« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

あと一本が足りない

 日曜日は山形での各流居合道大会に参加。
昨年も初戦で敗れ、夜の深酒へとつながったこの大会だが、またしても、初戦を突破することはかなわなかった。あと一本でも審判の旗が挙がれば勝てるのに、及ばない。
もっとも自分自身で振り返っても、今回の演武は満足の行く出来ではなかった。
自分の業の不完全さが大一番で露呈するということは、それが現時点での自分の実力を示すということだろうと反省。
 これは、稽古の繰り返しによって克服していくしかないが、その際、今後の課題をどう設定するか、そして、課題達成のためにどのような稽古を行っていくか、という道筋を多少なりとも具体的に考える必要がある。自分に足りなかったものの自覚と、その克服のための具体的方法の設定である。

 自分なりに考え、今回の演武に足りなかったものは「動作のゆとり」だと理解した。
力強さを表現しようという意図が、どうも業の忙(せわ)しさにつながってしまい、メリハリのない内容になってしまった感がある。スピードはあるが、その分、肌理が荒くなり、業の小ささや切り下ろしなどにおける刀のブレとなって表れたように思う。余裕のなさから来る焦りもあった。
 上位入賞者の演武は、力強かった。水平で止めた切り下ろしの余波が突風となって正面の審判に吹き付けるような勢いがあった。しかし、それは、ただ単に、腕力があって切り下ろしが速かったということではない。切り下ろしの前段階には抜き付けの「決め」がしっかりとあり、それが切り下ろしの鋭さにつながっていた。そして、鋭い切り下ろしの「決め」が、その後のゆったりとした「残心」を深みあるものにしていた。
 個々バラバラな動作の集合としてではなく、一つ一つの動作が有機的に結合した、一連の流れとしての業を実現するために、自分に必要なものとして「動作のゆとり」を設定したのは、以上のような考察による。「メリハリ」「力の強弱」などと表現してもよいが、業が忙しくなりがちだと自己分析する自分にとっては、「ゆとり」という観点から業を錬るのがよいだろうと考えた。

 では、具体的にどのような稽古を行っていくべきか。
 周囲からの示唆を得て、自分が考えているのは、稽古中一定の時間を定めて、その時間内は(自分がやると決めた)一つの業を、自分の納得如何に関わらず、徹底的に繰り返していくという方法である。ともすると、最近の稽古は、奥伝立業に進んだという刺激もあって一つ一つの業にじっくりと意識を集中させる時間が短くなっていた感がある。もう一度(意識的な)ゆとりをもって技の一つ一つを見直し、自分の体に滲み込ませていくことを次の稽古から心がけてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空からの落し物

 爽やかな風を受けながら、小粋に原付を走らせていたその時。
何かが自分に当たった。
この時期だし、最初は虫だろうと思った。
しかし、それにしては「ボタッ」という衝撃が大きく、胸のあたりにまとわりつく感触がある……

そう、それは虫ではなく、鳥の“droppings”だった。鳥の“droppings”が just meet したのである。コントなどでは見かける風景だが、自分の身に直接それが降りかかってきたのは初めてである。
 まったく、ウンがついてるのか、ついてないのか(一応笑うところです)。

〈参考〉「鳥の糞」の成分について
白い糞(マネックス社長 松本大のつぶやき)
野鳥たちの暮らしぶり(バードアイランド・ジャパン)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「口授」とは何だろう

「通常の忙しさ」に戻れると前回書いたのに、何だかんだと忙しい。ん? 「忙しい」ことには変わりないのか。ともかく、何が理由なのかさえわからず、「時間はあるけど暇がない」状況である。

 昨日は日本教育史特論・K山ゼミでの発表。
明治・森文政期における修身科の口授法採用をめぐる論文を用いて報告する。
明治前期のことはほとんど勉強していないため、これを機に勉強しようというのが理由の一つ。
もう一つの理由は、受講者である二人のM1に報告の負担が偏るため、かわいそうだからというものであった。もっとも、受講者の数から言えば、先生に指名されることは避けられなかったが。

   ■  ■

 森文政期に至る修身科教授法の展開は、大まかに整理すると、
「学制」期の「修身口授」(ギョウギノサトシ)に始まり、改正教育令期の教科書教授を経て、再び口授法に戻る、という流れをたどる。そして、教育勅語公布後の教科書教授の定着へと向かっていく。

