« [木ログ]神聖喜劇ふたたび | トップページ | おそるべきキティ »

二宮金次郎像覚え書き

Kinjirou_2

以下は、しばらく前に書いたメモ。拙いです。
----------------------------

  薪を背負い、手には本、それを読みながら歩くというお決まりのポーズ――。写真は、仙台市のある小学校に設置されている二宮金次郎像(石像)である。日本の学校ではおなじみだ。
 学校の隅にひっそりと佇んでいて、時に「学校の怪談」のネタにされたり(目が光るとか、歩き出すとか)もしたが、そもそもどうして金次郎像は学校にあって、銅像もしくは石像の定番として定着しているのか。
 
 二宮尊徳(金次郎)が学校教育と結びついた大きな理由として、国定修身教科書の教材として取り上げられた点が挙げられる。教科書が国定となった明治37(1904)年以降、二宮金次郎は修身教科書に登場する主流な人物の一人であった。尋常小学校の修身教科書では、彼の少年期の生き方が子どもたちの育つモデルとして取り上げられることとなった。「金次郎」の定番イメージは、まず、この教科書というメディアを通して全国に普及したといえる。
 日露戦争後の日本は物心両面で頽廃が進行し、問題への対応策として、例えば内務省は地方改良運動というかたちで、学校を「教化ノ中心」とした国民教化運動を展開していた。国力増進のために資金を国民から調達すべく、倹約と貯蓄が奨励された。それゆえに、修身科における金次郎の実直な生き方は、この時代を生きる格好のモデルとなった。
 さらにいえば、明治政府が尊徳を尊重したのには、百姓一揆の方法をとらず、決して政治を口にせず、農民自身の勤勉と倹約によって、農村の矛盾を解決した点が大きく作用している。勤勉と倹約を強調して農民の生き方を教える尊徳の態度は、施政者の側からすれば都合のよい人物であり、農民騒動をおさえこむ役割を果たすものだったといえる。
 だが、教科書に取り上げられた尊徳教材については、彼の出身地である神奈川県から、尊徳その人の実像を伝えるものではないという批判が寄せられていた。尊徳教材には多くの誤りがあり、事実ではないことが、現地の人たちから指摘されていたのである。
 この点と関わってとくに注意しなければならないことは、国定修身教科書が、いずれも貧困と悲惨な少年時代の「金次郎」のみを扱い、成人後の「尊徳」像を排除していることである。縄をない、ワラジをつくり、薪をとって売り、荒地を開拓したという勤労と倹約によって、後に「えらい人」になったと教科書は教えるが、その成功の秘密は語られることがない。金次郎の立身出世の方法の真髄とは、合法的免租であったが、修身教科書はこのことを決して教えなかった。あくまで、該当徳目(勤勉、倹約)に沿う形で尊徳を取り上げ、該当徳目を体現した模範的人物としての偉人化が図られた。それが「金次郎」の銅像ないし石像におけるお決まりのポーズへと結実していくことになる。

 金次郎像が広く普及するのは、実際には、この時期より下って昭和恐慌後の1930年代から。学校教育の文脈ではなく、むしろ農山漁村経済更生運動の展開にともなってであった。この時期に至って、金次郎は単なる少年の「手本」の範囲を超えた、いわば疲弊した農村経済の更生を支える教化運動のイメージ・キャラクターとして再登場することになった。
 像の普及は富山県の銅器製造業者たちが不況脱出のために金次郎の銅像を販売した系譜と、愛知県岡崎の石屋たちによるものとがあった(まさに報徳運動が突出して盛んだった二県)。彼らは全国小学校長会に実物を持ち込んだり、文部大臣を賛助会員とする「二宮尊徳先生少年時代之像普及会」を組織したりして営業活動を展開した。ちょうど金次郎生誕一五〇年(昭和12年)、皇紀二六〇〇年(昭和15年)というイベントと重なり、それを好機としてよく売れた。地元の学校に金次郎像を寄付するのが流行った。国にとってはいわゆる満州事変が始まるなど戦費調達のために勤倹や貯蓄の励行が求められる時期でもあり、毎日少国民に語りかける金次郎像の効果は大きかったといえる。
 昭和16年の金属類特別回収令によって、銅像のほうは校庭から「出征」していくこととなった。写真をとった小学校(昭和2年開校)に現存するものも石像であって、銅像ではない。もし、銅像であったなら現存はできなかった可能性が高い。国によって模範的な偉人に祭りあげられた「金次郎」は、哀れなことに、最後には「お国のために」身を犠牲にして(=武器弾薬と化して)消えていった。
 ところが、戦後、教育勅語や御真影が学校から退場していくなかでも、二宮金次郎像(表象・イメージ)は継承されていくこととなった。このあたりの経緯―経済更生運動のマスコットとして農村社会のなかから登場した金次郎像が、今度は戦後の経済再建への倫理的モデルとして認識された背景―はわからない。
 ただ、日常的な訓育のシンボルとして下からの高まりとしての側面をもつ金次郎の位置が、天皇というシンボルの神格化を重視する学校教育からはやや距離を有しているということは関係しているといえるかもしれない。
 
