« 「逆さの世界」の喜劇王 | トップページ | 「戦後」を考える機会 »

mixiに潜入

 自分もとうとうmixi(ミクシィ)に入ってしまった。招待したヤギーさん曰く、例の読書会の「コミュニティ」を通じて連絡を図る、ということらしい……。
 周知のとおり、ミクシィといえば、国内の代表的なSNS(ソーシャル・ネットワーキングサービス)である。一年前には「悲劇的なgooリサーチ結果--SNSは認知も利用もされていない」(『CNET Japan』、2005年07月11日)という記事が発表されていたほどだが、今年にいたって、その利用者急増が指摘されている(「ネットレイティングス、『mixi』の利用者急増などを指摘 」『INTERNET Watch』、2006年5月26日)。2006年7月24日時点でユーザーは500万人を超えたという(「『mixi』のユーザー数が500万人を突破」『デジタルARENA』、2006年7月27日)。
 新たなコミュニケーション・ツールとしてその可能性が注目される一方(「研究対象としての『mixi』」『ITmediaニュース』、2005年9月14日など)、問題も引き起こしているということだろう(「真夜中のインターネット 第4回 mixiのなぞ」『NETWORKWORLD Online』、2005年8月16日などを参照)。自分も正直(アナログな人間ということで)消極的なんだけれど(苦笑)。まだ使い方もよくわからないし。しかし、ちょうどゲーテの『若きウェルテルの悩み』のタイトルに飛びついて数行読んでがっかりして返すような(byさくらももこ『永沢君』)、そんな「のぞき見」志向もあったりするわけで、困ってしまう―。
 そんなわけで“ミクサー”のみなさん、ご教示のほどよろしくお願いします。

|

« 「逆さの世界」の喜劇王 | トップページ | 「戦後」を考える機会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ついにタカキさんもミクシィ始めましたか~意外!やらなさそうでした!

よければぜひマイミクしましょう♪
漢字の本名ですぐにひっかかっちゃいます(笑)

投稿: ミティ | 2006/09/17 23:29

只今、覗いてまいりました(笑)。
こちらこそ、ぜひ「マイミク」に。
まだ「何もありません」が。

投稿: タカキ | 2006/09/19 02:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69457/11849532

この記事へのトラックバック一覧です: mixiに潜入:

« 「逆さの世界」の喜劇王 | トップページ | 「戦後」を考える機会 »