同僚の「浅田真央論」に触発されて

 本日は、職場=教育学部教員の懇親会。私の、懇親会係としての今年度最後の役回りであった。
 学部FD研究会の司会業務からの学部懇親会司会というコンボは毎度きついのだが、来年度はこの職務から解放される予定である。ホッ…。

 この間の、巷の話題といえば、ソチ冬季五輪だろう。
 今日の飲み会での、同僚のK谷先生が熱弁をふるった「浅田真央論」はひじょうに面白かった。
端的にいえば、それは、「浅田真央=研究者・求道者」というものである。
 以下、概要を記してみたい。

   ■   ■
 

 今回の五輪の結果は、周知のとおりである。残念ながら、浅田選手はメダル獲得には至らなかった。だが、彼女の滑りに多くの人々が魅了されたのは言うまでもないだろう。

 それがわれわれ「日本人の期待だったから」というのは、ちょっと違う。
 少なくとも同業者=プルシェンコをはじめとする世界有数のフィギア・スケーターの、彼女への評価はひじょうに高い。それは、twitter等での浅田エールからも明らかである。

 それは、なぜか。
 浅田選手のプログラムは、他の誰も成し遂げられない演技への挑戦だった。言うまでもなく、今回の五輪でトリプルアクセル(3A)という高難度の技に挑戦したのは、浅田以外にはいなかった。そして、忘れられがちだが、オリンピックという舞台で3Aを成功させたのは伊藤みどりと、浅田以外にはいないのである。しかも浅田は、今後抜かれることはないといえるほど、オリンピックの舞台で3Aを成功させた。彼女自身が成し遂げたギネス記録のさらなる更新である。
 それは、他の人間ではなしえない芸術の探究であり、レフリーごときが採点できるものではない―点数に表してはいけない代物だった。

 他の選手の演技は、(当然だが)いかによいレフリー(=既定)の評価を得るかというところに力点を置いたプログラムだったといえる。
 一方、浅田の演技は、そのような型におさまる評価の枠組みを越えようとする豪傑な試みだった。

①これを、教職課程の履修学生に置き換えてみたらどうだろう。
多くの学生は、よい評価(GPA)を得るために、教員側にすり寄った立居振舞いをするだろう。だが、そのような姿勢からは、灰谷健次郎『兎の眼』に登場する足立先生のような人材が育つ可能性は見込めない。どこまでいっても、プログラムに規定された評価の枠組みにおさまる人材こそがよいということにしかならない。
 それでよいのか。

②また、これを、研究者の世界に置き換えてみたらどうだろう。
 いかにも無難な評価を得て掲載されそうな、しかし、読む側からすれば大して知的好奇心を喚起されない報告書的論文を読まされるのと、非常に挑発的で、学界には容易に受け入れられないだろうが、しかし読み手の好奇心を喚起する論文を読むのとでは、どちらが話題にされるか。そして、研究者はどちらのスタンスを理想とするのか。 
 

 

 今回の浅田選手の演技もそのような問題を提起する質のものではなかったか、というのが、フィギア・スケートファンという、同僚先生の主張であった。
 なるほど、プルシェンコや羽生が浅田を高く評価するのはそういった点ゆえか、と思った次第である。
(たとえ評価されないとしても)メダルという、世俗的な価値を超える演技を求めようとした浅田真央の姿勢をこそ、我々は評価しなければならないのではないか―。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[リンク]国定道徳教育教材『私たちの道徳』

■道徳教育用教材「私たちの道徳について」@文部科学省、2014年2月14日

 文部科学省編『私(わたしたち)たちの道徳』(小学校1・2年生用、小学校3.4年生用、小学校5・6年生用、中学校用の4冊)が、2月14日に公表された。約9億円もかけた代物で、以前の『心(こころ)のノート』と比較して約1.5倍の頁数になっている(中学校の場合、以前の『心のノート』全144頁から私たちの道徳』全240頁に増量。1.666…倍になった。各頁の文字数も増えているので、情報量としてはかなり充実したといえる)。平成26年度から使用する教材として、全国の小中学校に配布される。

