« 「箱物」と名づけよう | トップページ | [月ログ]脳内メーカー »

「教師は授業の専門家たれ」

 日向康『林竹二・天の仕事』(講談社、1986年)。だいぶ前に古本屋で購入したまま、積ん読状態だった。
  久しぶり頁をめくってみたところ、新聞記事の切り抜きが挟まっているのに気づく。
林竹二「〈論壇〉教師は授業の専門家たれ 実質そなえぬ教員養成教育」『朝日新聞』1975(昭和50)年12月21日付の記事である。
  切り抜きの痛みが激しいので、ここに掲載し、保存しておくことにする。

    --------------
■林竹二「〈論壇〉教師は授業の専門家たれ 実質そなえぬ教員養成教育」(『朝日新聞』1975年12月21日)

 教師は、その仕事の本質からいえば、医師以上に高度に、専門的な仕事に対して、責任をもたされている。子どもがもっている可能性にとりくんで、これを引き出すという仕事は、病気をなおすよりも、はるかに複雑で困難な仕事である。
 学校教育の核心は、授業である。したがって、教師は、一人一人が授業の専門家でなければならない。ところが、すこしく立ち入って学校教育の実態にふれて見ると、いわゆるベテラン教師はいても、授業の専門家はいないというのがいつわらざる実情である。だが、これは極めて当然の事態で、だいいち、大学における教員養成教育は、ほとんどその実質をそなえていない(この事にたいしては、教育学者の怠慢が声を大にして責めらるべきだろう)。
 そのうえ、致命的なのは、教師の専門家としての訓練は、現場に出てからでなければ与えられえない性質のものであるのに、学校という現場は、若い教師を授業の専門家として訓練し、育てる「場」では、およそないのである。これは、とりも直さずいま学校では、専門家としての訓練を受けない教師の手で、教育が担われているということを意味している。
 ある小学校の四年で授業をしたとき、こんな感想を書いた子どもがいた。
 「林先生のじゅぎょうの教え方はうまい。それは、大きくわけて、よく考える時間をくれるし、こまかくきりきざむ所まで心をいれ、よくわかりやすくせつ明し、よけいな所のはぶき方もうまいからです。
 この差がプロフェッショナルとふつうの先生がたのちがいです」(原文のまま)
 私は五年ほど前から各地の小学校や中学校で授業を試みている。百九十回ばかりになるが、この経験を通して私の痛感するのは、子どもが実にすばらしい力を持っているということと同時に、今の学校教育ではその力のごく一部分、しかも上っつらの部分しか引き出されていないのではないか、ということである。授業の貧しさがこの結果を生んでいる。これは単に子どもの不幸であるばかりではない。それは民族の将来を閉ざしてしまう結果をもたらしかねない。もし学校教育が未来を開く機能を失うなら、それは民族的自殺にほかならない。
 私はいろいろな機会に、現場にむかって、授業を根本から考えなおす必要を訴えているが、青森県のある町で、研究授業と話し合いをしたとき、主催者に、こういう感想をよせた小学校の校長(W氏)があった。それは、「えぐられる思い」と題されていた。W氏は会のあと、足もとが崩れ去るような異様なさびしさを感じ、だれとも顔を合わせたくないまま、裏道を家に向かうところを、O校長の車に拾われた。O氏は開口一番「おれは四十年間、いったい何をしてきたのだろう。医者だったら、とっくに廃業だ」といった。W氏はその感想をこう結んでいる。
 「落ち着いたあとで、私はくやしかった。現場の人間として、まずわれわれから高らかに言い出し、表現しなければならぬことを、事もあろうに、よそさまから突かれたのである。家に帰りついて、家内にこのことを語り、明日からは、もう俸給は返上だといったら、家内は、なんとか来年からにして下さい、といった。二人で苦笑いした」
 W氏やO氏のような校長がいることは、文字通りありがたいことだ。学校教育は、いま出直しをせまられている。この事態を直視して、根底からのとりくみがはじめられないかぎり、学校教育の起死回生はない。
 出直しの第一歩は、教師が授業の専門家としての力量をそなえる努力でなければならないが、それは教員養成教育と、教育行政(特に県レベルでの)との「回心」によって支持されないかぎり、成功の望みはない。主任の制度化もそれを阻止する戦いも、根本にある問題を解決する力はない。
               (前宮城教育大学学長=投稿)
    --------------

 今読んでも、まったく古くささを感じない。それどころか、現在の「教師教育の危機」を先取りするような主張である。
今から30年以上も前に、「臨床的な教育の学」の確立を訴えた林竹二。その主張に改めて耳を傾ける必要があると痛感する。

|

« 「箱物」と名づけよう | トップページ | [月ログ]脳内メーカー »

教育」カテゴリの記事

コメント

実に耳が痛くなる文章です。
初等教育ではないとはいえ、勤務校の生徒たちは勉強に
アレルギーを持っています。
その彼らの興味をいかに引き出せるか…知識もさることながら
技術も必要な気がします。(たくみな会話など)
さらに、生徒と授業以外でも接点を持つことが大事だと思います。

今の学校は1学年3クラスと小規模ですが、部活動が盛んで、
全国大会に出場している部活もあります。
最近になり、授業以外の場(部活動)で生徒と接することも
私の勤務校では必要なんだなと感じています。
(部活動で生徒との人間関係を作っておくことが、授業にも
生かされる…と痛感しています)

こうしたことは、現場にて学んできました。
免許更新などの講習も大事ですが、現場での経験を重ねる
ことの大切さを、今更ながら感じています。

投稿: F田 | 2007/06/28 23:48

F田先生

>「こうしたことは、現場にて学んできました。」
 教師の「資質能力」は、やはり現場にて形成、発達される質のものなのでしょう。さらにいえば、それは一般的な「技術」の適用として現れるのではなく、不確実かつ個別の状況のなかで不断に(再)創造されるものなのでしょう。固有の状況下でたえず即興的で複眼的な思考活動を行わざるをえない。そこに、教職が「専門職」=高度に知的な職業である理由があると思います。
そう考えると、今後の教員養成教育については、現場との連携をどう図っていくかということが課題となると思います。

投稿: タカキ | 2007/06/29 23:50

はじめまして。40歳の小学校教師です。最近、管理職になるように薦められ悩んでいましたが、この記事を拝見し、原点に帰ることができました。
林竹二先生は、大学のときに強烈な影響を受けた人物です。林先生のご指摘に、まだ万分の一もお応えできていない自分を思うとき、生涯かけて専門家としての道をどこまで鍛えられるか。
自己の慢心を大いに反省させられました。

投稿: kazu | 2008/10/11 08:31

>kazu先生

 細々と続けている場末のブログですが、何かのきっかけになったのでしたら、こちらとしても幸いです。
 40代と言えば、現場では中堅。校内研修など「教師の専門的訓練の充実」に、現場で中心的役割を果たす存在として、ご活躍されることを祈念いたしております。

投稿: タカキ | 2008/10/11 18:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69457/15587962

この記事へのトラックバック一覧です: 「教師は授業の専門家たれ」:

« 「箱物」と名づけよう | トップページ | [月ログ]脳内メーカー »