« すでに指摘されていたことではあるけれど… | トップページ | 誰だぁー! »

「国定制へとずり落ちた」

先週土曜日は、印刷博物館での梶山先生の講演ならぬ、館長さんとの対談を聴きに行ってきた。
 対談のテーマは「日本の近代教育発展に果たした教科書の役割」。
 明治から戦後に至るまでの教科書の変遷を辿るもので、館長が進行役になり、一つ一つのトピックに先生が応答する。時折、スクリーンに当時の教科書の画像を映したりしながら、和やかに話が進んだ。
 やっぱり面白かったというか、梶山先生が一番熱っぽく語っていたのは、すでに聞き慣れていたことだけれども、先生の面目躍如たる「検定制から国定制への転換」にあたる明治後期の話だった。
 教科書国定化への流れを、内容統制という「官の力」と見るのではなく、教員・教科書に対する権威の失墜に伴う「検定制の崩壊」の結果だと捉える、通説とは異なる独自の見解を改めて先生は強調していた。文部省の側から自由採択制をめぐる議論が出されていたにもかかわらず、採択合戦をめぐる教育関係者の数々の汚職(教科書疑獄事件)によって、国定教科書へと方向転換していく。それゆえか、国定化への議論にあたっては、「教科書の中身がおかしいから、国定にしろ」といった内容統制に関する議論はなかった―、という具合だ。〈国家・官・行政・政策サイドの内容統制〉対〈現場・民・教育運動による対抗〉という二項対立図式に囚われては出てこない、史料を幅広く渉猟しなければ出てこない見解である。

 戦後の、教科書墨塗りの実態をめぐるフロアとの意見交換もおもしろかった。「地域による墨塗りの仕方の違い」(頁を切り取ってしまったり、墨塗りの頁を縫い合わせてしまったり)はなぜ出てきたのか。どうやったら調査可能か見当がつかないが、ひじょうに知りたいところだ。

 なお、梶山先生の著書、『近代日本教科書史研究』は、現在京都大学学術情報リポジトリのウェブサイトから全文読むことができるようになっている。
 
       ◇

 その夜は、大学院生時代に有志で結成した読書会のメンバーと、神楽坂で軍鶏を食べる。
楽しかったと同時に、なんか大人になってしまったなぁとしみじみ感じてしまうひと時だった。
今やメンバー全員が仕事持ちの上、仙台在住がいなくなり、東京在住が主流になってしまう日が来ようとは。
 また来年もやりましょう。今度はしっかり温泉合宿というかたちで。

|

« すでに指摘されていたことではあるけれど… | トップページ | 誰だぁー! »

教育史ノート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69457/46275022

この記事へのトラックバック一覧です: 「国定制へとずり落ちた」:

« すでに指摘されていたことではあるけれど… | トップページ | 誰だぁー! »