« 私は図書館をこう活用した | トップページ | [火ログ]最強の武器 »

ちなみに私は図書館をこう活用した

 図書館を避ける方、「図書館は本を読むところ」という先入観をお持ちではないだろうか。
 もちろん、それが大前提なのだが、図書館の機能はそれだけではない。視聴覚資料、要するにビデオ・DVDを見るもことができるし、CDを聴くことも可能だ。
 とくに自分は、「雑誌を読む」点で図書館を大いに活用した。『教育』や『現代教育科学』など教育分野のものはもちろん、『世界』や『論座』、『週刊東洋経済』、あるいは『週刊新潮』『サンデー毎日』などポピュラーな雑誌の最新号が読み放題である。
『ENGLISH JOURNAL』など英語学習に役立つ雑誌もそろえている。雑誌の定期購読などができない貧乏学生にとって、これはありがたい。
本屋の店頭には並ばない、コアな雑誌も置いている。『風俗画報』や、戦時期雑誌など歴史的な雑誌を手に取ることもできる。通俗的な雑誌記事がその時代の世相を反映しているのに気づき、貴重な研究対象となるかもしれない。20年前ならもう立派な「同時代史研究」の対象になる。自分の生まれた年月の雑誌や新聞(縮刷版やマイクロ・フィルム)など渉猟してみたら、おもしろい発見があるかもしれない。
大学の図書館であれば、学術雑誌は欠かせない。研究紀要に掲載された先行研究の存在は、論文の起点となる。

 そして、図書館の強みはバックナンバーを蓄積していることである。ここ一・二年なら、各出版社のHPからお目当ての雑誌のウェブページで、バックナンバーの目次を見ることができる。読んでみたい記事を見つけたら、図書館に行こう。学術雑誌なら、大学図書館のHPから「雑誌記事索引」“MAGAZINE PLUS”にアクセスして検索することができる。学会のHPでも紀要目次を公開しているケースがある。万一見つけられなくても記事のタイトル、号数、出版年をメモし、レファレンス・コーナーで複写依頼をすれば間違いなくお目当ての記事を手にすることができるだろう(コピー代に加えて送料がかかる。これが無料だったらうれしいのに)。
 自分が時間を見つけてやりたいと考えているのは、1991(平成3)年間の『月刊剣道日本』(スキージャーナル)を見ることである。おそらく宮城県図書館にバックナンバーがそろっているはずである。
 どうして、1991年か。この年は、わが師匠が第26回全日本居合道大会で優勝した年である。今年宮城県で全国大会が行われるが、前回宮城で行われたときの全国大会の様子・入賞者の写真が誌上で取り上げられているはずである。
 そのときの様子、そして師匠の勇姿を拝見したいという思いからである。前回の大会は10月13日に行われているから、11月号、12月号、翌1992年1月号のあたりに掲載されていると思う。
 余裕がなくて、いまだ実現できていない。誰か錬武会会員の方、もしお時間があればよろしく。

    ◇  ◇

 漫画が好きなんだぃ、というあなた。手塚治虫など著名な漫画家なら、漫画全集も置いている。マンガだって読めるのだ。「マンガの描き方」に関する本もある。漫画家の技法の特徴を分析していたりして、勉強になる。
 図書館は人智の宝庫であり、その活用とは、お目当ての知識・情報を探す宝探しである。図書館は好きなモノや日常にある物事をより高度で、多面的な視点から見るきっかけを用意してくれる。知っているようでまだまだ知らない、自分が興味をもつ世界の奥深さ、価値の高さを感じることができるはずだ。

|

« 私は図書館をこう活用した | トップページ | [火ログ]最強の武器 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

やっぱり、タカキくんの方が、いまの学生の心情にフィットした文面になりますね。学生たちと和むことを厭わずに、彼・彼女らの「いま」をとらえようと、日々努めているのに、なかなかね……。
ちなみに、直近のゼミコンパは、「魚頭屋」という中国・火鍋の店(オーナーが知り合い)。制覇していなければ、是非、お試しあれ!

投稿: k間 | 2008/03/19 19:53

k間先生

 思わず悪ノリしてしまいました。ほかにやらなければならないことが多々あるのに… 
 貴重なお店情報、ありがとうございます。若い学生たちと「和むことを厭わない」(というより学生たちを引っ張っていく姿が浮かびます)先生のスタンスに学ばせていただきます。

投稿: タカキ | 2008/03/19 23:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69457/40552412

この記事へのトラックバック一覧です: ちなみに私は図書館をこう活用した:

« 私は図書館をこう活用した | トップページ | [火ログ]最強の武器 »