« [木ログ]ニュース記事いくつか | トップページ | [木ログ]電波教授対策 »

やれやれな脅迫

「『忘年会やめろ」と脅迫 仙台、小学校に中止指示」
(MSN産経ニュース、2007年12月4日)

 宮城県教育庁に「仙台市小学校の忘年会をすべて中止せよ。さもなくば、子供の命を奪う」などと手書きによる脅迫文書が届いていたことが4日、分かった。
 平成17、18年の年末にも同じ内容で字体が似た文書が届いており、仙台中央署は同一犯の可能性が高いとみて脅迫容疑で捜査している。
 これを受け、仙台市教育局は小学校123校に忘年会の中止を指示。学校などに登下校時の安全確保を呼び掛けた。
 調べでは、3日午前11時ごろ、県職員が茶封筒を開封。便箋(びんせん)に黒のボールペンで「朝、子供の命を奪いに行く。特に19日、20日、気をつけろ」と書かれ、仙台市の若林郵便局の1日付消印が押してあった。

(1)バカな脅迫文書である。
①仙台市小学校への要求なら、宛先は県教育庁(県教委)じゃなくて仙台市教育局(市教委)だろう。
②一銭にもならない要求をして、何の意味がある。
③全小学校123校が「忘年会」をしないと、どうやって確認するんだよ。
④「朝、子供の命を奪いに行く」と、犯行の時間帯を自分で限定してしまっている。
⑤「十九日、二十日、気をつけろ」というが、「子供の命を奪いに行く」のは「朝」なんだろ。仮に、ある学校が20日に「忘年会」をしたとしても、「子供の命を奪いに行く」チャンスは、21日の「朝」しかないんじゃないかな。その後すぐ土・祝日・冬休みに入るけど、それからでは出歩く子供が減るから難しいだろう。
⑥当然「忘年会」を開いていない小学校の子供を襲うことはできないだろう。それとも「忘年会」予定の情報を掴んでいるのか。今どき学校名で予約するところなどないから、掴んでいるとしたら、かえって身元を特定されてしまうぞ。
⑦そんな暇があるなら、年越しの準備をしろ。
まあ、犯行声明から読みとれる無知ぶりは、教育関係者のそれではないな。第一、平日に忘年会を開けるほど、先生方は暇じゃないだろう。

(2)こういったふざけた快楽犯(としか言いようがない輩)にいちいち付き合わなければならない先生方が気の毒である。自分なら「まともに取り扱う必要なし」と判断するが、世論が世論だから、市教育局も「『中止』の指示」というかたちで手を打ったのだろう。だが、こんな仕様もないことを毎年繰り返すのは、あまりに馬鹿げている。もっとも学校側からすれば、さしあたり「登下校時の安全確保」を行った上で、次のような対処・選択肢をとるのだろうけど。
①派手な飲み会としての「忘年会」は避ける。代わりに茶話会(≠忘年会)などの催しを開く。
②個別に、パーティ・宅飲みなどをやればいいさ。
③「忘年会」ではなくて、「新年会」という手もある。 
④年末ではなくて、年度末に行う(「送別会」「謝恩会」。教員の世界だとこっちが主流なんじゃないですか?)。
⑤その前に校務が忙しくて開けんわ、このバカちんが。

|

« [木ログ]ニュース記事いくつか | トップページ | [木ログ]電波教授対策 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69457/17273915

この記事へのトラックバック一覧です: やれやれな脅迫:

« [木ログ]ニュース記事いくつか | トップページ | [木ログ]電波教授対策 »