« 教育会史研究に新たな光 | トップページ | どんな本をお薦めするか »

「教員養成大学院」とな

■「三重大が教員養成大学院の設置案 試験合格者に2年研修」asahi.com、2009年12月15日。
http://www.asahi.com/national/update/1215/TKY200912140343.html
http://www.asahi.com/national/update/1215/TKY200912140343_01.html

「三重大の案によると、教員養成学部や他学部で教職課程の単位を取得した学生に「仮免許状」を与えて採用試験の受験資格にする。さらに、都道府県や学校法人の採用試験に合格した学生すべてがその自治体に設けられた「教員養成大学院」に入学するという仕組みを想定している。」

「三重大の場合、三重県の採用試験合格者を、いったん大学院に集める。大学院では2年次の1年間を、新任教員に準ずる位置づけで小中高校などに配属し、受け入れ側の学校と大学教員で指導することで実践力を養う。そのうえで卒業後に正式教員として赴任させる計画だ。案では、院生の定員は、県の採用試験の合格者をもとに決定し、2010年度の採用予定者数約385人程度になる見込み。13年度か、14年度から実施に踏み切りたい意向だ。この制度について、大学は今後、県側とも調整する。」

「6年制で教員を養成する場合、大学の教職課程では各教科についての専門的な力に重点を置いて養うよう見直し、大学院では教職中心の実践力をつけることを目指す。 」

 「若手の教員を育てることに特化した制度」か。なるほど~。しかし、採用試験に合格した後の、大学院での2年間に対して、彼らはモチベーションを保てるのだろうか。大学院側は、いったいどのようなカリキュラム用意して、学生の教育研究にあたるのか。その点、どう対応するのか、知りたいところだ。

 一方、「大学の教職課程では各教科についての専門的な力に重点を置いて養うよう見直し」という点には、激しく同意。
 わたしの勤務大学のようなところだと、まず学生の側に現場で教えることになるはずの「中学生」「高校生」並の専門知識があるかどうか、不安に思うことが多々ある。何と言っても、そこが土台だろうに、学生はその現実から眼を背けているふしがある(教職志望なのに、勉強嫌いなの?)

|

« 教育会史研究に新たな光 | トップページ | どんな本をお薦めするか »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69457/47041608

この記事へのトラックバック一覧です: 「教員養成大学院」とな:

« 教育会史研究に新たな光 | トップページ | どんな本をお薦めするか »