« セクショナリズムの発露か | トップページ | 講習会という(重宝な?)方策 »

まず食うこと、それから道徳

 今日の表題は、ある居酒屋に掲げてあった名言。ウェブ検索したところ。ブレヒト(ドイツの劇作家、詩人、演出家)の『三文オペラ』中の言葉だとか。本質を端的に表現していると思う。今、日本が直面する時代状況(格差時代の道徳「教科格上げ」状況)にも一石を投じるだけの力を持っている。

        ◇

 さて、昨日は、ヤギーさんの激励会。多くの人が集まってくださった。
 この激励会は、いわば一大どっきり企画であった。参加した方々が、それぞれどっきりのために一役買ってくれた。幸せなどっきりをかけられた人の、身体の硬直ぶりが、眼に見えてよくわかった。
 これもひとえに幹事(だっつい、yoshio両氏)の力量のなせる業であり、またヤギーさんのお人柄の賜物であるといえよう。幹事のお二人、そして、このどっきり企画に一役かってくださった方々、ありがとうございました。「大成功!」でしょう。

―「まず楽しむこと、それから道徳」。

|

« セクショナリズムの発露か | トップページ | 講習会という(重宝な?)方策 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69457/14883972

この記事へのトラックバック一覧です: まず食うこと、それから道徳:

« セクショナリズムの発露か | トップページ | 講習会という(重宝な?)方策 »