« 「教師には社会経験をさせるべき」という俗説 | トップページ | 教育方法改革への自己限定(1) »

今年度新入生への手紙

 初年次教育の担任をすることになった時は、その最初の授業で学生たちに手紙を渡すようにしている。
2011年度(震災の影響で、入学式が行われなかったとき)からである。
 今年度は、次のようなことばを、学生たちに送った。

     ◇   ◆

 皆さん、晴れてご入学おめでとうございます。心からお祝いいたします。
 さて、新入生の皆さんには、ぜひこの1年間、次のことを目標にがんばってもらいたいと私は願っています。それは、「この1年をかけて、大学生になれ(そして、4年間を通じて1年のときからは想像できないほどの別人に成長してほしい)」ということです。「何を言っているんだ。もう、立派な大学生じゃないか」と思うでしょうか。たしかに、肩書としては、皆さんは「大学生」になったわけです。しかし、その肩書きが社会的にみていかに有り難いものであるかということについては、まだじゅうぶんに理解していないでしょう。それは充実した大学生活を過ごして後にはじめて理解されるものです。

 皆さんは「学生」という肩書を名乗って、これからの4年間を送る権利を得たわけですが、これは「児童」「生徒」として過ごしてきた高校までの学校生活とは、決定的に異なる意味をもっています。
 大学には、高校までほど厳しい校則はありません。学習内容も、自分で時間割を決定できる自由があるように、あらかじめ内容や進度が拘束されているわけでもありません。また、本学は通常、夜22時までキャンパスを開けています。授業外のキャンパス・ライフを皆さんが自由にコーディネートする時間もたくさんあるというわけです。休暇期間も、高校までより長く設定されています(ただ、年を追うごとに短くなっていることも確かです)。アルバイトをするのも、旅行に行くのも、各自の自由です。その際に「大学生である」という肩書は何ら制約にはなりませんし、むしろ皆さんの行動範囲を広げることに役立つはずです。

 ただし、自由が保障されるということは、そのぶんの責任も同時に背負うことを自覚する必要があります。いわば「自分で落とし前をつける」ことが求められるわけです。大学での留年率や退学率が高校までより急激に上がるのは、大学のこの風土が大きく関わっています。それは逆にいえば、自分の動き方次第で、払った学費分を大きく上回る成果が得られることを意味します。大学は教育研究機関であり、サービス機関ではありません。払った金額分の利益を得るといった、ケチな等価交換の原則に依拠する必要がありませんし、意味もありません。大学に通う権利を思う存分行使して、かつての自分からは想像もできないほどの変身を遂げる=人格的に成長する。それを可能とするのが、大学という環境なのです。

 大学では高校までと大きく異なる教育・学習のスタイルがとられています。講義のような知識伝達型の授業だけでなく、自ら図書館などを利用して調べ、学ぶ、探求型の学習=演習(ゼミ)や実習といったタイプの学びが(とくに学年が上がるごとに)増えるということです。それは、頭の中に知識を詰め込んでいくだけの作業ではなく、新しく知った知識を自ら使って問題(社会の事象)に働きかけていく―その過程で社会を見る眼が変わり、ひいては自分の人生観が変わる―ことを意味しています。大学での学びとは、知識付加型ではない、このようなメタモルフォーゼ(変身)を意識した仕掛けを内包しています。われわれ大学教員は、皆さんに成績をつける以上、結果を求めますが、それも単なる○か×かを答えさせるのではなく、皆さんが自力で考えた成果物(レポートや論文)について、そのパフォーマンスに比重を置いて評価します。

 2000年代以降、大学や高専などの高等教育機関を舞台とした学園ドラマや漫画・アニメがずいぶん増えました―大学進学率が増えたことも一因でしょう―が、その登場人物たちはいずれも、実験、実習、卒業制作といったかたちで、あるいは切磋琢磨できる人間関係の構築のために自主的にキャンパス構内を動き回って、自分たちのドラマを作り出しています。講義を黙って聞いている風景などほとんど描かれないでしょう。そもそも、黙って聞くだけなら機械でもできることです。録音すればいいのですから。

 授業で何を教えられたかよりも、それを一つのきっかけとして、授業以外での自主的な「学び」を充実させる。端的に言えば、「自分で考え、動く」。その自律性こそが「大学生になる」ということの本質であり、皆さんのこの4年間の充実度を決定的に左右する要素です。そのような習慣を1年かけて、しっかりと作ってもらいたいのです。

 繰り返しますが、みなさんは晴れて「学生」としてこれからの4年間(以上)を過ごす権利を得ました。しかし、名実ともに「大学生」となるのは、これからの生活次第です。

 みなさんの健闘を祈ります。

  2014年4月1日

|

« 「教師には社会経験をさせるべき」という俗説 | トップページ | 教育方法改革への自己限定(1) »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69457/59560336

この記事へのトラックバック一覧です: 今年度新入生への手紙:

« 「教師には社会経験をさせるべき」という俗説 | トップページ | 教育方法改革への自己限定(1) »