« 恩師との別れ | トップページ | [本]近刊です »

はえーなー

 今日から、秋期の授業開始である。早いなぁ。もう9月も半ばを過ぎたというのに、まだ猛暑は終わらない。自分のモチベーションが超低空飛行状態なのだから、学生のやる気のほどは推して知るべし。

  自分の授業は、明日からだ。秋期も大人数の授業が続く。
 授業開始を前に少しでもモチベーションをあげるべく、春期の「教育原理」の授業で学生が書いた感想をふり返ってみる。実にいろいろな感想をもらったわけだが、その中でもうれしかったやつを。

 タカキ先生の授業は、今受けているのを合わせると三つ目になりますが、本当におもしろいです。まず、導入部で学生の興味・関心をひくようなものを提示し、それと関連させ、授業を行っていくスタイルはとても勉強になります。また、クイズに正解した学生に、褒賞を与える(あまり良い方のでないのが逆に良い)といたことでも、クラスの雰囲気を良くしたり、盛り上げてくださるのが、とてもうれしいです。口では厳しいことを言うこともありますが、本当に学生のことを考えてくれる優しい先生だということも伝わってます。ありがとうございました。(法学部・Aさん)

  自分が取っていた授業の中でも佐藤先生の授業は厳しいといいますか、冷酷な感じがしますが一番得るものが多かった授業のように思えます。先生の頭の良さが伝わってきました。今回は、僕の勉強不足、プリント忘れという怠慢により単位を落とすとは思いますが、次の佐藤先生の『教育原理』また『道徳の指導法』は、キチンと勉強したいと思っていますのでよろしくお願いします。(日本文化学科・Tさん)

 「厳しい」「怖い」という意見を書く学生が多いのだけど、どのあたりが? 
  確かに、欠席や私語についてはきっちり対応するようにはしているけど、べつに怒鳴っているわけではない(そんなことは一度もしていない)。それだけで「怖い」というのなら、他の先生は、いったいどういう授業評価を得ているのだろうか。
  このあたりはすごく不思議に思っているところだ。

 一番うれしかったのは、以下の感想。

 佐藤先生の「教育原理」は終始、“講義”というより“授業”でした。
  この大勢の履修者を相手に、深く考えさせる授業を展開していくのは本当に大変なことだと思うし、尊敬します。また、ビデオを見た授業の後に、ちゃんと解説を付けてくれたところもとても記憶に残っています。大体の授業がビデオを見て、感想を書いて、それで終わりなので、解説がついたことですんなりと理解することができました。……これからも先生がおすすめしている本などを参考に勉強していきたいです。(心理学科・Uさん)

 “「講義」ではなく、「授業」を―”。これは、自分が強く心がけていることだ。その意図をくみ取ってくれた学生がいたのは、うれしい。努力している甲斐があるというものである。
 おそらく、先の「怖い」というのもこのあたりに関わっているのだろう。自分の場合は、毎時間学生を指名して発言させたり、もしくは自分のほうから寄っていってマイクを向けたりしている。そのため毎時間ドキドキする、といったことを書いた学生は何人かいる。でも、そういった緊張感と双方向性がなければ、多くの学生は寝てしまうだろう。

 あと、こんな意見も。

 私がこの授業を受けてまず最初に思った事は佐藤先生の年の若さです。大学の先生と言うと、私の中の勝手なイメージで、おじいさんもしくはおじいさんに近い先生なんだろうなと想像していました。(教育学科・Iさん)

 まあ、たしかに大学教員の平均年齢は、高校までの教育機関より高いだろうけど(笑)
  これらを読み、今の大学生が持つ、もしくは望んでいる大学教師像ってどんなものなのだろうと、ちょっと調べてみたいという気になった。

|

« 恩師との別れ | トップページ | [本]近刊です »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今さらコメントすみません。。。
タカキさんの「怖い」は、タカキさんがクールだから(あるいはクールに見えるから)だと、個人的には思います。
何を考えているかが丸分かりの先生は怖くはないですから。
でもタカキさんの授業への情熱は、学生さんたちにもしっかり伝わっていますね。
学生さんの感想、自分のことのように嬉しくなりました、なんか変ですけど。
よかったですね。

投稿: ミティ | 2010/09/30 21:28

>ミティさん

コメントありがとう。
自分が周りからどう見られているのか、というのはなかなかわからないですね。几帳面な所とかはわかっているつもりですけど(黒板の消し方を見て、学生から「A型ですか?」と指摘されたりはする)。
でも、上に書いたような学生ばかりではありません。
匿名で毎学期大学側が行う正式のアンケートがあるんですけど、そちらではあることないこと、勘違い指摘やこちらの意図が通じていないなぁと思うことが書かれたりしています。あれは、教員にはプラスには働いていないと思う。

まあ、少しずつ前向きにやっていきます。

投稿: タカキ | 2010/10/03 00:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69457/49522707

この記事へのトラックバック一覧です: はえーなー:

« 恩師との別れ | トップページ | [本]近刊です »