« 果たして「信頼される教育現場作り」につながるのか | トップページ | 『反貧困』を読む »

重力すら無力化する“家族の絆”

  先日(22日)、“映画『重力ピエロ』世界最速 完成披露試写会”に行ってきた。
会場は、完成したばかりの萩ホール(旧川内記念講堂)である。
 改めて言うまでもなく、原作は伊坂幸太郎さんの名作『重力ピエロ』(新潮文庫、2006年)。
 
 小説もすばらしかったが、映画もまた、すばらしかった。映画ならではの良さがあった(自分は小説を途中で読むのをやめ、映画を見た後、改めて小説の続きを読むというかたちで上映会に臨んだ。違う読み方をしたら、また違った感想になるかも)。
 限られた上映時間という制約の中、思わずストーリーに引き込まれる、スリリングな展開に仕上がっていた。原作にはない、映画独特のユーモアなシーンも含まれていた。その一方、小説の冒頭と同じ台詞からスタートする演出もにくかった。
 それにキャスティングが渋い。とくに父親は、小日向文世さんの醸し出す雰囲気で、原作よりも穏やかで魅力的な存在に染め上げられていたように思う。クライマックスにおける小日向さんの演技~春に語る一言~は感動せずにはいられない(春の仕草をみて、父さんが何を言うか、みる側がわかってしまうというのが、いっそう涙をそそる)。

 奥野兄弟の人物設定も、原作と若干違っていたと思う。年齢を若干若めに設定していただろうか。若者の青的な要素も映画からはふんだんに感じられたし、シナリオもそれに合うようなアレンジになっていた。これもキャスティング(加瀬亮、岡田将生両氏の爽やかなイメージ)ゆえか。
 仙台・宮城の豊かな景観、とくに萌える緑が、そんな主人公たちの織りなすドラマを引き立てていたように思う。
 そう、物語の舞台がここ杜の都であることもあって、仙台・宮城の各所がロケが敢行され、とりわけ仙台市民なら「あそこだ」とすぐわかる景色・スポットがシーンの随所で確認できる(あちこちで撮影している。東北大学も初めて映画のロケに使われた。背景にこだわっていることがわかる)。そんな映像ならではのからくりも、この映画の一つの楽しみといえる。

      ◇

 この作品のテーマは“家族の絆”である。上映後の舞台挨拶で、母親役の鈴木京香さんをはじめ、一家そろって登壇した奥野家の皆とも確かにそのことを強調していた。
 DNAといった科学的根拠では解読できない“家族の絆”。最大公約数的な世間の常識でははかれない“家族の絆”。それがこの作品の一つのテーマであったと思う。
 現代的な社会問題に広くコミットした、考えさせる作品だともいえる。
 例えば、映画でもあった泉水(加瀬亮)の台詞(以下、小説から引用)。

「おまえはきっと、そのことについて、今まで何百回、何千回と考えてきたんだ。悩んできた。そうだろ」
「そのおまえが出した結論なんだ。他の、ちょっと首を突っ込んできた野次馬だとか、刑事だとか、法律家にとやかく言われる必要はないよ」
「たぶん、おまえ以上に、このことを真剣に考えた奴なんて、世の中にいないんだ」

 この映画の封切りは来年の春である。それを念頭におけば、来年の春から開始される裁判員制度への問題提起となる部分をもこの映画は含んでいると自分は読んだ。それも、「それでもボクはやってない」で脚光を浴びた加瀬さんが如上の台詞を言うのだから、どうしても日本の司法への問題提起として読まざるを得ない。その意味では、まさに、絶妙な時期にロードショーとなる映画であるといえるのではないか。

[リンク]
■映画『重力ピエロ』オフィシャルサイト

■「加瀬亮×岡田将生が劇中以上の兄弟愛を発揮! 『重力ピエロ』“世界最速”上映」、cinemacafe.net、2008年12月24日。

|

« 果たして「信頼される教育現場作り」につながるのか | トップページ | 『反貧困』を読む »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69457/43556417

この記事へのトラックバック一覧です: 重力すら無力化する“家族の絆”:

» それでもボクはやってない 周防正行監督 ★★★★☆ vol.111 [日本映画ブログ]
ある若者の痴漢冤罪事件裁判。通勤時の満員電車での痴漢冤罪という日常的に起こりうる事件という題材と法廷シーンを中心に丹念に描くことで緊迫感を出している。・・・ [続きを読む]

受信: 2009/01/01 01:01

« 果たして「信頼される教育現場作り」につながるのか | トップページ | 『反貧困』を読む »