« [木ログ]参院選間近ということで | トップページ | 今回の敗戦もやっぱり「しょうがない」ですか »

「事件は現場で起きているんだ」というフィクション

※以下は、ずいぶん前から構想として頭の中にあったのだけど、なかなか文章化できずにいたものです。

 「現場を見に来い」とは、よく学校現場の先生が大学の研究者や教育学部の学生に向かって吐くセリフである(指導者講座にお手伝いで参加したときよく言われた)。ときに、「事件は会議室で起きているんじゃない、現場で起きてるんだ」という『踊る大捜査線』の青島刑事の台詞を援用して、大学の研究者に教育現場の窮状を訴える先生もいるほどである。
 

 なぜ、『踊る大捜査線』は人気を博したのか。自分が思うに、その理由の一つは、これまでの刑事ドラマとは違った切り口(視点)からストーリーを演出してみせたところにある。例えば、警察内部のタテ社会構造を、それに翻弄される最前線の刑事たちの姿や思いというかたちで描き出したことが、特筆すべき点として挙げられよう。そんな警察社会の暗部に切り込んだ刑事ドラマはおそらく、これまでほとんどなかった。もちろん、切り口が異なれば、また違ったストーリーが出来上がってくる。『太陽にほえろ』とか、『古畑任三郎』とか、火曜サスペンスものとか。海外モノでいえば『刑事コロンボ』とか。

 自分が問題にしたいのは、その「切り口」(視点)のことである。当然ながら、警察官が直面する現実は、「タテ社会」という特徴のみに解消することができない、複雑なものである。日々緊迫した職務に追われる当事者の肉体的実感としては、そんな問題を自覚する余裕などないだろう(それ以外に問わなければならないことが多々ある、とむしろ反論されるかもしれない)。
 だからこそ、意図的にその問題点を抜き出し、問題提起をしてみせた『踊る大捜査線』のフィクションとしての力が評価されるのである。そして、そのフィクションが投げかけた視点は、相次ぐ警察の不祥事という、当時かなり話題となった問題にもマッチし、一般の理解を促すものになりえた。
 自分が『踊る大捜査線』を評価するのは、そのような「現実を切り取る視点の鮮やかさ」においてである。「現実から切り取られた」ものはフィクションであり、切り口が「鮮やか」であればあるほど、それは理論的精密さを帯びるようになる。だから、理論とは、現実から意図的に抜き出したフィクション的性格を強く有しているといってよい。それゆえに、現実に訴える力をもっている。

 自分は、教育学がこれから展開していかなければならないことの一つは、同じように教育の現実を鮮やかに切り取る分析視点の提示、およびその視点からのリアルな問題提起だと考えている。単に現場の先生に「同情」してあげることなどではないし、ましてや「若者の規範意識」「日教組」「ジェンダーフリー」がどうのこうのと捲し立てる俗悪な教育論議に加担することではありえない(それらは「切り口」としてはあまりににぶい)。
 もし、先のように「事件は現場で起きてるんだ」といって不満をぶちまけてくるような先生がいたら、自分は、次のように答えようと思う。
 「センセイ、あれはフィクション(理論)ですよ」と。

|

« [木ログ]参院選間近ということで | トップページ | 今回の敗戦もやっぱり「しょうがない」ですか »

教育学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69457/15907999

この記事へのトラックバック一覧です: 「事件は現場で起きているんだ」というフィクション:

« [木ログ]参院選間近ということで | トップページ | 今回の敗戦もやっぱり「しょうがない」ですか »