« ムムムム | トップページ | スクールとホーム »

「学園ドラマ」と学校化社会

 ここ最近(といっても数年だろうか)、「学園(スクール)」を舞台としたドラマがやけに多いことに気付く(「花ざかりの君たちへ」「ライフ」「鹿男あをによし」「ごくせん」「ROOKIES」等々)。ドラマティックな展開の舞台が学園内でなくとも―いやむしろそちらの展開が多いのだが―、登場人物間のつながりはほとんど学校をハブとしている。また、「学園」の範囲も最近だと大学にまで拡大している印象を受ける(「のだめカンタービレ」「ハチミツとクローバー」)。もちろん、学園ドラマといえば昔からの定番ジャンルではあるが、それでも最近は飽和感を否めない。なぜだろうか。

 このギモンに対して考えられる解答はおそらく次のようなものだろう。
 1960年代の高度成長以前、青少年は学校内の同年齢集団(=〈学級〉)のみならず、学校外の多彩な異年齢集団にも属し、双方に関わりを持っていた。ところが、高度成長がはじまり、農村から都市への流入が加速すると、伝統的に地域共同体が持っていた紐帯は弱体化し、学校外の異年齢集団の存立を支える社会的基盤もまた消失してしまった。その一方で、学校だけは、制度としてそのまま存在し続け、同年齢集団への、青少年の集団帰属意識は一層強くなった。そして、人々の共通の経験的前提と言えるのは、学校以外にはなくなった今、(視聴率を重視する)テレビドラマの舞台として設定される状況が頻出している―。 
 日本中羽振りがよかったバブルの時代であれば、消費文化が共通の経験的前提となって、それを漏れなく織り込んだ「トレンディ・ドラマ」が高視聴率をとりつづけた。だが、バブルが終わり、「格差」の顕在化が問題視される状況になると、もはや共通経験として共感を得やすい舞台となるのは学校以外には残らなくなってしまった―。

 このように見るならば、日本国民の経験において「学校教育」の占める割合の強さが推察される。
そして、社会からの正当な評価を得る機会が学校体験のみに限られるとき、社会は学校に全面的に依存する「学校化」の様相を強くする。過熱する学校バッシングや教育改革論議の現状と同様、「学園ドラマ」の隆盛もまた、学校的価値を過度に重視する「学校化」の一面を映し出しているのではないか―と思ったり。

|

« ムムムム | トップページ | スクールとホーム »

教育学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69457/41039369

この記事へのトラックバック一覧です: 「学園ドラマ」と学校化社会:

« ムムムム | トップページ | スクールとホーム »