« そろそろ自重しないと | トップページ | 上海から先生がやってきた »

ハウスクネヒトさんの中等教員養成改革

 寺﨑昌男・竹中暉雄・榑松かほる『御雇教師ハウスクネヒトの研究』(東京大学出版会、1991年)を読む。
 タイトルからしていかにも硬派な教育史研究書だが、「大学における(中等)教員養成」という現代的な文脈を考慮に入れると俄然おもしろく読めてくる。
 ハウスクネヒト(Emil Hausknecht, 1853-1927)というと、帝大「教育学」の萌芽期を支えた張本人であり、何より「ヘルバルト主義の初等教授理論の紹介者」として位置づけられている。ところが、それは結果からみた一面であって、そもそも彼が意図していたものではなく、彼本来の課題は「(総合)大学における中等教員養成」にあったという(彼が来日した時期のドイツが、まさに、教員養成といった実践的目的をもつ教育学ゼミナールをアカデミックな大学内に設けるべきか否かという論争のただ中にあった。大学内の教育学ゼミナールの本格的な設立は、ケニヒスベルク大学のヘルバルトの手をもって嚆矢とされる)。「むしろ中等教育の教育課程論や内容論においてヘルバルト派の見地が存分に発揮されている」(177頁)というのが実相であったが、彼の「総合大学における中等教員養成」構想が戦前の日本において十分に実現しなかったため、ヘルバルト主義教授法の紹介者としての側面が強調される結果になったというわけである。彼の構想は実にしっかりしたもの(教育学ゼミ、国家試験、就職後一年の見習期間など)で、資格制度すらもたなかった当時日本の中等教員養成にとって画期的な提案だった。結局、総合大学での教員養成は戦後アメリカの手によるまで実現はしなかったわけだけど。「大学での教員養成」をめぐる近代ドイツでの議論について、もう少ししっかり調べてみたい気にはなる。
 
 それにしても、彼のヘルバルト教育学についての理解も、相当に深かったことが窺える。 
 ハウスクネヒトの教授は、訓育的教授論・教科編成論の理論的教授だけにとどまらず「一つの教材をどのようにして形式段階を用いて展開するかを、具体的に教えた」(83頁)。「ハウスクネヒトはライン、ツィラー両方の五段階用語を伝えるとともに、形式段階を用いた教案の作成まで、詳細に指導していた。さらに、教授上の諸注意ともいえる微々なる点まで教えた。……要するに、ハウスクネヒトが伝えた訓育的教授論は、その理論、教科構成・教科論、五段階教授法、形式段階による教案作成、生徒指導に及んでいた。しかも、きわめて、実践的な内容を含んでいた」(84頁)。
 ヘルバルト教育学についての非常に深い理論受容である。彼は、単に理論を理論として受け止め、紹介するのではなく、ヘルバルト教育学と同質の実践を自ら生産しながら指導していた。実践の生産が可能なかたちで理論を受容していたのである(ヘルバルトの理論に基づけばこのように実践をつくることができると)。これは当たり前のようでかなり難しい。そういう仕方で理論を受容していない場合がほとんどではないか。今の教育学者も見習わなければならない理論受容のかたちだ。

|

« そろそろ自重しないと | トップページ | 上海から先生がやってきた »

教育史ノート」カテゴリの記事

コメント

おお、なるほど面白そう!
私はこの本を、帝大におけるドイツ教育学受容の開始、もしくは日本におけるヘルバルト主義教育学受容の開始に関する研究、と読んでいただけでした。そういえば、著者の一人である寺﨑昌男氏は、大学教育研究の専門家でしたね。タカキさんの視点を取り入れると、私もこの本をもっと深く読み込めそうです。

投稿: Shira | 2008/03/01 10:48

Shiraさん、コメントありがとうございます。

 実は、寺崎先生のお話(昨年9月の特別セミナー)を聞かなければ、手に取ることすらなかった本でした。先生自身、知らないことがいろいろとわかって非常におもしろい研究だった、とおっしゃっていました。
 私の所属大学院で今年度から後期中等教育の教育専門職養成を打ち出しはじめたということもあり、非常におもしろく読めた次第です。
 寺崎先生のお話は、教育学(説)史という研究の意義について考えさせられる、感慨深いものでした。教育学という学問の歴史を書いた文献がほとんどない、という問題(哲学史、社会学史、経済学史などはあるのに)を認識するきっかけとなりました。

投稿: タカキ | 2008/03/01 22:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69457/40306057

この記事へのトラックバック一覧です: ハウスクネヒトさんの中等教員養成改革:

» 子供を伸ばす子育て,教育の名言 [子供を伸ばす子育て,教育の名言 ]
子供を伸ばす子育て,教育の名言 [続きを読む]

受信: 2008/06/01 10:25

« そろそろ自重しないと | トップページ | 上海から先生がやってきた »