« 食べ物と同じ―出版の責務― | トップページ | 教育変動期をどう生き抜くのか »

時間云々ではなく、中身の濃い議論を求める

 西原博史さんや広田 照幸さん、藤田 英典さんが呼びかけ人となって、市民による緊急賛同署名を受付ています(12月13日午前10時まで)。


【アピール】公述人・参考人として教育基本法案の徹底審議を求めます
http://www.fleic.dyndns.org/appeal1206/appeal1206.html


署名受付ページ:
「【アピール】公述人・参考人として教育基本法案の徹底審議を求めます」への市民緊急賛同署名」
http://www.fleic.dyndns.org/cgi-bin/appeal1206.cgi


ものすごい勢いで、賛同者数が増えています。昨日10日(日)お昼段階では2300名程度だったのに、今日11日(月)夜には、9000名を超えています。

|

« 食べ物と同じ―出版の責務― | トップページ | 教育変動期をどう生き抜くのか »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69457/13034546

この記事へのトラックバック一覧です: 時間云々ではなく、中身の濃い議論を求める:

« 食べ物と同じ―出版の責務― | トップページ | 教育変動期をどう生き抜くのか »