« [リンク]国定道徳教育教材『私たちの道徳』 | トップページ | 新科目・教職実践演習を担当して見えてきたこと »

同僚の「浅田真央論」に触発されて

 本日は、職場=教育学部教員の懇親会。私の、懇親会係としての今年度最後の役回りであった。
 学部FD研究会の司会業務からの学部懇親会司会というコンボは毎度きついのだが、来年度はこの職務から解放される予定である。ホッ…。

 この間の、巷の話題といえば、ソチ冬季五輪だろう。
 今日の飲み会での、同僚のK谷先生が熱弁をふるった「浅田真央論」はひじょうに面白かった。
端的にいえば、それは、「浅田真央=研究者・求道者」というものである。
 以下、概要を記してみたい。

   ■   ■
 

 今回の五輪の結果は、周知のとおりである。残念ながら、浅田選手はメダル獲得には至らなかった。だが、彼女の滑りに多くの人々が魅了されたのは言うまでもないだろう。

 それがわれわれ「日本人の期待だったから」というのは、ちょっと違う。
 少なくとも同業者=プルシェンコをはじめとする世界有数のフィギア・スケーターの、彼女への評価はひじょうに高い。それは、twitter等での浅田エールからも明らかである。

 それは、なぜか。
 浅田選手のプログラムは、他の誰も成し遂げられない演技への挑戦だった。言うまでもなく、今回の五輪でトリプルアクセル(3A)という高難度の技に挑戦したのは、浅田以外にはいなかった。そして、忘れられがちだが、オリンピックという舞台で3Aを成功させたのは伊藤みどりと、浅田以外にはいないのである。しかも浅田は、今後抜かれることはないといえるほど、オリンピックの舞台で3Aを成功させた。彼女自身が成し遂げたギネス記録のさらなる更新である。
 それは、他の人間ではなしえない芸術の探究であり、レフリーごときが採点できるものではない―点数に表してはいけない代物だった。

 他の選手の演技は、(当然だが)いかによいレフリー(=既定)の評価を得るかというところに力点を置いたプログラムだったといえる。
 一方、浅田の演技は、そのような型におさまる評価の枠組みを越えようとする豪傑な試みだった。

①これを、教職課程の履修学生に置き換えてみたらどうだろう。
多くの学生は、よい評価(GPA)を得るために、教員側にすり寄った立居振舞いをするだろう。だが、そのような姿勢からは、灰谷健次郎『兎の眼』に登場する足立先生のような人材が育つ可能性は見込めない。どこまでいっても、プログラムに規定された評価の枠組みにおさまる人材こそがよいということにしかならない。
 それでよいのか。

②また、これを、研究者の世界に置き換えてみたらどうだろう。
 いかにも無難な評価を得て掲載されそうな、しかし、読む側からすれば大して知的好奇心を喚起されない報告書的論文を読まされるのと、非常に挑発的で、学界には容易に受け入れられないだろうが、しかし読み手の好奇心を喚起する論文を読むのとでは、どちらが話題にされるか。そして、研究者はどちらのスタンスを理想とするのか。 
 

 

 今回の浅田選手の演技もそのような問題を提起する質のものではなかったか、というのが、フィギア・スケートファンという、同僚先生の主張であった。
 なるほど、プルシェンコや羽生が浅田を高く評価するのはそういった点ゆえか、と思った次第である。
(たとえ評価されないとしても)メダルという、世俗的な価値を超える演技を求めようとした浅田真央の姿勢をこそ、我々は評価しなければならないのではないか―。

|

« [リンク]国定道徳教育教材『私たちの道徳』 | トップページ | 新科目・教職実践演習を担当して見えてきたこと »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69457/59194415

この記事へのトラックバック一覧です: 同僚の「浅田真央論」に触発されて:

« [リンク]国定道徳教育教材『私たちの道徳』 | トップページ | 新科目・教職実践演習を担当して見えてきたこと »