« 「状況の力」の恐ろしさ、悪の平凡さ | トップページ | [月ログ]にゃんにゃん分析(解析) »

[土ログ]教育学の混迷

『思想』第995号(2007年第3号)、目次
http://www.iwanami.co.jp/shiso/0995/shiso.html
※広田照幸「教育学の混迷」を閲覧できる。

広田さんは、次のように述べている。

 重要なポイントの一つは、1950年代以降、教育学の主流の研究者が野党的な政治的ポジションに「隔離」されていったことである。戦後改革の初期には、東大の教育学の教員などが、重要な制度構築に関わっていた。しかし、50年前後からの、いわゆる「逆コース」以降は、政策決定過程から外れていき、与党の政策策定過程において影響力を持つことはまれになった。

 革新側にシンパシーをもつ研究者が多いのは、何も教育学に限ったことではなかった。しかし、教育学の場合、革新的な運動と切り離せない形でしか研究が深まっていかなかったことが、ある意味で不幸であった。教育運動の拡大や教育実践の組み換えにつながるような研究が望ましいとされ、政治的(運動的)効果と学問的意義との峻別が不十分だった点が、おそらくあった。

 このような指摘は最近よく耳に入ってくる。政策と市民運動(やそれにコミットしていく社会科学)との間で対立的にすみ分ける、ある種の共犯関係がそこには成り立っていた、政策立案への関与という発想が戦後教育学には欠落してきた、ということだろう。
 これを読んで自分は、以前広田さんが成城学園で行った講演(「澤柳政太郎とその時代」2004年10月、『成城教育』第128号、2005年6月を参照)を思い出した。戦後教育学をめぐるこのような問題意識は、大正期教育史研究についてもあてはめることが可能だからである。広田さんは講演で、大正新教育における二つの〈教育改造〉について指摘していた。それは成城内では、澤柳政太郎(校長)と小原國芳(主事)との間の対立、〈実験対実践〉という対立軸で表される。
 小原に代表される新教育展開の手法、それは確固とした教育理念(「全人教育」)を前提とする教育実践の宣伝を通しての、いわば下からの教育運動による〈教育改造〉であった。一方、澤柳が志向した〈教育改造〉の手法は、はじめから特定の理念に立脚して啓蒙的実践を展開するのではなく、科学的吟味に基づく教育実験を通して文部当局に働きかけ、それをもって全国的に普及させていくというものだった。この二つの〈教育改造〉のうち、戦後教育学においてとくに重視されてきたのは教育運動としての〈教育改造〉であったことはご指摘の通りだろう。そう捉えると、新教育における澤柳の立ち位置というのがかなり独自なものにみえてくるし、また「大正新教育を運動としてだけでなく、多面的にみる」新しい視角への可能性についても、いろいろと思考を触発される。自分もそんなユニークでかつ読み手を唸らせる認識枠組みを設定してみたいのだが…。

|

« 「状況の力」の恐ろしさ、悪の平凡さ | トップページ | [月ログ]にゃんにゃん分析(解析) »

おすすめサイト」カテゴリの記事

コメント

 お久しぶりです。
 自分一人のアンテナなんて知れたものです。3/18の記事に続いて、広田氏のテキストの紹介、興味深く読ませていただきました。勉強させていただいてます!
 広田氏が言うように、これからの教育学が政治・経済の動きと無関係でいられないのなら、これからの教育史研究もまた同様なのかなと思いました。大正期の研究を構想中のご様子ですが、最近の日本史(政治史・経済史)研究にヒントがあったりして。

投稿: Shira | 2007/04/01 13:22

 Shiraさん、いかがお過ごしでしょうか。
貴重なアドバイス、ありがとうございます。
政治史・経済史を視座に組み込んで、教育の歴史を分析する重要性は、カジ山先生の謦咳に接して強く感じていたことでした(最近だと、「社会変動」「経済変動」といったキーワードが流行っている気がします)。
 ただ、自分は、閉鎖的とされる実践論講座なもので、いざやろうと思うと腰が引けてしまうのも事実です。
いやいや勉強しなければ。

投稿: タカキ | 2007/04/02 03:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69457/14470422

この記事へのトラックバック一覧です: [土ログ]教育学の混迷:

« 「状況の力」の恐ろしさ、悪の平凡さ | トップページ | [月ログ]にゃんにゃん分析(解析) »