« [金ログ]生涯学習研究e事典 | トップページ | [木ログ]J-KIDS大賞 »

意見聴取会を傍聴して思う

 昨日、「宮城の教育振興基本計画策定に関する意見聴取会」が宮城県庁で行われると知り、傍聴に行ってきた。
 県の教育振興基本計画策定の趣旨はウェブページにある通りだが、最も直接的な要因は、教育基本法改正であろう。

教育基本法(新)
第十七条 政府は、教育の振興に関する施策の総合的かつ計画的な推進を図るため、教育の振興に関する施策についての基本的な方針及び講ずべき施策その他必要な事項について、基本的な計画を定め、これを国会に報告するとともに、公表しなければならない。
2 地方公共団体は、前項の計画を参酌し、その地域の実情に応じ、当該地方公共団体における教育の振興
のための施策に関する基本的な計画を定めるよう努めなければならない。

国の「教育振興基本計画の概要」(文部科学省HPより)

そして、「本県の教育振興基本計画を策定するに当たり、県民や関係機関・団体等から広く意見を聴き、当該計画の内容検討の参考とする」ため、県内各地で意見聴取会を一ヶ月かけて開催するに至ったということである(主催:教育庁教育企画室)。

 県庁での聴取会、「意見発表者」として意見を発表したのは、校長先生(小学校、高校)、社会教育委員、発達障害児関連団体や子育てNPOの代表者などであった。各発表者は、自身の教育活動の現場において感じている問題などについて述べた。「教育問題を子どもだけでなく、大人(社会)の問題としてとらえる必要がある」というのが、各意見を貫いていた共通の問題認識だったと思う。その後、「『社会全体で教育の向上に取り組むために』 ~学校・家庭・地域の協働を進めるためには,何が必要か~」というテーマで、意見交換が若干なされて会は終了したのだが、全体を通して「MONOTARINAI」というのが、正直な感想である(単に「意見を聴取する」会だと、ああなってしまうのだろうか)。
 各「意見発表者」の意見が、結局、個人の体験的エピソードかもしくは理想論の披瀝に終始してしまい、多少なりともとも客観的・実証的事実に基づいた建設的な意見交換がなされたとは言い難い。もちろん、それぞれの現場をめぐる生の現状(そこにいるからこそ見えてくるもの)を語る・聞くということはそれなりに意義のあることだろうし、「意見聴取会」とは、もしかしたらそのような場なのかもしれない。
 とはいえ、体感的な「事実」をいくら蓄積しても、それだけで問題の本質や政策的展望がみえてくるとは限らない。それは、多くの発表者の意見が「治安悪化」や「モラルの低下」、「何も知らない親」といったステレオタイプに乗っかかって論じられていたことからも窺える。それでは、現場で起こる問題をそのようなコンテクストにあてはめて論じることで、自身の不満を提起していると指摘されてもしょうがないだろう。社会的状況が変化すれば「問題」の発現形態も、また問題を捉える我々の認識枠組みも変化するわけで、それを「大人や子どもが問題だ」という個人的な次元に還元しても根本的な解決策は得られないだろう。個人の直接経験から社会の構造へと視野を広げ、そのコンテクストからの問題の発見と課題~めざすべき社会像~の設定が必要である。そのうえで、県レベルでの教育施策は、すべての子どもにとって最善の利益となる公教育条件の整備として行われるべきものであるはずだ(「何を"県が行うべき施策"として求めるべきなのか」という視点も、「意見発表」の場では明確に意識されていなかったと思う)。

 このような意見聴取から、県の教育行政当局が何を得たのかということが気になる。10年単位での計画(平成31年まで)であるから、まだ助走段階なのかもしれない。ならば今の段階では専門的識見に基づく諸々の教育問題に関する統計的資料や研究についても県教育行政当局は蓄積し、次の議論の土台としていくことを強く求めたい―といった趣旨のことを意見として書いてきた。
 これは、大学の教育学者・研究者が政策的に貢献できる―教育学の「危機」を「好機」に転換する―余地は十分残されている、むしろ今こそ組織的に力を発揮すべき時期にあるという意味も込めている。
 しかし、大学の内側の現状を垣間見ている者としては、なかなかそれを強く押し出せない点もあるというのが何とも歯がゆい……。

 なお、宮城県教委では、ウェブ上でも教育振興基本計画策定に関する意見を広く募集している(7月末まで)。

|

« [金ログ]生涯学習研究e事典 | トップページ | [木ログ]J-KIDS大賞 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69457/41837375

この記事へのトラックバック一覧です: 意見聴取会を傍聴して思う:

« [金ログ]生涯学習研究e事典 | トップページ | [木ログ]J-KIDS大賞 »