« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

学問と「どう生きるか」

  過去につけていた私的ノートからの抜粋。

   ■   ■

 阿部謹也『学問と「世間」』(岩波新書、2001年)を読む。
 阿部氏によれば、日本では、個人と社会の間にあって、個人を大きく規制している「世間」という存在を学問の対象とした研究が少ないという。
 各個人は、それぞれの「世間」に属し(例:学会)、そのことに自覚的ではない。そのため、例えば、「個人」や「公共性」などの欧米由来の概念が、自国の現実とのちがいについての十分な検討を経ずに、適用されることに気を払わないという事態が起こる。いまだにわが国の「個人」の観念がヨーロッパの個人の観念と一緒だと思っている。
 戦後日本で重要視されてきた諸概念の多くが空洞化しつつあるという現実があるのは、この世間=〈生活世界〉を捉えていないからであると著者はいう。学問を研究している間は「主観・客観の関係の世界(客観的・理念的世界が普遍的世界であり、そこでこそ真実が解明される)に関わり、日常生活においては、自然的生の中で生きる―その分断された生活が知識人や研究者の日常であった。
 著者は、日本人が社会科学的思考を長い間もてなかった背景に、「世間」を所与のものとして捉え、それを変えようという発想が見られなかったという理由があることを述べる。
 明治以降、日本の官僚機構は「近代化」された形をとってはいるが、その中での人間関係は歴史的・伝統的なシステムによっており、いわば「世間」によって営まれている。不祥事の際に仲間内の結束を守ろうとする意識がそれをよく表している。世間はまた差別的体系であるがゆえに、例えば、明治以来、被差別部落の子弟も他の子弟と並んで教育を受けることはできたが、学校教育の中で差別の問題が取り上げられることはなかった(学校の中で欧米流の個人の生き方が学ばれていたにもかかわらず)。
 では、世間=〈生活世界〉を出発点とする研究とはいかなるものか。著者は「教養」に視点を当てて、説明を行う。教養とは「自分が社会の中でどのような位置にあり、社会のために何ができるかを知っている状態、あるいはそれを知ろうと努力している状態」と定義することで、著者は教養を知識人の占有から解放する。そうすると、〈生活世界〉の中での教養とは、種々の知識を用いて生活の変化を確認・観察しながら、そこでの生き方を考えることといえるだろう。
 著者が所属した上原専禄のゼミナールでは、常に、「生きる」ということと直接に結びついている学問が主題となっていたという。
 著者は最後に、〈生活世界〉の中から学問を再構成していく手段の一つとして、生涯学習を挙げている。それは、「いかに生きるべきか」という問いを中心にして、さまざまな庶民の生き方を課題として扱う、生活現場からの発想に立った学問の再構築といえよう。(2001.7.5)

   □   □

 けっこう昔に書き留めたもので、たいした出来ではないし、本の内容をきちんと理解できているとはいえない。
 それでもこの本を思い出すのは、お前の研究生活(「生き方」)は今日の教育問題に真摯に対峙するものになりえているか、学会という「世間」に閉じこもって、自分の眼で現実を見ていないのではないか、と常に問い続けてくれるからだろう。学会のお手伝いもきっかけとなって、自分の研究姿勢をまた反省した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちかれる

 何だか、学会のお手伝いを頻繁にしている気がする。いや、どうやら気のせいではない。去年あたりから、ウチの大学で教育系の主要な学会が立て続けに開かれている。
 昨日からは、日本教育学会のお手伝い要員として馳せ参じる。
 「受付」という気疲れする仕事を久々に担当した。
 学会の「顔」といわれるポジションだが、むさくるしい野郎による対応は、参加者のみなさんにどういう印象を与えたのだろうか。はなはだ心配である(学会長には学生スタッフの対応をほめていただいた)。

 明日もまた、朝から作業が待っている。
タッパに詰めた懇親会の食事を食べて栄養を補給するとしよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

刀一本でつながっています

  居合道同好会の掲示板でも連絡しましたが、一昨日の稽古会の様子を撮影した写真をしばらくウェブに公開しておきますので、参加された皆さんは、ご自分の勇姿をご覧ください。もっとも大した出来ではありませんが。

    ■   ■

 日頃なかなか参加できない多彩な面々(ささきさん、O塚きゅん、ワダさん@久々の道着姿!、ウエさま)による演武は、非常に刺激になり、時間が過ぎるのが早かった。
 ささきさんは以前仙台を去るときに、「私は刀一本でみなさんとつながっています」との名言を残された。その言葉通り、刀が―それ自体は、人を斬り殺す武器であるにもかかわらず―人と人とを結びつけている。貴重な一時だった。