 本の冒頭には、お節介にも「家庭で―家の人と話し合いながら」「地域で―地域の人と交流しながら」といった、学校以外での「この本の使い方」が記されている。学校外でも使える教化資料というわけである(でも、うまい使い道あるだろうか?)。

一瞥して、「使いづらい」と、多くの教師は思うのではないか。
そう思える理由はいくつかあるが、私が「これはだめだ」と思ったのは、各トピックの最後にある記入欄だ。「感じたこと、考えたこと(を書いてみましょう)」という欄がある。中学校用だと、この欄(ほんとに簡単に、「感じたこと、考えたこと」とだけ書いてある)が頻繁に登場する。


 私は、担当科目「道徳の指導法」で、「『感じたこと、考えたことはありますか』というのは、一番ダメな発問だ」と学生に注意している。「別に(ない)」と言われれば、それでやりとりが終わってしまうからだ。「道徳は答えがないんだから、何かを感じさえすればよい」という発想は、最終的に「生徒に読ませて終わり、書かせて終わり」「生徒に言わせっぱなし」という「勘違いのオープン・エンド授業」に帰結する。実際、そうなってしまう受講生のレポート(「道徳の時間」の学習指導案)が多かった(その背景にあるのは、指導方法云々ではなく、それ以前の教材研究不足にあるということは以前のエントリでは述べた)。
 そもそも、読み物資料を読んで学べるのは、道徳に関する「文字で学ぶ知識・情報」であって、イコール道徳ということにはならないだろう。
 資料を読んで、とりあえず「何かを感じなければならない」というのなら、生徒はとりあえず頭に浮かんだ言葉を並べてそれで終わってしまう。だが、それでは、生徒の思考や学びが深まる授業にはならない。生徒が「何かを感じる(ある気持ちになる)」、あるいは「何かを考える」ためには、その前段階として「何かを知る」という作業が必要となる。知識と道徳とは、そう単純に切り離して考えられるものではない。
 この点、宇佐美寛氏が何度も述べているように、まずは「多様な事実認識を保障すべき」であって、そのうえでなければ、何かを考えさせることも感じさせることもできない。そして、多様な事実認識を保障するためには、一つの道徳教材・資料の中の世界だけにとどまっていてはいけない。道徳とは本のなかの問題でも心の問題でもなく、われわれが生きる社会の問題である。道徳が「社会的状況における意志決定のあり方」を指すと捉えるならば、本のなかの世界ではなく、現実の社会的状況を詳細に観察することのほうが重要である。
 下村文科相は、「教師が一方的に教えるのではなく、あるべき道徳を子どもに多様な角度から考えさせる内容にした」と、14日の記者会見で語ったようである(『朝日新聞』2月15日)。だが、本当に「多様な角度から考えさせる」ためには、『私たちの道徳』が示すのとは別の、たくさんの視座を、教師がさらなる教材を通して生徒に保障する必要が出てくるだろう。『私たちの道徳』が出されてもなお、まだまだ教師の実践上工夫できる余地がたくさんある(教師の創意工夫なくしては、道徳教育の現状は何ら変わらない)。
 現場の先生方には、この『私たちの道徳』だけに寄りかかった授業だけはしてもらいたくないし、教員養成の現場にいる身として、引き続き学生の教材研究への意識を高める授業を展開していきたい。また大学に身を置く立場として、『私たちの道徳』の内容の検討を深めていく予定である(学生との考察を深めたい)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

被災地支援情報を探す

 現在、mixiの情報網を通じて、知人の何人かの安否を確認し、自分なりに被災地仙台のマイミクに情報を発信しているところです。
 以下のサイトを活用して、検索しています。

