苦さ」を味わっている様子だが、お目当ての女子ぃからのチョコを狙うようなガツガツさから離れ、無心でがんばってほしい(そう簡単ではない事情もあるだろうが)。自分は見事(義理)チョコをゲットしております(^^;)

〈リンク〉
・日本チョコレート・ココア協会
 [http://www.chocolate-cocoa.com/]
・「「バレンタインデーの由来(起源)」
 [http://www.family.gr.jp/valentine/valentine.htm]
・「バレンタインデー Wikipedia」
 [http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%BC]
・「Yahoo!きっず バレンタイン特集」
 [http://kids.yahoo.co.jp/docs/event/girlsfes2005/vt_yurai/]
・「asahi.com やっぱり甘いものが好き」
 [http://www2.asahi.com/torino2006/column/piemonte/TKY200601110350.html]
・「チョコレート Wikipedia」
 [http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8C%AA%E5%8F%A3%E5%86%B7%E7%B3%96]

・「トリノのチョコレート文化」
 [http://www.ict-ict.com/essay/essay418.html]
・「トリノのチョコレート史」
 [http://www.consonante.jp/shokuzai/cioccolato.html]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

資料群の中心で「方法論がない」と叫ぶ―いつものごとく―

   水曜日、中田小学校から長いことお借りしていた資(史)料群をお返しにあがる。
自作の蔵書目録、手土産、指導教員の顔、の三点セットを付けて。
学校といった、こちらで人数を把握していない多数の方々が働いているところへの手土産としては、ケーキのようなものがいいことを先生からアドバイスされる(先方で人数分切り分けてもらうことが可能だから)。
 それにしても、資料をコピーし、あるいはデジカメに保存するという地味な作業にはかなりの時間を労した。肝心の中身には、まだほとんど眼を通すことができていない。

               ◇

 今回の研究がもつ難しさは、これまで歴史の表舞台ではほとんど着目されてこなかった一地域の公立小学校を研究対象とする点にある。「なぜ、この学校を問題にするのか」、それに応(堪)えられる問題を設定しなければならない。作業的課題として言い換えれば、
・発掘した史料からどう方法論を組み立てるか
・地域の一事例から、どう全国的に通じる視座を引き出せるのか―個別の事例から、それを包括する一般性を引き出せるかどうか
・その歴史的事実に、どのような現代的意義を見出すことができるのか

ということになろうか。地域教育史・地域学校史に関する文献に眼を通す必要がある。
 地域の教育史を扱うことが年季のいる仕事であることは、すでに指摘されているところである(「一地域最低三年」)。大学における教育史のポストが減る一方で、多くの業績を量産することが求められる今日的状況では忌避されやすい研究領域といえる。どう折り合いをつけるのか。実は、そこが一番の悩みかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「錬武」の「れん」は鍛錬の「錬」

居合道、「仙台錬武会」の結成総会に参加(「練武」ではなく「武」。1月28日の記事では「練」の字を使ってしまった。ここに訂正する)。
年齢的にも若い会である。
新年度は、この新しい会の下、大会や講習会、審査会に臨むことになる。
すだっちは「事務局長」(本人曰く、「つなぎ役」)、
自分には「監事」という役職が与えられた。
もっとも、そのような肩書きは別として、何より稽古に出て「錬武」することこそ会員の任務であることには違いない。それがなくしては、座礁も同然である。
折り返し鍛錬することで刀の高い強度と地肌の美しさがひきだされるように、たえざる技の鍛錬によって、その習熟に至らねば。
そのためにも稽古を日常習慣化するべく、そして、この新しい会の名を周囲に知らしめるべく、精進して参りましょう、みなさん。

それと、あおぎんぐさん。あなたの衝撃波はこたえたよ。
けっ○ん、おめでとう。尊敬するよ、いやマジで。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

その日も雪がふっとったそうな…

 ウチの研究科ではこの時期、課題研究・特定研究論文などの提出(1月末)、大学院入試(1/31~2/1)などの行事が目白押しであり、院生はバタバタしている。
 自分も同じ道を歩んできたが、あまり思い出したくない。とくに院試は…、「外国語」の出来が悪すぎて…。受験者は皆たいがい同じ反応をみせるが、自分はたぶん負けてない(←威張ることではない)。
 そんな院試が行われるこの時期は、いつも雪が降っているという気がする。自分だけだろうか。
 お天気データベースというWebサイト(「WeatherEye-お天気ポータルサイト」[http://www.weather-eye.com/]提供)があったので調べてみたところ、2001~2006年の1/31・2/1の天気について確認できた。2001年と2004年を除いて、1/31・2/1のカレンダーには、(両日あるいはいずれかでも)雪だるまのマークがついている。院試が必ずしも1月末から行われたわけではないが、それほど間違ったイメージでもないようである。自分の場合、「げっ、答案(もしくは論文の原稿)真っ白だよ」というあのせつない記憶が、雪の情景と結びついて結晶化しているのかもしれない。

 それらの行事と無縁となった今の自分にとっても、昨日はせわしい日だった。
3月に行われる東北教育学会の発表申込みの締め切りだったため、イタバシさんと相談。
中田小のことについて、どんな問題意識で、どんな内容を報告するか議論した。
 今度の研究発表は、二人ではじめての共同作業であり、
キャッチ・コピーをつけるなら、
「ゆうきをだしてはじめてのきょうどうはっぴょう」
となる。果たしてどうなることやら。DSCF1430

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »