« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

「読むことは内容のある人間を作る」

 前回の記事「大人の力量が問われている」(2009年2月2日)について、斎藤史郎氏(長野県・上田市マルチメディア情報センター)から貴重なご意見をいただいた。斎藤氏に感謝申し上げる(斎藤氏のコメントについては、前回記事のコメント蘭を参照されたい。また斎藤氏のブログはこちらをクリック→)。

   ■  □  ■

 さて、斎藤氏の批判を受け、言葉足らずな私の意見を振り返ってみたい。
 私は、前回の記事で次のように述べている。
①「ケータイによる狭い仲間内でのコミュニケーションにとどまっている限り、モノを読む力、書く力は伸びない。親しい関係の間でしか通用しない範囲に、言語体系や価値観が限定されてしまう。ケータイ依存は、モノを書く力を鍛えることなく、自己を『外部』の世界へと開いていく〈教育〉本来の可能性を狭める方向に働くはずである。だから、その点は、学校の先生にしっかり指導をお願いしたい。 」
 それに対し、斎藤氏は、コメント欄で次のように述べられた。

今は子ども達の世界が狭くなっているので、逆に狭い付き合いの中での「空気を読む」など、大人と違う意味での「読む力」「書く力」は持っているのかもしれない、と私は思います。それを大人が理解できないだけで。
それから今の子ども達を見ていて「ケータイ依存」と言うのは、あくまで「携帯=電話」と思っている大人の価値観であって、「ケータイ=情報ツール」と思っている当の子ども達は、既にケータイを日常のコミュニケーション手段の一つにしているように思います。使う頻度が高いからと言って、別に「依存」ではないのではないでしょうか。

 如上の指摘を受け、以下、私の意見についてさらに整理する。
 上述の主張①について、敷衍すると次の通りである。

(1)私がいう「ケータイ依存」は、「携帯可能な電話」としての携帯電話だけではなく、「情報ツール」としてのケータイも含めて、それによりかかってしまうことを指している。ただし、程度の問題なので、線引きは難しい。
(2)子どもたちがケータイを「日常のコミュニケーションの手段の一つにしている」かぎり、私は何ら批判的ではない。そもそも「使う頻度が高い」ことを指して、「依存」とは言わない。
(3)だが、ケータイがつくりだす「狭い」関係性に強迫されることで、本や雑誌などを通して、未知の世界へと思考を膨らませる時間が削られるようなら、大いに問題である。そうなる前に自省し、自制する手段を学ぶべきである(→「その点は、学校の先生にしっかり指導をお願いしたい」)。
(4)また、ケータイは「情報ツール」としては限界がある。ケータイを利用する以上、その限界を理解する必要がある。「限界」とは、例えば、次のことである。
 ケータイが媒介する情報の主な「供給源」はインターネットである。だが、インターネットが提供する情報はきわめて断片的であり(検索した部分についてだけ部分的に知る)、段階性も体系性もない。自分にとって都合の悪いものは避けて通るか排斥する、自分の中の認知図式(偏見)にあてはまるものだけを取り入れていくといった情報受容の仕方も可能になっている。
(5)子どもたちは、ネットの掲示板をなどを通して、「ムカツク」「ヤバイ」「キモイ」といった、人物や状況を簡潔にまとめて表現し、その感覚を共有しあう=「空気を読む」より、知識や経験を積み上げて議論し、思考を鍛える技法を学ぶべきである。子どもに「読み書き」のスキルを学ばせることが主眼の教育関係者なら、この一線は譲れない。
(6)そのための有効な訓練となるのは、現時点では「読書」である。「読むことは内容のある人間を作る」(ベンサム)。また、他者(大人)を説得するには、知識の備蓄に拠るほかはない。

 だから、①のように書いた私の真意は、じつに単純である。「こどもたちよ(あるいは一部の大人たちよ)、たくさん本を読め!」である。

 繰り返し述べれば、私は、子どものケータイ利用について決して否定的なわけではない。ただ、ケータイを媒介として現出する問題の一端に批判の眼を注いでいるだけである。
 そして、私が上に述べた(5)のような問題意識に応えるかたちで、ケータイを子どもたちの「読む力」や「書く力」を向上させるための道具として―議論・情報交換の道具として―積極的に活用していくこともまた可能ではないか、また、現にそのように機能している部分もあるのではないか、と半ば楽観的に思っている。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

