« 何はともあれ、まずはお疲れ! | トップページ | やっぱりお疲れ… »

マジでお疲れ!!

 先週土曜日は、教育会研究会(第12回)。はるばる広島からSさんも参加するなか、
自分は、Iさんとともに(というか半ば強引に誘い)村教育会をテーマとして共同発表する。
リポDを二日間で四本(いやそれ以上か)飲んだおかげで、質はともかく、量的には豊富なものに仕上がった。
 中田という地域を取り上げることの意義(宮城県全体の動きにおける中田の位置)など、言われるべきことをしっかり言われるとともに、今後の考察への糸口となる新たな知見をたくさん頂くことができた。
 さしあたり、来月末の学会論文提出に向けてIさんと取り組まなければならない課題は、郷土教育をめぐるK先生から頂いた以下の指摘に関わるだろう。すなわち、
 それまでの地域の生活から分断されるかたちで設立された(ものとみられる)近代学校の実態が、実際には我々の予想以上に、「地域の学校」を担っていたのではなかったということ。「教育の郷土化」に関する視点はすでに明治期からあり、昭和期の郷土教育運動に至る過程は、すでに展開されている実践が、郷土教育論(言説)を纏っていくことで成熟していく過程ではないかということ、それゆえに、問題は、何をもって郷土教育というか、どれくらいのスパンで意識的に時代を切るか、という事であり、論じる側の問題認識が問われるということ―。Iさんがんばってください(他人事)。

 もう一人の発表者は我らがC田さん。明治末期、教育勅語趣旨徹底に地方教育会がいかなる役割を果たしたか(文部省の諮問に応じた全国連合教育会の答申作成に各地方教育会がどう関わったか、連合教育会へ提出した各地方教育会の意見内容はどんなものであったか)がテーマ。「再修正版」ということであったが、実は自分がちゃんと聞くのは今回が初めてであった。
 以下の指摘が、印象に残る(引用させていただきます)。

 そもそも文部省の諮問自体が、教育勅語の理念内容そのものの時代不適合化という核心に手をつけることなしに、権威動揺状況を克服する途を趣旨徹底の方法的補強と徹底の実際的主体の能動的な意識と行為を喚起することに求めた措置だったのであり、これに対応した地方教育会の側も核心に触れることはせずに、趣旨徹底のための具体的方策の案出と方策の効果を基礎付けるものとして教師の信念に動機づけられた実践努力の調達との二点に問題を専ら限定して答申を作成していたのである。地方教育会答申は、教育勅語趣旨徹底の要請をその構成員たる教師自身の「心のありかた」の問題に収斂するかたちで作成されていたのだった。こうした文部省と地方教育会との教育勅語趣旨徹底をめぐる悪循環が明治末期の天皇制教育理念の動揺状況を一層深刻にし増幅させていくのであった。

本来は教育勅語それ自体、および勅語がもはや「時代不適合」となっている社会状況のほうに眼を向けなければならないはずなのに、あくまで教育を教師の努力で何とかすれば勅語の趣旨は徹底できるという教育万能主義というべき問題の枠組み(むろんそこでは教育勅語も「万能」だろう)に教育会の答申内容が収まってしまっていること。そのことが勅語の権威性をたえず意識化させる一方で、あくまで(それだけでは解決困難な)勅語の趣旨徹底に収斂するかたちで問題化されるため、結果的にたえず勅語の権威性が脅かされるという「悪循環」。
 自分にはそう読めた。何だか今日の教育基本法「改正」論議にもあてはまるような問題の構造がそこにはあったと思えてくる。今日違うのは、「時代不適合」だから教育の基本理念を変えましょうと、あっさり言えてしまえるところか。

|

« 何はともあれ、まずはお疲れ! | トップページ | やっぱりお疲れ… »

教育史ノート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69457/10299369

この記事へのトラックバック一覧です: マジでお疲れ!!:

« 何はともあれ、まずはお疲れ! | トップページ | やっぱりお疲れ… »