 勉強してみて自覚したのは、「口授」(oral teaching)の中身がよくイメージできず、かえってその言葉をみると混乱してしまうということ。
 勉強する前まで、口授=教科書不使用という単純なイメージを持っていたのだが、どうもそれすら違うらしい。口授にも教科書(=教師用教授書)が使われた。口授用の教科書が発行されていた。
森文政期には小学校修身科については教科書を採定しない、という視学官通牒が出されるが、それは「修身書は刊行されているが、それらは文部省の検定の対象からはずす」という意味であり、口授の際に教科書を使わないということを意味するのではない。
 では、教科書を使う「改正教育令」期の教授法と何が異なるのか。教師用書としてではなく、誦読と暗誦のための生徒用という意味が教科書に付与されている点に、重要な相違点があるのだろうか。
 あるいは、「口授」という言葉は、儒教主義に対抗するような(教育内容にも及ぶような)特別な意味を帯びていたのだろうか。それとも、口授は、教師が、教具・実物(教科書を含む)を使って、児童生徒に〈口を通して〉知識を〈授ける〉という、今日ではありふれた、しかし、当時は欧米から移入されたという意味で、斬新な授業形態を指すものと考えてよいのだろうか……などなど、報告しておいて何だが、疑問は尽きない。

   ■  ■

なお、「修身口授」の辞書的意義について調べると、以下のように記されている。

「日本の近代学校教育が、道徳教育を目的として設けた教科の最初の形態。学制期特有のもので、実質的に修身科が成立するのはつぎの教育令期であるが、その前段階となった。(中略)日常的なしつけよりむしろ基本的な倫理の知識理解に重点が置かれたものと考えられる。」(海後宗臣編『日本近代教育史事典』平凡社、1971年、336ページ、岸井勇雄筆)

 この太字部に関心をひかれる。というのは、森文政期になると、「口授」の道徳教育上の有効性が(開発主義の影響を受けて)児童生徒の感情への働きかけという観点から論じられ、それによって修身における知識の伝達という側面は熟読暗記的として批判されるようになるからである。少なくともそういう論調を確認できる。学制期における知識理解の強調とは対照的である。
 今日問題視される知育偏重-徳育重視のステレオタイプ化された関係性がこの時期の論調からも想起される。しかし、そんな有効性を主張された「口授」は、儒教主義的理念を掲げる人物たち、すなわち、学制期以来の啓蒙的風潮(知識才芸の重視)を批判し、それこそ徳育重視を先頭に立って掲げた人たち(例えば西村茂樹)からは批判されたという、何とも複雑な関係があった。
 この教育方法をめぐる論議の土台には、徳のバックボーンを何に求めるかという問題があり、さらにそれをめぐるドロドロした駆け引きもあったと考えられる(例えば、森文政期に修身科教授法で口授が採用されたのは、勅撰修身書の検定を回避するためであった、という掛本勲夫氏の見方がある)。だが、その生々しく、それゆえおもしろさが詰まった部分を掘り起こす力量なんて、自分にはないわけで―。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正午=?

以下の問いに答えよ。
〔問〕 午前11時59分の1分後の時刻として正しいものを、以下の三つから選びなさい。
 (ア)午前12時
 (イ)午後12時
 (ウ)午後0時

 現在「学校ボランティア」で、とある小学校(史料閲覧でお世話になった学校)の3年生の各クラスにお邪魔している。
 算数と「総合(的学習の時間)」の「学習補助」を行うのが自分の役目であり、子どもたちが先生の指示どおりについてきているかを確認し、丸付けをしたり、答えが書けていない子どもたちにヒントを提示して、応援したりしている。

 冒頭に掲げた問題は、先日の算数の「学習補助」のときに自分が思わず迷ってしまった問題を、設問のかたちにしたものである。
 その日の単元は〈時刻の読み方〉。アナログ時計の表示の上に時刻を書きなさい、と先生が指示し、先生と自分が二人で子どもたちの作業を見守る。そのとき「正午」のところで、問題にぶち当たった。「午前12時」と書いた子ども、「午後12時」と書いた子ども、「午後0時」と書いた子どもがそれぞれいたからである。これはどれも「間違い」ではない。
 「午前12時」という答えがもっとも一般的かもしれない。しかし、「午後12時」が間違いだとは言えない。その証拠に、デジタル表示の時計(ビデオデッキなど)を確認すると、「午前11時59分」の一分後の表示は、「午後12時」となる。また、「午後11時59分」の一分後の表示は、「午前12時」である。さらに、テレビの時刻表示は「0:00」。したがって「午後0時」としても何ら問題ではない。

