« 稽古の春 | トップページ | 恐るべき「善意」 »

懲りない強迫「愛国心」

■「新学習指導要領:総則に「国と郷土愛する」、異例の修正--きょう告示」『毎日新聞』2008年3月28日。

 文部科学省は28日、2月に公表した小中学校の新学習指導要領改定案の総則に「国と郷土を愛する日本人を育成する」という文言を新たに盛り込み告示する。改定案公表後に総則という基本的な考え方を修正するのは極めて異例。文科省は「パブリックコメント(公募意見)などを踏まえ修正した。改正教育基本法の趣旨をより明確にする意見を取り入れた」と説明している。
 文科省によると、改定案公表翌日の2月16日から1カ月間、電子メールや郵便で意見を受け付け、5679件が寄せられた。「国を愛する心について総則に明記すべきだ」などの声があり、国会での議論、与党部会とのやり取りなども加味して修正したという。
 音楽で「君が代を指導する」が「君が代を歌えるよう指導する」になるなど軽微なケースも含めると、修正は181カ所(同様修正の重複除く)あった。
 改正教育基本法(06年12月成立)には「愛国心」表記が新たに盛り込まれた。新学習指導要領改定案では、愛国心について総則にはなかったが、国語や社会、道徳の部分で触れていた。文科省は「道徳の内容は教育活動全体を通じて行うと定めており、考え方は(総則に示しても)同じ」と説明している。
 新学習指導要領は、学力低下の批判などを受け、主要教科と体育の授業時間を約1割増やしたほか、学習項目など内容も理数を中心に約40年ぶりに増やした。【加藤隆寛】

◇「基本法改正の趣旨が生きる」--文科相
 渡海紀三朗文部科学相は27日、「総則に(愛国心を)書いた方が教育基本法改正の趣旨が生きるとの意見があったので(修正を)判断した」と説明。「バランスを欠く意見は排除したつもり」と述べた。
 公募意見の過半数が50代以上だったことには「子を持つ世代から意見をいただくのが理想だが、たまたまそうだった」と話した。

  ちょっと前のニュースだが、チェックしておかざるをえない。
 こういう「異例」なかたちで学習指導要領の方針が変わることもあるという勉強になった。まあ、最後は審議会も何も関係ないということだ。ただ、過去にこんな例があっただろうか。
 「パブリックコメント(公募意見)などを踏まえ修正した」というそのパブリックコメントの概要は、こちらでみることができる。が、そのような要望がどの程度あったのかは資料からは判断できない。タウンミーティングでの「やらせ」の先例があるから、なおさら素直には受け取れない。
 
       ◇
 
 そもそも、こんな措置によっても愛国心が育たないことは確実である。一部の自慰的愛国者の下品な自己満足感からの圧力があったと受け取っておこう。こんな発想でしか「教育改革」が行われないのだから、「学力低下」が起きても何ら不思議ではない。

 普通に考えれば、愛したい国や社会があって、それへの感情が自然と内面裡に湧いてくるというのが愛国心であって、そもそも「教える」という質のものでないことは容易に理解されるだろう。愛郷心もまた然りである。
 要するに、まず問題とすべきは個々人が愛したい・守りたいと思うような国・社会のほうである。国・社会について学んで、そこから個々人がどのような影響を受け、意志決定を行うかということは、各人の自由だろう。
 ところが、政策の現状は、社会的負担の増加などリスクが個人化される不安定な社会状況を強いておきながら、モラルの低下へと論点をずらして不安をますます煽り(しかも「自己責任」論の立場から)、特定の感情(「愛国心」)へと誘導する、じつに倒錯したものである。そのうえ、愛国心の無理強いのためなら、簡単に歴史も修正するし、ニセ科学でも何でも道徳に利用できるものは利用してしまう。
 教師には「愛しなさいよ。それが当然でしょ!」と言って脅迫する典型的ダメ親か、ストーカーまがいの詐術を強いるということになる。だから、こういった問題が教師のモチベーションを著しく下げるのではないかと危惧する。
しかも、その発想で行動を縛る(「君が代を歌えるように」)というのだから、ほとんど子どもをペット扱いである。
 これが言い過ぎだとしても、あまりに独善的で、内向きな発想であることは確かだ。いいかげん「こっちの心の事なんかほっといてくれ」と言いたくなってしまう。

|

« 稽古の春 | トップページ | 恐るべき「善意」 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

昔の人は国のために戦ったら愛国心があったといいますが
それは本当?って思います
国のために戦うのは平常時から見れば凄いことと思いますが、実際それは簡単なことだと思います

追い詰められた経験がある人しか分かりませんが、自分の利益のこととなると人間進んで戦いたくなるんです
平常時だと、国のためなんかに戦争いくなんて凄い、となりますが一旦スイッチ入ってしまうと、つまり自分の利益に関係すること(侵略により豊かな暮らしができる、または侵略され利益が損なわれる)となれば簡単に命かけれますし人も殺せます

勿論、葛藤はあったと思いますが、本当にあの戦争の状態になれば、現代人でもみんな出兵すると思いますよ

投稿: たかし | 2008/09/09 11:24

 今のアメリカでは、「貧困」がまさに市民を戦争へと向かわせる要因となっています(堤未果『ルポ 貧困大国アメリカ』参照)。「今の貧乏な状態より、軍隊に入ったほうが増しな暮らしができる」というわけです。しかし結果として、より過酷な「貧困」状態に置かれる現状―。「愛国心」からではなく、苦しい生活から脱するために(生命の保証もない)戦争へ行くというのは何とも皮肉な事態です。

 冷静に判断できず、戦争へと国民を向かわせる事態の背景には、やはり人為的な問題構造があるからであって(戦争の状態に「なる」のではなく、人が「する」のである)、それを「愛国心」や「自己責任だ」という個人的・心理的な問題に還元するのは、問題の隠蔽だと思いますね。
 「本当にあの戦争の状態になれば、現代人でもみんな出兵する」といいますが、当時、死を省みず、さまざまな方法で戦争に抵抗した人たちも(わずかながら)いました。その人たちには本当の「敵」が見えていたのでしょう。戦う対象は敵国兵士だけとは限りません。

投稿: タカキ | 2008/09/10 00:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69457/40743903

この記事へのトラックバック一覧です: 懲りない強迫「愛国心」:

« 稽古の春 | トップページ | 恐るべき「善意」 »