« やっぱりお疲れ… | トップページ | 「口授」とは何だろう »

正午=?

以下の問いに答えよ。
〔問〕 午前11時59分の1分後の時刻として正しいものを、以下の三つから選びなさい。
 (ア)午前12時
 (イ)午後12時
 (ウ)午後0時

 現在「学校ボランティア」で、とある小学校(史料閲覧でお世話になった学校)の3年生の各クラスにお邪魔している。
 算数と「総合(的学習の時間)」の「学習補助」を行うのが自分の役目であり、子どもたちが先生の指示どおりについてきているかを確認し、丸付けをしたり、答えが書けていない子どもたちにヒントを提示して、応援したりしている。

 冒頭に掲げた問題は、先日の算数の「学習補助」のときに自分が思わず迷ってしまった問題を、設問のかたちにしたものである。
 その日の単元は〈時刻の読み方〉。アナログ時計の表示の上に時刻を書きなさい、と先生が指示し、先生と自分が二人で子どもたちの作業を見守る。そのとき「正午」のところで、問題にぶち当たった。「午前12時」と書いた子ども、「午後12時」と書いた子ども、「午後0時」と書いた子どもがそれぞれいたからである。これはどれも「間違い」ではない。
 「午前12時」という答えがもっとも一般的かもしれない。しかし、「午後12時」が間違いだとは言えない。その証拠に、デジタル表示の時計(ビデオデッキなど)を確認すると、「午前11時59分」の一分後の表示は、「午後12時」となる。また、「午後11時59分」の一分後の表示は、「午前12時」である。さらに、テレビの時刻表示は「0:00」。したがって「午後0時」としても何ら問題ではない。

 今の子どもたちの日常を考えると、むしろ(イ)(ウ)のほうに慣れ親しんでいる可能性も高い。ちなみに、研究室の院生たちにも同じ質問をしたら、見事に上記の三つの答えが返ってきた。
 この問題、ネットで調べると、やはり話題となっている(「午前12時 午後12時」でGoogle検索)。詳細はそちらを参照されたい。英語圏では、“12:00 p.m.”はお昼の12時を指すなど、いろいろ情報を得ることができる。
 問題は、授業の場で教えるときにどうするかということである。担任の先生は、「1日=24時間」ということを理解させるのが主眼であるといった。となると、やはり

            正午
 午前0時 ~ 午前12時
         =午後0時 ~ 午後12時(=午前0時)

  12(時間)+12(時間)=24(時間)

というかたちで、とりあえずは教えたほうがよいのではないか。
午前0時というのは(およそ0-ゼロという数字に)、小3の子どもたちには実感がないかもしれないが。
 これについては、改めて先生に聞いてみようと思う。
 また、指導書(教師用書?)などがどうなっているのかも確認し、追って報告する。

【追記 6月13日】
◇正午=午後0時らしい
 本日、学校に行って(教師用)指導書をみせてもらった。
この教科書で教える場合、午前12時は使わず、午後0時で教える旨のことが書かれている。
午前12時の次が午後1時だと、12⇒1という数字の移行になり、子どもたちにはわかりづらい、それなら0⇒1のほうがよいだろうという見解である(たしか)。
しかし、これに対して、担任の先生と自分の見解は、慣例からずれているのでかえって子どもたちにはややこしくはならないか、ということで一致してしまった。
 子どもに知識を教えるということの難しさを実感する。

|

« やっぱりお疲れ… | トップページ | 「口授」とは何だろう »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69457/10498286

この記事へのトラックバック一覧です: 正午=?:

« やっぱりお疲れ… | トップページ | 「口授」とは何だろう »