« 黎明期のこと | トップページ | 論文強化月間 »

おお、コレはスゴイWeb資源だ

 岐阜県図書館のWebサイトにおいて、「『岐阜県教育史(通史編/史料編)』目次」が公開されている。どうやら今年3月から公開されている模様。ちと気づくのが遅かった。
 『岐阜県教育史』といえば、カジヤマ先生が企画・編集に尽力した、質・量ともに各都道府県教育史本のなかで最高クラスのものであり(全30巻は前代未聞。執筆陣も充実)、ウチの三先生の天敵である(は余計か)チバ先生も絶賛している。
 目次を一瞥しただけでその中身の濃さがわかる。その時代時代において考慮すべき歴史事象が網羅されているだけでなく、決して概説の域にとどまらない詳細な内容は、最新の研究成果が詰まったものとして無視できない精度を誇っている。
 これまでの都道府県教育史にはみられなかった斬新な分析視角もみられる。とりわけカジヤマ先生が重視してきた地方教育会の活動が分析の俎上に載せられている点が、本書の大きな特徴といえよう(メディア史的着眼もおもしろい)。レファ本としてはもちろん、「(中央からの)教育政策の成立と浸透」という枠組みに回収されえない、地域における教育営為の多様な展開―「中央の支配・統治という政治的・社会的攻勢に対峙しつつ、さまざまな矛盾や課題を抱えつつも、自立した独自の生活や文化・教育を創造する」側面―を把捉するという、地域教育史研究の手法を考えていくうえでも『岐阜県教育史』は示唆に富む本といえる。自分もすでに村教育会や大正自由教育に関わる部分で勉強させてもらっている。

 加えて岐阜県図書館では、「『岐阜県教育会雑誌』目次」もWeb公開している。
 教育会といえば、「日本社会に学校教育を急速に普及定着させ、また社会教育を広範に推進した注目すべき情報回路」であり、その登場は「日本教育史上全く新たな組織・システムの造出」を意味している。「戦前の教育関係者の価値観と行動を水路付け、さらに地域住民の教育意識形成に大きな作用を及ぼした」とされる、教育会雑誌の目次公開は、これまたカジヤマ先生が中心となって史料蒐集した成果である。

 書籍にとどまらず、インターネット資源の面でも充実した成果を誇る〈岐阜県教育史〉の登場は、IT時代の地域教育史研究のあり方(研究成果の公開方法など)についても一石を投じたといえるのでは。

・『岐阜県教育史(通史編/史料編)』目次
[http://www.library.pref.gifu.jp/library/kyoikushi/mokuji_ed_top.htm]
・『岐阜県教育会雑誌』目次
[http://www.library.pref.gifu.jp/library/kyoikukai_z/mokuji_kyoiku_top.htm]
・岐阜県図書館
[http://www.library.pref.gifu.jp/]

|

« 黎明期のこと | トップページ | 論文強化月間 »

教育史ノート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69457/11168150

この記事へのトラックバック一覧です: おお、コレはスゴイWeb資源だ:

« 黎明期のこと | トップページ | 論文強化月間 »