« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

[金ログ]生涯学習研究e事典

日本生涯教育学会が提供する『生涯学習研究e事典』

http://ejiten.javea.or.jp/

これはe(イイ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

若き日の師匠の勇姿(以上の衝撃?)

  宮城県図書館に行って、『月刊剣道日本』のバックナンバーを調べてきた。理由は、以前に書いている[*]。
 そして、師匠の記事(第26回全日本居合道大会、1991年10月13日、仙台市体育館)を見つけてきました。1991年12月号です。若い! トレードマークの髭がない!(他の先生も若い!)
 なお、記事の見出しは、六段の部で前人未踏の三連覇を成し遂げた東京・金田先生のほうを強調している(ちなみに、金田先生はその後七段の部でも、前人未踏の三連覇を達成している)。

 もっとも居合関連記事はそもそもが小さい扱い。同月号で最も大きく特集されていたのは、平成の武蔵・宮崎正裕選手による史上初の全日本剣道選手権・二連覇の偉業であった(たしかに、あれはリアルタイムで見ていて「歴史的瞬間!」の衝撃を受けた。この偉大な記録に続く剣士は、結局その後現れていない。長い全日本剣道選手権の歴史の中で選手権を連覇した人は後にも先にも宮崎選手ただ一人である)。
 それと、残念なことに、『月刊剣道時代』のほうの同月号は、県図書館には所蔵しておらず、記事をみることができず。

              ◇

 さて、前回宮城県で全日本居合道選手権が行われた1991(平成3)年10月13日(日)はどのような日であったのか。
『河北新報』1991年10月14日の記事で調べると、次のようなことがわかる。

・台風21号 東北の交通網マヒ状態
「台風21号による大雨のため、十三日の東北はJR各線や主要道路が寸断され、交通網は終日マヒ状態となった。特にJRは各地区で降雨量が「運転中止」の規制値を超え、東北新幹線を除くほとんどの路線が深夜まで全線または一部不通となり、秋田県を除く五県で十八万人の足が乱れた。」(1面)
(※)大荒れの天気の中で、全国大会は開かれたということですな。ちゃんと選手は到着できたんだろうか?

・広島カープがリーグ優勝(山本浩二監督)
阪神とのダブルヘッダー、第二試合を佐々岡―大野の完封リレーで、1-0で勝利。地元で優勝を決める。

―といった感じで、選手権の記事は小さく載っていた(15面)。まあ、話題盛りだくさんで、居合どころではないということですね。

              ◇

 この時期(1991年)の『剣道日本』のバックナンバーをいくつか読んでみたが、いろんな意味で時代を反映していておもしろかった。今だったら、完全に問題になるような記事が載っている。
 例えば、「体験・気の世界」なる、いかにも怪しい特集。
 悪霊(狐)が取り憑いている人に対し、「魔除けの居合」でそれを追い払ったなんてスピリチュアル全開なことが書かれていたりする。たしかに、この時期はまだ「あなたの知らない世界」などのカルト的な心霊番組を堂々と放送していた。
 ちなみに、全日本居合道選手権が行われた1991年の10月13日夜、ゴールデン枠で放送されていたテレビ番組は―、
「矢追純一UFOスペシャル第4弾!! 緊急特報・生きた宇宙人がつかまった?▽南ア空軍UFOを撃墜・生きた宇宙人2人を捕獲・3本の指と水かき・ウロコ状の皮膚▽秘密地下トンネルほか」(日本テレビ系列、7:00~8:54)

 これは、居合どころじゃありません!!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

これこそ日本国民が望んだ社会の帰結

  秋葉原通り魔事件でここ数日の報道は一色である。
 犯人の行為は決して許されるべきものではないが、かといって、加害者を一方的に責めれば済む問題ではないことも確かだ。決してそれではすまされない問題の根深さを、今回の事件は特にほのめかしているようにみえる。

 今朝のワイドショーで「(派遣の身分だった加藤智大容疑者より)悲惨な境遇にある人は何人もいるのに…」というキャスターのコメントを聞いたときには、怒りを覚えた。不安定就労者の苦悩に眼を向けることができない、外野の発言だ。
 
 今の日本は努力すれば―、痛みを我慢すれば誰でも報われる社会になっているのだろうか。
それとも、「自己責任」で満たされない境遇を甘んじて受け入れろとでも言いたいのだろうか。そんなものは、「勝ち組」の言い分でしかない。
 不平等な「競争」―学力だけでなく、個性・人格の面でも―で個人を煽る傾向は、現代の「貧困」「格差」をますます顕在化させつつある。学校教育がさらにそれを助長している。加藤の出身校(青森の進学校)の教師がインタビューにこたえていたが、教師によれば彼は「普通の高校生」だった。「普通」―、これもまた非常に暴力的な発言である。結局、学力テストの成績など特定の尺度でしか人間を評価しないから、このような人物評価しかできず、あるいは、キレると手を付けられなくなるといった、抑圧的な関心でしか人間を捉えられないのである。

 勤労貧困世帯や、非正規雇用の若者の割合が増加し、自己肯定感を得にくい閉塞的な状況下で、多くの国民が何らかの「怒り」を持っているのは当然のことである。問題はそれを個人的な問題として内面に溜め込み、圧倒的な無力感を膨張させ、結果として今回の事件のように暴発させてしまうことである。
 学校は「怒り」の正しい発揮の仕方を教えなければならない。職業の現場に関する問題状況を認識させ、「労働」への権利意識を自覚させるような職業教育(労働者学習)が必要だ。ほとんどの学校はそれをきちんとやってこなかった。それどころか、「心」や「モラル」の問題としてたえず、個人に問題を還元しようとしてきた。

 今回の事件は、その計画性からして「社会への復讐」という側面が強い(だから、加藤の口から謝罪の言葉が語られる可能性は低いだろう)。テロと捉えても過言ではない。そのような凶行に走る人間を培養した責任の一端は、まちがいなくコイズミに熱狂し、新自由主義の現状を受け入れた日本国民にある。そう捉えるなら、我々も間接的にこの犯行に関与しているのであって、(ニュースでよく見かける)絶対的な正義者として犯行を断罪するスタンスはとれない―。そればかりか、これこそ実は、我々が受け入れようとしている(厳罰化、監視だけでは到底防ぎようのない危険な)社会の姿なのだという、そういう意識で問題を捉えないと何の教訓も得られないだろう。

[リンク]
・日研総業株式会社「秋葉原の事件について」2008年6月10日
http://www.nikken-sogyo.co.jp/news/2008/pdf/news_080610.pdf

・関東自動車工業株式会社「6月8日秋葉原通り魔事件の報道について」2008年6月9日
http://www.kanto-aw.co.jp/jp/corporate/080609.pdf

・非正規雇用者比率の推移
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/3250.html

| | コメント (3) | トラックバック (0)

おそるべきキティ

 記号消費社会の申し子とでもいうべきか、巨額を稼ぎ出すハローキティの生命力が世界で高く評価されているのは周知のとおりである。国内ではすでに各地方に支配網を張りめぐらしている(=ご当地キティ)。
 が、それに飽きたらず、ついに最高学府にまで進入していたとは知らなかった。いや、「進学」というべきか(AO入試?)。

 「大学限定キティ」(携帯ストラップなど)があるんだと。
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%82%AD%E3%83%86%E3%82%A3&lr=

 一瞥する限り、キティが「進学」しているのは私学のようだが、「猫の手も借りたい」現状の表れだろうか。だが、それは今やどこの大学も同じだと考えると、救世主にもみえてくる。
 でもなぁ…、高等教育の商業化の流れに棹さす小悪魔にもみえてくるんだよな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »