« ある授業での失敗 | トップページ | 被災地支援情報を探す »

第二の故郷が…

 八王子の自宅や大学の研究室は、幸いにも大した被害は起きなかった。
 でも、かなりの地震の横揺れで、はじめて酔いそうになった。
 まず心配だったのは、いわきの実家だが、夜遅くに家族とは連絡が取れた。棚のモノが落ちたり、屋根瓦がずれたりという程度のことで済んだ。

 しかし、二年前までの13年間を過ごした第二の故郷の仙台は、目を疑う光景に。 
 画像・映像でみると、そのあまりの惨状に、息を呑む。

The big pictures: The moment Japan's cataclysmic tsunami engulfed a nation

Natorigawa River TSUNAMI Earthquake in Japan

仙台の知人の方々の、安否はまだ確認できない。ただただ、祈るばかりである。

これから、電力供給不足により、都内も停電に入る可能性が高い。それへの対応をしなければ。

プレスリリース 2011年「需給逼迫による停電の可能性と一層の節電のお願いについて」@東京電力、2011年3月12日

 
 まだまだ、予断を許さない状況だが、事態が一通り収拾したとしても、そこから復興への長い道のりが待っている。

◇【緊急】東北地方太平洋沖地震のために、わたしたちにできることまとめ

 協同・協働の意識をもって、力を合わせていくしかありません。

 とりいそぎ。

|

« ある授業での失敗 | トップページ | 被災地支援情報を探す »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69457/51099482

この記事へのトラックバック一覧です: 第二の故郷が…:

« ある授業での失敗 | トップページ | 被災地支援情報を探す »