 今の子どもたちの日常を考えると、むしろ(イ)(ウ)のほうに慣れ親しんでいる可能性も高い。ちなみに、研究室の院生たちにも同じ質問をしたら、見事に上記の三つの答えが返ってきた。
 この問題、ネットで調べると、やはり話題となっている(「午前12時 午後12時」でGoogle検索)。詳細はそちらを参照されたい。英語圏では、“12:00 p.m.”はお昼の12時を指すなど、いろいろ情報を得ることができる。
 問題は、授業の場で教えるときにどうするかということである。担任の先生は、「1日=24時間」ということを理解させるのが主眼であるといった。となると、やはり

            正午
 午前0時 ~ 午前12時
         =午後0時 ~ 午後12時(=午前0時)

  12(時間)+12(時間)=24(時間)

というかたちで、とりあえずは教えたほうがよいのではないか。
午前0時というのは(およそ0-ゼロという数字に)、小3の子どもたちには実感がないかもしれないが。
 これについては、改めて先生に聞いてみようと思う。
 また、指導書(教師用書?)などがどうなっているのかも確認し、追って報告する。

【追記 6月13日】
◇正午=午後0時らしい
 本日、学校に行って(教師用)指導書をみせてもらった。
この教科書で教える場合、午前12時は使わず、午後0時で教える旨のことが書かれている。
午前12時の次が午後1時だと、12⇒1という数字の移行になり、子どもたちにはわかりづらい、それなら0⇒1のほうがよいだろうという見解である(たしか)。
しかし、これに対して、担任の先生と自分の見解は、慣例からずれているのでかえって子どもたちにはややこしくはならないか、ということで一致してしまった。
 子どもに知識を教えるということの難しさを実感する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱりお疲れ…

 先週金曜日から日本教育KA学会のお手伝いをする。
 早朝から夜中までの気をつかう労働は、何かと疲れた(給料もっと下さい!)。
全ての会場でPowerPointを使用した発表があり、機械に弱い人間にとってその準備は苦痛だった。
会場によってスクリーンの規格やプロジェクター、パソコンの機種がバラバラ、スクリーンにパソコンの画面が映らない、映っても画面が途中で切れてる…。自由研究が始まる直前までそんな問題に追われた。結果的に問題は起こらなかったが、Oさんがいなかったらかなりヤバイことになっていたはず。
 ただし、自分はまだいいほうである。M1にもかかわらず、いや正確には大学院に入る前から、大会関連の事務作業を一手に引き受けてきたIくんの苦労は計り知れない。普通なら講座をあげて大会の準備に取りかかるところ、一つの研究室だけでそれを行う。講座内の他の教員はほとんど協力しない。院生がいるにもかかわらず、そちら(とりわけ自分の研究室)にはあまり声をかけず学部一年生や市内の公立学校の教員を動員する。その中に学会経験者は少なく、意思の疎通が取れているのかどうかは心許ない…。
 振り返ってみればみるほど、どこか非効率的な感が否めない。自由研究やシンポジウムにも、カメラ撮影だ、マイク係だ何だで、どうも集中できなかった。
 教育における「経営」という切り口は本来おもしろいはず(個人的には教育の領域に「経営」という視点が持ち込まれた背景を知りたい。大正期から昭和期にかけて当時の教育雑誌をいくつか見ていくと、「学級経営」や「学校経営」の語を頻繁に見かける。その流行の具体的な要因を知りたい)だし、イデオロギーに縛られず、建設的な教育論議を展開していく上で、有効な視点の一つである。『日本を滅ぼす教育論議』(講談社現代新書、2006年)の著者で、文部官僚の岡本薫氏も、日本の教育論議には「マネジメント」の発想が欠如していると説いている。
 今回の学会で注目したのは、シンポジウムで「指定討論者」の一人だった東大の高橋先生による本場経営学の視点からのコメント。他のパネリスト(教育関係者)と比較したとき、きわだってドライで、おもしろかった。「評価」(=本来主観的たらざるを得ない)には本来責任が伴う、という言われてみればあたりまえの指摘は、現在教育現場で進行している教員・学校評価の問題性を捉えていくうえで有効だと、印象に残った。

さて、先月下旬からの「お疲れ」三部作は、これにて落着。
これでようやく、通常の忙しさに戻ることができる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »