« 『教育』を読む会に学んで | トップページ | 教育という希望 »

言葉を贈る意味

 学生たちの晴れ着姿が映える恒例の卒業シーズン。


同僚の先生方も「もうあれから一年経ったのか」とという驚きとともに、卒業式に臨んでいた。


 式典後に開催された、学科の卒業祝賀会(謝恩会的性格だが、教員も会費を払う……)。


会の次第には、案の定「教員より一言」の項目があった。


学生から指名された自分を先頭に、先生方が次々と贈る言葉を述べていった。


その終盤、順番が回って来た(自他ともに認めるであろう)アクの強い古株のW先生が、次のようなことを述べた。


「この会で学生に一言スピーチをしなければならないと考えて、朝から憂うつだった。

自分が今ここで述べることに、どのような意味があるのだろう。

いま語ったことを、皆さんは明日には忘れているだろう。

皆さんは、一年次のガイダンスのときに学科長がどんなことを言ったか皆は覚えているだろうか。覚えてないだろう。

だとしたら、ここでしゃべることの意味は何だろう?」


皆酔いが回っていたところへあまりに突拍子もない自問自答セリフだったので、逆に笑いが起こった。


先生方も、またしゃべったW先生ご自身もそれで気分を害したわけではない(いや、校長として毎週 生徒たちに講話をしてきた現職出身の先生は、少し気分を害したかもしれないが……)。


 だが、自分はこの問題提起を受け止めてみたいと思った(その意味でW先生の言ったことは覚えているし、これ以前にも先生が懇親会などの席で語った詩的なことを自分自身は覚えている。その点で、先生の指摘は正しくはない)。



    ◇   ◇   ◇



  教員が学生に対していろいろな言葉を贈る場面は、入学式やガイダンスをはじめ、じつにたくさんある。何より授業がそうだ。


膨大な時間をかけて、学生たちにいろいろな言葉のシャワーを浴びせている。


だが、学生たちはそこから何を受け取っているのか。



こちらは何度も真剣に贈っているのに、ほとんど何も受け取っていないのではないか―。


 実際そう思って空しくなるときは、自分だってたくさんある。


 以前、W先生とタッグを組んで、学校インターンシップの学生面接をしていたとき、先生が「ガイダンスのときに『これが大事だ』と言ったことを覚えている?」と学生に尋ねたところ、誰も答えられず、ひどく落ち込んでしまったことがあった。

 そういう過去の経験もあった(また今現在も、同じ経験を毎度している)からこその指摘なのだろう。



 だが自分は、W先生の指摘に対して、次のように言いたい。 


「先生はこの4年間に食べた料理のことを逐一覚えていますか。

また覚える必要がありますか。

中にはよい思い出(苦い思い出?)とともに覚えているものもあるでしょうが、記録でもしていない限り、とてもすべては覚えられません。


でも確かに、それらの料理は私の体の中で身(実)になっています。


何月何日にどこでどんな味のカレーライスを食べたかという個別の情報はほとんど忘れてしまうでしょう。


でも、何度も食べていれば、カレーライスがどんな味かはわかるようになります。




 教師が学生に語る言葉というのも、そのような性質のものではないですか。


いつ誰が語った言葉かが重要なのではありません。


誰が贈った言葉(=情報)であろうが、何度も聞くなかでそれに学生が(何かの経験をきっかけに)自分なりに意味を与えて思想を耕してくれればいいのです。


誰が言ったかは、忘れてしまっても構わない。


いつ誰が言ったかも忘れてしまうくらい、同様の言辞に学生が日々考えをめぐらせていることのほうが重要ではないですか。」


と。


実は後者の部分(とくに言葉の「意味」をめぐる部分)は、W先生自身もその後のスピーチで語っていたかもしれない。



 また、次のようにも考える。


「どんな言葉も、その固有の肉体を通して発せられます。


同じ言葉でも、先生という身体から発せられるからこそ、独特の色がついて学生に届きます。


先生の場合、その語り口だからここそ言葉に味わいも出る。



そして、その光景のほうが学生には強く残ります。


『ああ、大学教員のなかにはこんなおもしろい人もいるのか』と。


多様な人間観をこそ、学生は無意識のうちに形成しているはずです。」


これはなかなか、しゃべっている本人は自覚できない部分だ。


自分が語っているすがたは、学生にはどのように映っているのか。


学生は自分からどのように「大学教員」を記号化しているのか。


何ともわからない。



 でもW先生については、その不思議な魅力とともに学生の記憶には刻まれているはずだと自分は確信している。

|

« 『教育』を読む会に学んで | トップページ | 教育という希望 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69457/63383289

この記事へのトラックバック一覧です: 言葉を贈る意味:

« 『教育』を読む会に学んで | トップページ | 教育という希望 »