Dscf2059_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

几帳面とはこういうことさ

 K山先生に仙台市教育会雑誌(*)をみせていただく。以前、すだ公民館長が宮城県図書館でコピーしてきたものである。
 休暇に入っても、やはり何かとお忙しいらしい。研究室内がだんだんと煩雑になって資料がすぐに出せなくなっている状況に、「だんだんK泉先生の研究室らしくなってきたな」という一言は笑えた。
 しばらくして、資料を渡してくれた。「5時までに終わらせなければならない仕事があるので、それ以降まで待ってくれ」ということだったが、資料を受け取ったのは4時頃だった。
 まだ、未整理の状態で、各号が封筒に入れられたままの状態であり、できればファイルに綴じてほしいとお願いされ、引き受ける。というよりも一つ勉強させていただく。なるほど、そういうふうに綴じるのかと。
 複写とはいえ、歴史的な資料に穴を空けて綴じるのはためらわれるので、「クリアポケット」、もしくは、「クリアホルダー マチ付」に入れたうえで、ファイルに綴じる。そうすることで、資料を傷つけずに済むし(ホルダーに入れてあるので、綴じた後、紙が曲がり、くせがついてしまうこともない)、何より、見た目が美しい。
 自分のなかのA型の血がさわぐ。作業の手間はかかるものの(金もちょっとかかる。貧乏学生にはちと厳しいかも)、知的整理術に関心をもつ自分にとって苦痛ではなかった。「どう、研究室きれいになったでしょ」というウチの先生とは力の入れどころが違う。
 さらに、背表紙ラベルをワープロで作り、各号目次も作成中。これは、先生に言われなくともやらせていただく。目には目を、几帳面には几帳面を。

(*)現存する仙台市教育会雑誌(宮城県図書館所蔵) 
・『仙台市教育会報』第4号-第12号、〔1909(明治42)年7月~1915(大正4)年5月〕
・『仙台市教育会々報』昭和3年度-昭和7年度〔1929(昭和4)年9月~1933(昭和8)年10月〕
・『会報』昭和8-昭和9年度〔1934(昭和9)年12月~1936(昭和11)年1月〕
・『仙台市教育会報』昭和12年号-昭和16年号〔1937(昭和12)年3月~1941年10月(※)〕
〈注〉
 『仙台市教育会々報』からは各年度発行、号数なし。『会報』昭和9年度は、1936(昭和11)年1月と発行時期が遅れ、昭和10年度にまたがっている。
 また、昭和16年号には発行年月日の表記がなく、(※)「1941年10月」は筆者の推定による。
File2 File1

File3

〈注〉8月21日、一部訂正。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

人心の真空

 テレビ番組「ザ・スクープスペシャル 終戦61年目の真実~昭和史のタブーに迫る」(朝日系、06.8.6放送)をみる。番組の前半、第一部で日本における幻の原爆計画、そして後半の第二部では九州大学生体解剖実験が取り上げられた。
 これまで昭和史最大のタブーとして関係者の多くが口を閉ざしていた歴史的事実を、スクープ資料の分析や「ようやく重い口を開いてくださった関係者」から話を伺うことを通して浮き彫りにしている。自分の出身県である福島県(石川町)も和製原子爆弾製造の舞台となっていたこと、地元の旧制中学の生徒が被爆対策もなしに作業していたなどの詳細な史実の提示は、みている者に歴史の迫力を感じさせる。
 関係者の話からは当時彼らが持っていた生活感情ともいうべきものも垣間見えて、そのリアルさが興味をそそった。
 人命をあずかる仁術者であるはずの医者と、科学的真理の追究に邁進するはずの科学者。そのどちらもが戦争という末期的事態のなかで、国家の戦争協力へと駆り立てられていく。
 彼らの活動の軌跡からは、戦地に赴く、動員されることへの不安や同胞への負い目、自己嫌悪、組織生活の中での疑心暗鬼、人間不信、周囲からの尊厳を勝ち取るための協力といった複雑な感情が入り交じっていたことを読みとることができた。
 とともに、彼らの医者・科学者としての倫理的精神が個人の内面的自覚によってではなく、外的な条件に左右されている(流されている)という問題性も、一方で強烈に感じざるを得なかった。いずれのタブーにしても、「戦争はそこまで人間を狂わせる」という言葉で片づけてしまっていい問題ではないだろう。

 九州の大学病院での生体解剖実験をモデルとした遠藤周作の名作『海と毒薬』(新潮文庫、1960年、初版は1955年)では、まさにその点が主題となっていた。
 倫理的あるいは宗教的な選択があってしかるべきところが、空白のままやり過ごされてしまう日本人の精神的倫理的「真空」、神なき日本人の(世間や社会の「罰」しか知らない)「罪の意識」不在の不気味さへの着目。それが作者の一つのメッセージであったと思う。「ザ・スクープ」をみ終えた自分の頭に浮かんだのは、『海と毒薬』のこのメッセージだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

論文強化月間

 仙台でもようやく梅雨が明け、今日はずいぶん蒸し暑い一日となった(といっても関東や西日本ほどではないけど)。7月の仙台は日照時間も少なく(教育会研究会以後の一週間に至っては、まったく太陽がみられなかった)、寒い日が続いていたため、待ち遠しかった。
 なので、「ビールがおいしい季節」の到来を祝って乾杯! 

 なんて、うかうかしていられない。この季節の到来は、「あの」原稿提出への秒読み開始の合図でもある。早いとこ今月末の提出に向けて作業に着手しないといけない。花火大会、仙台七夕なんて浮かれてる暇はないのだ(と、一人身の寂しさを紛らわしてみる)。
 ほかにも、一つ、二つ論文を抱えている(抱えなきゃいけない)ので、この比較的余裕のある8月に書き溜めておかないといけない。
 夏のいろいろな誘惑に負けないために「論文強化月間」をここに宣言し、男は一人今日も机に向かう……(はやくもくじけそう)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »