思い出のTVアニメ―「名探偵ホームズ」―

 最近、YouTubeという動画集積サイトにはまっている。
 膨大な数の動画を所蔵、日本のアーティストのPVや過去のテレビ番組なども閲覧でき、いろいろと問題にもなっている人気サイトである。
 日本のアニメや特撮物もかなり所蔵されており、アニメ主題歌データベースを作るサイトが現れるほどである。
 そこで、自分もあの名作TVアニメ関連の動画(主題歌)を探してみた。
そのアニメとは、「名探偵ホームズ」である。
 少年時代にみたTVアニメでとりわけ強烈な印象を持っており、録画しては何度も繰り返しみた記憶がある。1984~85年にかけてTV朝日系列で放送されたこのアニメには、あの宮崎駿氏も制作に関わっており、ファンの根強い人気を誇っている。だが、悲しいことに院生室でこのアニメの話題を共有できるのはI橋さんしかいない。たしかに無理もないかも。自分が8~9歳のころに放送されていたアニメである。
 「名探偵ホームズ」は、コナン・ドイル原作、シャーロック・ホームズ・シリーズの登場人物をすべて擬人化された犬に置きかえるというユニークなアニメである(詳細な紹介は下記のサイトを参照されたい)。そのストーリー展開にはシリアスさはなく(例えば、殺人事件などは起きない)、コメディ・タッチなドタバタ冒険活劇的色彩を帯びている。ホームズvsモリアーティ教授という対立構図で進むストーリーは、タイムボカンシリーズ的な、善玉対悪玉のコミカルさを思わせ、ときにモリアーティ教授への同情すらそそる。
 関連サイトや動画をみると、画の細部の凝り具合など、改めてその質の高さを再確認させられる。1900年前後のイギリスを描いたとされる(イギリス留学時代の夏目漱石も犬になって登場する!)その鮮やかな風景は、綿密な調査・取材によるものと推察する。
 全話を収めたDVD-BOXを購入したい(本気)―その夢の実現のためにも、論文を書かねば(だから、あまりYouTubeにはまってはいけないのだが)。

〈主題歌〉
・OP「空からこぼれたSTORY」うた:ダ・カーポ
・ED「テムズ河のDANCE」うた:ダ・カーポ

〈参考〉
・名探偵ホームズ(ライブラリー) 、 
名探偵ホームズ(Wikipedia)
座談会 テーマ:1「名探偵ホームズ」(※制作スタッフを交えた座談会)

Holmes_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「少女マンガ」との邂逅

 大学三年生になる春のこと。
(今はもう取り壊されている)アパートを引っ越すとき、いろいろとお世話になったお礼に、隣家のおばさんへお菓子を贈ったところ、お返しに少女マンガを頂きました……ナヌ? 予想外の出来事にお礼を述べることもできないでいたところ、おばさんは「これ、私の娘が書いたんです」と。(◎_◎;)
 佐野未央子『金曜日のお買い物』というマンガでした。佐野さんのお母さんに、私はいろいろお世話になっていたわけです(そんなことなら、もっといろいろ聞いておけばよかったと後で反省)。そんなわけで、自分の本棚には今もそのマンガが置いてあります。正直、ページを開くのにためらい=恥ずかしさがありましたが、一度開いたら最後、あっという間に読み終えてしまいました。

               ◇

 今は、羽海野チカ『ハチミツとクローバー』を読んでいます(ホームページがあります。羽海野さんのはこちら、マンガのほうはこちら。アニメ化されているようですが、仙台で視ることはできません)。
また、なんでそんな「柄にもない」ことをしているのか。あるからです、院生室に。自分のものではありませんが。ついつい何度も読み込んでしまいます(研究しろよ)。所々に描かれるコミカルなストーリーが、スパイスとなって効いてきます。そのあたりがとくに、男女関係なくウケるポイントではないでしょうか。
 私自身は「少女マンガ」事情についてはまったくもって詳しくありません。しかし少し読んだだけでも、そこには明らかに「少年マンガ」と一線を画す、独自の文化が築かれていると感じます。日常のどこにでもあるような風景を舞台として設定しながらも、現実社会の深刻な問題とか、正義-悪とかいった問題からは距離を置いたかたちで恋愛を中心とする少女たちのこころ模様が「ひらひら」(本田和子さんによるメタファー)と描かれる、その意味でのとらわれのない奔放さという印象を強く受けます(もちろん、すべてがそうというわけではないのでしょうけど)。

               ◇

 「少年」という範疇から独立した一つのジャンルとして「少女マンガ」が、海外にまで影響を与えるほどに確固たる地位を築いていることの意味をどう考えればよいのか。それは戦前、男子優先の公教育学校制度のなかで閉塞的世界に生きるしかなかった「少女」たちが、「女学生時代」という束の間の「夢の時間」の中で紡ぎ出してきた幻想=「少女文化」の名残りなのか。そんな疑問が浮かんできます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)