« 下緒が切れそう | トップページ | 企業の論理による言論の抑圧 »

「数学力」はアップしているとな。

■「理系高3の数学力、30年前よりアップ」(『読売新聞』2008年1月29日)

 子どもの理数離れが懸念されているなか、理系高校生の数学力はおよそ30年前よりも上がっていることが、東京理科大学数学教育研究所が1万人を対象に行った学力調査で判明した。
 理科大への進学者が多い高校580校から任意に選び、調査協力を呼びかけた。2005年から3年間実施し、31都道府県からのべ146校が参加。「数学3」と「数学C」を履修している高校3年生に問題を出した。
 問題のうち約30問を国際教育到達度評価学会(IEA)が理系高校生に行った1980年度の国際数学教育調査(SIMS)と同一の問題にし、比較した。その結果、今回調査のほうが成績が上だった問題が全体の66・3%もあり、同程度が21・7%だった。80年度より成績が下回った問題は11・9%にとどまった。同研究所の澤田利夫所長は「理系の生徒の学力は長期的にみて低下していないことが証明できた」と話している。
 ただ、3年間の成績を比較すると、平均正答率は徐々に下がり、特に、図形など記述式で証明を求める問題の成績低下が著しかった。
 昨年12月に発表された経済協力開発機構(OECD)の国際学習到達度調査(06年実施)の結果では、日本の15歳の「数学的応用力」が03年の6位から10位に転落。文部科学省が来年度からの新学習指導要領で理数系の強化対策を打ち出していた。

 記事からポイントを選び出せば、以下の5点だろう。
①対象が「理科大への進学者が多い高校」の「理系高校生」(3年生)であること
②「31都道府県からのべ146校が参加」、「一万人を対象に」したこと
③「問題のうち約30問を国際教育到達度評価学会(IEA)が理系高校生に行った1980年度の国際数学教育調査(SIMS)と同一の問題にし、比較した」ということ(OECDが行うPISAとは異なるということ)
④結果として、「今回調査のほうが成績が上だった問題が全体の66・3%もあり、同程度が21・7%だった。80年度より成績が下回った問題は11・9%にとどまった」ということ
⑤「3年間の成績を比較すると、平均正答率は徐々に下がり、特に、図形など記述式で証明を求める問題の成績低下が著しかった」こと

 2007年10月に同研究所が行った「基礎学力調査」実施結果については、東京理科大学数学教育研究所のウェブサイトにて公表されている〔「理系を対象とする基礎学力調査」中間報告書(案)[pdf]、以下、報告書(案)と略す〕。
同報告書(案)には、「学校間の正答率のばらつき」「期待正答率と生徒の正答率」「教師の評価と実際の正答率」など、ほかにも注目するデータが報告されている。これらは「何が学ばれ、何が学ばれなかったか」を知る手がかりを得るうえで重要だろう。
 また、「理系生徒の基礎・基本的な数学学力の間には男女差はない」(7頁)という見解も興味深い。
 さて、報告書(案)と上の記事を読み比べて、まず②「31都道府県からのべ146校が参加」「1万人を対象」は報告書(案)からは読み取れない。報告書(案)では、今回の調査は21都道府県から58校の参加を得た旨、記されている(4頁)。最終的な参加「理系生徒数」は4575人である(同)。3年間の結果で記事のとおりになるのだろうか。
 加えて、⑤も報告書(案)からは確認できない。報告書(案)では、同一29校を対象とした07年度と06年度の比較がなされている。それによると、「相対的に成績低下傾向が見られた。しかし、全体37題の平均成績には有意差がみられなかった」(16-17頁)。記事中、「記述式で証明を求める問題の成績低下が著しかった」というのも、誤解を起こしそうだ(「著しい」という形容詞は主観的な表現)。報告書(案)では、今回、記述式の問題で成績がふるわなかったのは、「平面図形」「図形と方程式」「行列」「導関数」「三角関数」とされている(9頁)。
 なお、④について、報告書(案)では次のように述べている。
「全体32題中、今回調査がよかったのは19題、SIMS調査のほうがよかったのは6題、両調査に有意差がみられなかったのは7題であった。/この調査結果から、SIMS当時の生徒と比べて、今回の生徒の成績は劣っていないと言える。この傾向は05年度、06年度にもみられた。」(18頁)

 今回比較に使われているのは、IEAの、いわば従来型の、教科の枠組みを前提とした「学力」測定調査であり、先日騒がれたPISA(応用力、リテラシーといった能力を測定する)ではない、ということも十分考慮に入れておく必要があるだろう。
 また、今回の調査対象である「理系高校生」が、東京理科大学への進学者がある「進学校」の生徒だとすると、対象がじつはかなり成績上位層に限られてくるのではないかという気がする。
 「学力低下」という言葉を吐くときに気をつけたいのは、全体における上位層の厚さは実は変わっていないということである。ところが、今まで日本の学力の高さを支えていたぶ厚い中間層の一部が、下の方にひっぱられていった。「二極化」という状況であり、それによって全体としての「低下」が起きた、というのが、専門家間の一応の見解である(と思う)。それは「ゆとり教育の失敗」というより「成功」といったほうが的を射ている。80年代、新自由主義路線の中で登場した「ゆとり教育」のねらいはもともとそこだろう。
  それにしても、まだ報告書(案)の段階だというのに、よく記事にしたなぁ。

|

« 下緒が切れそう | トップページ | 企業の論理による言論の抑圧 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69457/17905676

この記事へのトラックバック一覧です: 「数学力」はアップしているとな。:

« 下緒が切れそう | トップページ | 企業の論理による言論の抑圧 »