« [ブクマ]「国定ポエム」というネーミングがうまい | トップページ | [リンク]国定道徳教育教材『私たちの道徳』 »

[テレビ]TOKYO畜産ガールズをみた

(番組概要)
■TOKYO畜産ガールズ〜牛と豚と女子高生〜(再)
2014年2月13日(木) 02:29〜03:29 放送(2014年2月12日(水) 26:29〜27:29 放送)
東京都で唯一『畜産科』がある瑞穂農芸高校。今なぜか女子に大人気の『畜産科』…都会の女子高生が泥と糞と汗と涙にまみれ命と向き合う記録 (語り:TARAKO) 
 
      ◆


 再放送だったのか。
 五輪放送を見ながら夜なべを、と夜更かししていたのだけど、何げにチャンネルを回していて、この番組が目にとまり、そのタイトルに惹かれて途中からみはじめた。

 道徳教材としてもすぐれた番組だと思う(録画してなかったことを後悔するほど)。
以前テレビで放送され、映画化もされた「ブタがいた教室」よりも、内容的におもしろいのではないだろうか。
 個人的には、そんな感想をもった。


  登場人物は、畜産を専門に学んでいる女子高生たちである。
彼女たちは牛・豚を、「出荷する」ために、懸命に育てる。
結論は最初から「殺して食べてもらう」ためと、決まっている。
それが日常であり、学校のカリキュラムなのである。

 子ブタの去勢手術の実習もする(去勢すると、きれいな霜降り肉になりやすいという)。

ただ「殺すため」ではない。いかに「おいしい肉」を生産するか、という立場から、かわいい子ブタの「生」を操作することを、生徒たちは学ぶ。
 だが、そんな彼女たちからは悲壮感のようなものは感じられない。
明るく、そして真剣に「動物の生き死に」に向き合っている様子は、みていて清々しい。

 彼女たちの先には、肉を消費する、われわれ一般市民がいる―。
「命をいただく」という日々の行為の社会的背景や、われわれの食生活に欠かせない、畜産に従事する人々への理解=「他者認識」を豊かにするうえでよい映像資料だと思う。
(ちょうど、大学で教職科目「道徳の指導法」を教えている身としては、そういう眼で見てしまうところがある)。

      ◆


 女子高生たちは自分の担当する牛・豚に名前をつけていた。これに対しては、批判する人も出てくるだろう。「家畜に名前をつけてはいけない」と。実際、「ブタのいた教室」や、情熱大陸でクローズアップされた福岡県の高校教師の指導に対して、そのような批判がネット上で散見されたことは、自分も確認している。


 しかし、番組での彼女たちの活動をみれば、その種の批判が些末なものであり、また「動物の生き死に」の現実から目を背けたものの言いぐさでしかないということに気づくだろう。

 そもそも家畜を育てるという行為自体、ペットを飼うのと同様、その動物に対する愛情がなければできない行為である。たしかに、名目は「よい肉、よい製品にする」ことである。だが、その目的を達成するためには、それこそ犬や猫のような愛玩動物よりはるかに手間のかかってきつい、かつ高度に専門的な作業が求められるのである。それを、生徒たちはこなしている。
 その実態を知れば、「家畜の名付け」など、些末な問題であることがわかる。

 たとえ、名付けようと名付けまいと、彼女たち=生産者・畜産家の家畜に対する愛情をもったかかわりがなければ、われわれ消費者に届く、良質のお肉は生産できないのである。「トウキョウX」のようなブランド種なら、なおさら、手塩にかけて育てるこだわりが必要になる。
  また、そんな単純に、動物を「ペットだ」「家畜だ」とを切り離して捉える判断をすることなど、その動物たちを育てている状況ではできないだろう。どちらも「動物の生」に真摯に向き合っているかぎり、そこに区別はつけられない。

 牛・豚の出産立ち合いや子豚の去勢実習のシーンなど、番組中には生々しい映像もでてくる。それらは、「ペット」だ「家畜」だという人間側の勝手なラべリングには左右されない、「動物たちの生」がはっきりとそこに息づいているのだという厳然たる事実を視聴者に突きつける。

 人間の都合や矛盾を背負った家畜たちの生と向き合う女子高生たちの実直な姿をみて、以上のことに改めて、考えが及んだ次第である。


 出荷のためにトラックに牛を乗せる別れのときの生徒のふるまいには、名残を惜しむ気持ちは感じられるものの、動揺は見受けられない。
 むしろ、「動物の生」とたしかに向き合ったという芯の強さを感じ取ることができた。

|

« [ブクマ]「国定ポエム」というネーミングがうまい | トップページ | [リンク]国定道徳教育教材『私たちの道徳』 »

教育」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69457/59125794

この記事へのトラックバック一覧です: [テレビ]TOKYO畜産ガールズをみた:

« [ブクマ]「国定ポエム」というネーミングがうまい | トップページ | [リンク]国定道徳教育教材『私たちの道徳』 »