« 居合漬け | トップページ | 「お釜」は火口湖? カルデラ湖? »

「人間の物差し」

月曜の夕方、大学にて。研究棟の一階にこんな掲示が出された。


Koguma_tyui














ついに大学付近でも、この問題が起こるとは(成田山なんて、アパートの前の「地獄坂」をバイクでのぼれば、5分もかからない距離だ)。くまさんも生きるのに必死なのだろう。

   ■   ■

だがおそらく、子ぐまさん程度では、いわき市民は驚かない。
いわきではかつて、ライオンが現れるという事件が起こったことがある。
もちろん、紛れもない事実である。
朝日新聞記事データベース『聞蔵』で調べたところ、ちゃんと関連記事がヒットした。
大学内のパソコンからなら、本文も読める。[いわき AND ライオン]で検索してみよう。

     □

当時の新聞記事によれば、事件の概要はこうである。


・事件発覚は、1992年9月19日午前6時。
・「92モスクワ国立ボリジョイサーカス」団が公演のためいわきを訪れ、会場となるいわき市総合運動公園に滞在(※ちなみに、総合運動公園は、自分の実家から徒歩で10分もあれば行ける距離。目と鼻の先)。
・見張りの団員が、ライオンの檻の施錠を怠る。
・ライオン、檻から出る。ライオンの名前「マスク」、オス7歳、体長2メートル。体重250-300キロ。「調教中」。「突然姿を現す」マジックショーに出演予定。
・19日早朝、公園内を散歩中の市民が発見し、警察に通報。
・警察官200人、地元猟友会会員約30人らが捜索にあたる。
・ライオン、運動公園の裏山へ逃げる。
・現場付近の学校、幼稚園、民家に注意が促される。


その後、事件はどういう結末を迎えたか。
残念ながら、ライオンは民家の近くで射殺された(午前10時40分、住民のリアルな目撃証言から、現場の生々しさが伝わってくる)。
麻酔銃など、その時いわきにはなかっただろうし、即時調達もできなかったのだろう。
また問題なことに、肝心の調教師が前の公演地、八戸に残ったままであった(いわきでの国内最終公演の後、グループに分かれて活動予定だった)。
事件後、現場では地域住民が線香を、サーカス団員が木切れで十字架を立てて供養。マスクの死骸は火葬され、団員に引き取られた。

     □

この事件は、動物愛護の観点から、物議を醸した。
安易に道徳的教訓を振りかざす気はないし、そんなものは人間の自己満足でしかないが、とはいえ、人間の都合がこの問題を招いた側面は否定できない。昨今の熊出没にしても、決して人間側の事情と無関係ではないだろう。ライオン射殺事件について言えば、あれは明らかに人為的なものだった。射殺という結論に至ったことを非難する気はないが、かといって、人間の都合に振り回される動物たちにも罪はない。


檻から逃げ出したマスクが何を求めていたのか、そのらいおんハートは人間にはわからない。
ただ、彼が射殺された場所は、「自由ヶ丘」という団地だった。


〈関連記事〉
・「サーカスのライオン逃走4時間半 裏山で発見、射殺 福島・いわき」『朝日新聞』夕刊、1992年9月19日。
・「おりの後扉、開いていた いわきのライオン射殺騒ぎ」『朝日新聞』朝刊、1992年9月20日。
・「ライオン射殺事件 「撃たなくとも」動物の心を想う人」『週刊アエラ』、1992年10月6日。
・「ライオンの死 福島県いわき支局(東西南北)」『朝日新聞』夕刊、1992年10月16日。


【追記】11月1日
・「未明の仙台 住宅地にまた子グマ 4時間半後捕獲」河北新報ニュース、2006年11月01日水曜日。
 仙台市青葉区米ケ袋1丁目で31日午後10時半ごろ、住宅の庭の木に小さなクマがいるのを通行人が発見し、仙台中央署に通報。警察や消防、市職員ら約30人が駆け付け、約4時間半に及び捕獲作業が行われた。
 仙台中央署などによると、子どものツキノワグマとみられ、体長は約40―50センチ。約8メートルの桜の木に登っていたため捕獲は難航し、木の周りに捕獲用のネットを張ったり消防車両のはしごを使ったりして1日午前3時すぎに捕獲した。

|

« 居合漬け | トップページ | 「お釜」は火口湖? カルデラ湖? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

関連記事を検索するあたり、タカキさんらしいですねえ。
大学の図書館などとは縁のない私が、過去の新聞記事などを探したい場合は、新聞社のHPから有料会員になるしかないのでしょうか。

私の住んでいるところでも、夜中に山道をドライブしていると鹿と出会います。暗がりの中から鹿が出てくると、一瞬焦りますね。

ところで、最近「外来生物」が在来種を絶滅に追い込んでいるのが問題になっていますね。前に新聞部の子たちと保健所に行ったときに、「むやみにペットを捨てないでください」と言われたのを思い出します。教室の窓から外の木を見ると、タイワンリスがいるのが気になります…。

投稿: F田 | 2006/11/04 20:58

>大学の図書館などとは縁のない私が、過去の新聞記事などを探したい場合は、新聞社のHPから有料会員になるしかないのでしょうか。
自分もあやうく、それをやるところでした。
大学附属図書館のサイトからしかできない、研究関連の作業って結構あるんですよね(このブログは研究なのか)。

投稿: タカキ | 2006/11/05 19:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69457/12502947

この記事へのトラックバック一覧です: 「人間の物差し」:

« 居合漬け | トップページ | 「お釜」は火口湖? カルデラ湖? »