« 日ログ | トップページ | 木ログ »

やっぱり、でしたか

 『価値の社会学』、『恥の文化再考』などで知られる社会学者・作田啓一さんが、次のようなコラムを自身のブログで発表している(1922年生まれの作田さんが、現在も積極的に言論活動を展開されているその「超人」ぶりには感服する)。


「朝まで生テレ(ママ)における『いじめ』もどき」『激高老人のぶろぐ』、2006年11月26日。


 自分もあの番組をみていて、作田さんとまったく同じ感想を持った(「途中でスイッチを切った」という〈行為〉まで一緒だ。もっとも自分はほかにやらなければならない作業があったのだけど。むしろ、少しでもみてしまった時間をもったいなく感じた。番組サイドにやられたな、そこは)。「これこそがいじめだよ、皮肉だね」と。「いじめ」を議論する大人の側が「いじめ」の手本(複数の多数者がある一人も・少数者を標的として特定し、その特定人物に根拠薄弱な言いがかり・当てつけ・レッテル貼りの集中攻撃を行う)を自ら示してしまうようでは、どうしようもない。あんなのは(建設的な)議論と呼べる代物ではない。

 同番組で、教師=聖職という意見が何人かのパネリストから出されていたが、そのような教育言説は戦前からの教師像をひきずっているにすぎない。歴史を顧みたとき、教師=聖職論は、戦前、教師の国家権力への隷従を強いる一手段として利用されてきた経緯がある(例えば、大正期以降、社会主義運動、労働運動の昂揚といった体制的危機の進行過程で重視されていった「教育者精神」の強調)。だから、そのような教育に介入する国家のあり方をめぐって、保守派と日教組との激しい対立がイデオロギー問題に特化するかたちで展開されてきたのではなかったか。
 昨今の(あいかわらずの?)日教組批判=教育再生という言説は、結局のところ、教育問題ではなく歴史観・イデオロギーの問題であり、その言説は何ら教育の現実に対する説得力を持ち得てはいない。論点をすりかえずに具体的に議論する筋道をつくってもらいたい。

|

« 日ログ | トップページ | 木ログ »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69457/12875092

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり、でしたか:

« 日ログ | トップページ | 木ログ »