大人の力量が問われている

 学校での携帯電話取り扱いに関する指針について、文部科学省は次のように説明する。

□【トピック】学校における携帯電話の取扱いについて指針を示しました
                     〔初等中等教育局児童生徒課〕

 文部科学省が携帯電話の学校への持込みに関する調査を行ったところ、平成20年12月1日時点において、
 (1) 小中学校では、持込みを原則禁止としている学校が約90%以上、
  (2) 高等学校では、持込みは認め、授業中での使用禁止としている学校が約57%、
  (3) 教育委員会で指導方針を示しているのは、約51%という結果が明らかになりました。
 この結果を踏まえ、1月30日付で通知を発出し、学校における携帯電話の取扱い等について、学校及び教育委員会の取組の基本とすべき事項を示しました。その概要は以下のとおりです。
 (1) 小・中学校では、持込みは原則禁止とすべきこと。
 (2) 高等学校では、持込みを認める場合には、授業中での使用禁止などのルールを定めるという指針に沿って、学校や地域の基本的な実態を踏まえた上で、基本的な方針を定めること。
  (3) 「ネット上のいじめ」等から子どもたちを守るため、学校だけでなく家庭や地域における取組も重要であり、情報モラル教育をしっかりと行っていくことに加え、家庭でのルールづくりやフィルタリングの普及啓発など、学校・教育委員会等が家庭や地域に対して積極的に働きかけていくこと。
 文部科学省は、今後とも関係省庁とも連携した取組を行い、子どもたちを「ネット上のいじめ」や違法・有害情報から守る取組の充実を図ってまいりますので、ご協力をお願いします。
〈註〉『初中教育ニュース(初等中等教育局メールマガジン)』第108号(2009年1月30日)から。

 すでに各地で「原則禁止」としている小・中学校が9割以上、高校でも6割近くであったということだから、今回の文科省通知は現状に追随したものであり、すでに現場で取られている対応にお墨付きを与えた程度のものに過ぎない。
 そして、このような措置が、当面の問題をしのぐための対処策でしかないことは明らかである。
 結局、教育現場を含めて、大人の側に、「現在使われている道具がどのようなものか」についての知識が確立されていないこと、そのために必要以上にネガティブなイメージを持って受け止めてしまっていることが、象徴的にこの通知に反映されているといえるのではないか。
 もちろん、子どものケータイ依存は容認できることではない。ケータイによる狭い仲間内でのコミュニケーションにとどまっている限り、モノを読む力、書く力は伸びない。親しい関係の間でしか通用しない範囲に、言語体系や価値観が限定されてしまう。ケータイ依存は、モノを書く力を鍛えることなく、自己を「外部」の世界へと開いていく〈教育〉本来の可能性を狭める方向に働くはずである。だから、その点は、学校の先生にしっかり指導をお願いしたい。  
 とはいえ、10年先の社会を想像すれば、子どもを「危ない」状況から遠ざけるという消極的姿勢よりも、その使いこなし方を積極的に考えさせていくほうが有益である。そして、多少の失敗をしても周囲の大人がカヴァーしてくれる環境の中で、彼らなりに人間関係構築を模索していくほうが有意義であろう。現在、小・中学校、高校に通う生徒たちは何年後かには、否が応にも情報社会に出ていき、その中心を担うはずなのだから。文部科学省は、「ちょっと待って! はじめてのケータイ」リーフレットを合わせて公開したが、あのリーフレットだけではちょっと心許ない(方向性は間違っていないと思うが)。福岡県・芦屋町のように町が「宣言文」(お題目)を出すという方法(「福岡・芦屋町が小中学生の携帯禁止、強制力ないが賛否」、YOMIURI ONLINE、2009年1月20日)も、未来を展望した建設的な策とはとてもいえない。
 IT企業勤務でブロガーの吉田賢治郎氏は、ご子息が「ネットいじめ」に遭った経験(それを自身のITの知識を生かしつつ解決した経験)から、学校に対して次のような提案をしている。

 教育現場にいる方々にお願いしたいのは、「いじめ」への学校側の対応方法(危機管理マニュアル)を作成して、生徒と保護者に公開してもらうことだ。どのような場合に誰に連絡すればいいのか? その時、学校や先生はどのような行動をとるのかなど、具体的な対応を事前に知っておけたら、学校に連絡して、親と学校が共同で対処できるはずだ(引用者注-吉田氏は、学校側の対応が予測できなかったため、学校には相談しなかったという)。
 さらに可能なら、生徒に対して保健室でメンタリングやコーチングが受けられる環境づくりをお願いしたい。親に頼れない生徒の場合、自分の話を真摯に聞いてくれ、状況の整理と自分がすべき行動の決定を手助けしてくれる大人が必要だろう。
〈註〉吉田賢治郎「『学校裏サイト』で娘が攻撃されたとき―ある父親の記憶―」『論座』2008年9月号、218頁。

 陰惨にみえる「ネットいじめ」の問題にしても、じつは掲示板でのストレス発散や息抜きを反映したに過ぎないものだったりする。ただ、そのインパクトがどれほど大きいか理解できていないだけである。その誤りを大人がいかに軌道修正していくか。
 ケータイ、ネットについての知識をどれだけ真剣に学び、子どもからの意見に対してどれだけ真摯に対応できるか。大人の力量が求められる時代になっているといえよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »