« 1970年代からの提言 | トップページ | 被災地にて »

ばあちゃん、さようなら

 先週末(4/22-24)、実家・いわきに帰った。祖母が老衰で他界し、通夜・告別式に出なければならなかった。
 祖母は数え年で100歳(満98歳8ヶ月、大正元年生まれ)であった。
 時期が時期なので、叔母や母は、もう少しがんばってほしいと願っていたが、その願いは叶わなかった。
 だが、かえってよかったのではないかと思っている。普通なら、亡くなったらすみやかに通夜・告別式の日程が組まれるはずだったが、祖母の場合は、そうはならなかった。
 月曜日に亡くなったが、通夜・火葬は土曜日、告別式は日曜日だった。そのぶん、家族は祖母と最期の時間を長くとることができ、貴重な思い出をふり返ることができたからだ。棺には、親戚皆の間では周知の事実である、祖母の大好物のスイカが一緒に入れられた。
 このような時期なので、通夜・告別式は、内々に家族葬という形式で行った(家族以外で参集してくださったのは、祖母が人生の最期を過ごした特養施設の職員の方々ぐらいであった)。しかし、おかげで、久々に親戚の方たちともゆっくりと話す時間がもて、和やかな雰囲気で祖母を送ることができた。


 祖母は「靖国の妻」であった。祖父は戦争末期・1945年の7月下旬に、パラオで戦死した。
 小卒の学歴しかもたない祖母は、年端のいかない二人の娘(叔母と母)とともに、戦後の厳しい時期を乗り越えなければならなかった。
 そんな状況下でも、祖母は二人の娘に地元の進学校、そして、四年制大学卒業という学歴を与えた。二人の娘は、教育学部を卒業して、ともに地元いわきの学校教員を定年まで勤め上げた。

 これは、いまも不思議に思うところである。つまり、小卒で田舎育ちの祖母が、女子の「学歴」というものに理解を示していたという事実に対してだ。
 叔母と母が大学に入学した頃は、現在と違ってまだ大学進学率自体が低く、「女子学生」に対する社会の偏見(「女子学生亡国論」など)も根強く存在した時期のはずだ。
 また、祖母は孫が誕生してからは、そのすべての孫(従兄弟二人と私)の子育てに関わった。その孫たちも皆、大学を卒業している。
 こう述べると、いかにも祖母が、子育て・家庭教育に長けていたと思われるかもしれない。だが、おそらく娘や(自分を含めた)孫たちの誰一人として、祖母が特別なスキルを持っていたとは思っていない(もしかしたら、「土着の教育学」とでも呼ぶべき、特別な技術を発揮していたのかもしれない)。むしろ、怒られてばかりでいやな記憶のほうが多いくらいだろう。
 もし、他所より高く評価できる部分があるとすれば、現在はほとんど世間から失われてしまった、着物づくり(裁縫)や着付け、漬物をつくるなどといった生活上の技術に長けていたというところか。
 だが、何よりも、「いつも家に帰ればそこにいた」という安心感を家族に与えていたこと=存在そのものが、祖母が果たした役割だったといえるのだろう。 
 大正-昭和と激動の時代を生き抜いた人間の放つ存在感によって、家族(後の世代)が救われてきたこともあったはずだ。 

 死ぬ間際まで激動の状況(震災・原発事故)とあって、祖母の人生は最期まで苦労の連続だったとしか言い様がない。
 せめて、彼の岸では安らかな日々を過ごしてほしい。
 

 ばあちゃん、さようなら。しばらくぶりに逢えたおじいさんと天国で仲良く―。

|

« 1970年代からの提言 | トップページ | 被災地にて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69457/51530003

この記事へのトラックバック一覧です: ばあちゃん、さようなら:

« 1970年代からの提言 | トップページ | 被災地にて »