« 些細なことですが | トップページ | [メモ]とかく「学力向上」が叫ばれる世の中だから »

驚きの理合で、心から「なっとく」

 昨日は居合道の稽古。水曜日に稽古へ行くのは久々である。金曜日と違い、少数(といっても一時期よりは明らかに多い)での充実した稽古。せっかくの機会なので、先生に古流の理合(そのような所作をする合理的・説得的な理由)について、自分が感じている素朴な疑問をぶつけてみた。
 そうしたら、「すげぇー!」と驚くような答えを聞き出すことができた。目から鱗返とはこのことや(シャレや! それも居合関係者にしか通用しないな!!)。これまで安易に考えていた「形」の背後にある、武術としての業がもつ深い意味を理解し、「そうだったのか!」と納得するのは、実に気持ちがいい。学校の教室で学ぶのも、本来同じこと。単に伝達されたことを手っ取り早く「できる」だけでなく、「そうだったのか。なんだ、あたりまえじゃないか!」という「なっとく」を、“経験を通して”得てこそ、意味がある。

 ということで、今日は居合道の話題。
 初伝の「陰陽進退」。第二の敵に対し、どこの部位に切り付けるのか。自分は今まで「切り下ろしてくる相手の刀が自分の頭蓋をとらえるまえに、敵の腹部を斬る」ものだと思っていた。たぶん、同じように考えている人はかなりいるんじゃないだろうか。でも、実際に検証してみると、とてつもなく難しい。ほんとうに可能なんだろうかと思ってしまう。だって、相手と刀の長さが同じで、相手よりも不利な体勢にあるのに、タイミングよく、身体を後方に引きながら、相手より先に斬りつけるなんてできるのか。
 むしろ、そんな危ない状況は想定しないで、もっと自分に有利な状況として考えたらいいんじゃないかということになる。じゃあ、どういう理合なのか。それは「口伝」によって伝承されるべき部分なので、ここでは述べられない。
 とにかく、先生の話(そのもとは松峯達男範士の研究会とのこと)を聞いて、そして実際に検証してみて、心から納得した。そして、改めて檀崎友彰範士の本を読んでみると、なんと第二の敵に対し、どこの部位を斬るのかは記されていないではないか。ここでも「なっとく」。
  
 こう考えると、実は居合(道)というのは、大事な部分(「秘技」「奥義」と、その理合)は、表向きは隠して稽古しているのだな、ということがわかってくる(例えば「逆手陰陽進退」では、切り下ろす前の敵の体勢を崩す「ある動作」はしないことになっている)、であればなおさら、そのことを忘れて(あるいは知らずして)表面的な「形」だけを稽古することに意味はない、となるのは当然のことだろう。

 まだまだ、わざへの疑問はたえない。できる限り、自分の力で考える作業をくり返しながら、師の教えを乞うていきたい。

|

« 些細なことですが | トップページ | [メモ]とかく「学力向上」が叫ばれる世の中だから »

居合道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69457/17086064

この記事へのトラックバック一覧です: 驚きの理合で、心から「なっとく」:

« 些細なことですが | トップページ | [メモ]とかく「学力向上」が叫ばれる世の中だから »