〈参考文献〉
・中村紀久二『教科書の社会史―明治維新から敗戦まで―』岩波新書、1992年。
・森川輝紀「コラム 校庭に建つ二宮金次郎像」、辻本雅史・沖田行司編『教育社会史』(新体系日本史16)山川出版社、2002年。
・新谷恭明『学校は軍隊に似ている』海鳥社、2006年。

-------------------------------------------
 この記事で、ちょうど300回目のエントリ! 今後の目標は「放置プレイ」、とまではいかないが、さらに手抜きでいかせていただきます。

|

« [木ログ]神聖喜劇ふたたび | トップページ | おそるべきキティ »

教育史ノート」カテゴリの記事

コメント

300回おめでとう。いつも読ませてもらってます。

仙台市立四郎丸小学校(旧・中田小学校四郎丸分校)に、二宮金次郎の「銅像」が残されています。「修身教科書のなかの二宮尊徳」というテーマで、学生(栃木県出身。二宮神社など…)の卒論を指導したこともあって、学生たちを連れて観てきました。是非一度、ご覧あれ!
板倉聖宣著『日本史再発見』(だっかな?)も。こちらは、博識のタカキ君なら、ご承知のはず。

300回と二宮尊徳が重なったので、筆をとりました。

投稿: k間 | 2008/05/29 22:59

 先生、いつも貴重なアドバイスをありがとうございます。
四郎丸小学校の二宮金次郎像が「銅像」だとは知りませんでした。今度見てこようと思います。
 
 (「博識」にはほど遠いですが)板倉さんの本は持っていました。が、尊徳のイメージをめぐる重要な記述がなされていたことは失念していました。ありがとうございます。
 「まだその結果を知らない事実について予想・仮説をたてて、その予想・仮説の正否を確かめる」という実験論=科学認識論に立った板倉さんの歴史叙述は(とても真似できそうにないのですが)、読者に意識もしていなかった問い(予想・仮説)を突きつけるスリルがあって考えさせられます。

投稿: タカキ | 2008/05/30 02:28

300回、おめでとうございます。
僕も福島県内の教化町村運動が行なわれた小学校をめぐりましたが、未だに金次郎像が残されている学校があり、うち1校は銅像でした。戦時に「出征」した後、戦後に再建された二代目の銅像だそうです。

恐慌期の金次郎ブームが、戦後改革期に再び着目された。この点は僕自身の論文でも触れた課題で、興味を持っています。
今現在わかっていることが二つあります。
①天皇制国家体制と緊密な関係をもってきた大日本報徳社が、戦後、報徳運動の民主主義との適合性=戦時協力イメージの払拭をアピールする動きをしたこと。たとえば、GHQの「インボーデン少佐」が二宮尊徳を偉大な人物と評したことなど、盛んに刊行物で報じています。

②報徳運動にゆかりのある学校では、戦後まもなくの昭和20年後半~昭和21年度の教育計画を立案するときに、「報徳の教え」を掲げていた。それは、教育基本法・学校教育法が公布・施行されるまでの間隙になされた、各地における独自の教育理念の模索でした。天皇制が吹っ飛んだとき、報徳に生活規範・理念を求めた人々もいたということです。

ともあれ、今度、四郎丸小学校に行って見ませんか?

投稿: すだ公民館長 | 2008/05/31 07:11

>すだ公民館長殿

 ご教示ありがとうございます。いろいろ考えさせられますね。
 恐慌期の金次郎ブームは、天皇という伝統的なシンボルによる国家意識形成だけでは立ちゆかなくなった時期の、大衆的な国民総動員といった文脈でとらえられるので、戦後にも連続できたのかなと考えます。「忠君」というタテによる連帯がなくなったとき、ヨコによる連帯としての「愛国」が一層求められ、その一手段として報徳思想が残ったということかと。
 GHQ側が尊徳を評価したというのはおもしろい。尊徳の発想には、ある種「資本の論理」が組み込まれているし、「封建道徳の権化」とは真逆の「近代社会の〈自助〉=独立精神の象徴」という評価もありえるんだと思います。

 ともあれ、「銅像」見に行ってみたいね。

投稿: タカキ | 2008/05/31 23:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69457/41348801

この記事へのトラックバック一覧です: 二宮金次郎像覚え書き:

« [木ログ]神聖喜劇ふたたび | トップページ | おそるべきキティ »