◇東北沖地震 震災情報サイト sinsai.info
http://sinsai.info/ushahidi/

◇仙台緊急支援ブログ
http://happyhap.jugem.jp/

(1)
仙台は、停電・断水の状況ですが、場所によってはガスが使えるようです。
一番懸念されるのは、食料・物資の不足。
食料・日用品販売は、仙台ロフトや青葉区ダイエーでは開始しています。
炊き出しは、勾当台公園や東北大学川内キャンパス体育館で行われる可能性があります。
近くの人は、確認を(その場で、他の避難所開設の情報を確認できるはずです)。

(2)
下水処理機能が復旧していないので、トイレ等を使うとマンホールなどから下水があふれ出る可能性があるので、できる限り、仮設のトイレを使うようにとのこと。

(3)
関東・首都圏では、輪番停電の可能性。今後、東京電力や政府の発表に、注目する必要があります。
(とはいえ、情報収集のためのツールは最低限確保しておく必要はあります。暖房器具等が電力を食うようです。早めに布団を敷いておいて暖を確保しておく必要があります。)

このような未曾有の災害に直面し、幸いに安全なところにいる者としては、「寛容」「臨機応変」「専門家への委託」(「未曾有の災害のときに」@内田樹の研究室、2010年3月13日)を念頭に、ふるまおうとすることしかできません。
被災地の方々に少しでも早く笑顔が戻ることを祈るばかりです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

第二の故郷が…

 八王子の自宅や大学の研究室は、幸いにも大した被害は起きなかった。
 でも、かなりの地震の横揺れで、はじめて酔いそうになった。
 まず心配だったのは、いわきの実家だが、夜遅くに家族とは連絡が取れた。棚のモノが落ちたり、屋根瓦がずれたりという程度のことで済んだ。

 しかし、二年前までの13年間を過ごした第二の故郷の仙台は、目を疑う光景に。 
 画像・映像でみると、そのあまりの惨状に、息を呑む。

The big pictures: The moment Japan's cataclysmic tsunami engulfed a nation

Natorigawa River TSUNAMI Earthquake in Japan

仙台の知人の方々の、安否はまだ確認できない。ただただ、祈るばかりである。

これから、電力供給不足により、都内も停電に入る可能性が高い。それへの対応をしなければ。

プレスリリース 2011年「需給逼迫による停電の可能性と一層の節電のお願いについて」@東京電力、2011年3月12日

 
 まだまだ、予断を許さない状況だが、事態が一通り収拾したとしても、そこから復興への長い道のりが待っている。

◇【緊急】東北地方太平洋沖地震のために、わたしたちにできることまとめ

 協同・協働の意識をもって、力を合わせていくしかありません。

 とりいそぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モチベーションが上がらない展開ばかり(2)

 附属病院の問題ですっかり隠れてしまっているが、実は本学科でも問題が発覚している。しっかり記事にもなった。こちらは言い訳のできない問題である。
本学科で問題が発覚したというとき、たいてい、その中身は学生の不祥事である(というか、自分が着任してから、問題が起こったというとき、今のところ、その中身はすべてこれである)。今回は、ボランティア先の学校で児童にわいせつ行為か……。これでまた、学科長や教職センター主任、そして事務方が奔走する羽目になっている。
 マスプロ的な指導体制を敷いている大学側にも問題はある(*)
  とはいっても、一人前の大人であり、教職を学ぶ身だ。そのようなことをすれば、必ず付けが回ってくるという、想像力を持ち合わせていなかったのか。子どもを「弱き者」「大人の言いなり」としてみるのは、大人の傲慢であり、教師としては失格だ。

「これからの教員養成には実践的・臨床的な学習指導も必要であり、そのためには現場との連携・協力が不可欠だ」と学科で将来計画を議論しているときに現場の信頼を裏切り、連携のパイプを断ち切る行為に及ぶのは、他の在学生、そしてこれから本学科に入学してくる高いモチベーションをもった学生にとって、悲惨でしかない。
 
  今の時代、そのような行為に及べば、一生ウェブ上で「犯罪者」として名を晒されつづけるのだ、ということを学生は自覚してほしい。

(*)ただ、個別に目をかけていたとしても、今回の問題は見抜けそうになかったのが正直なところだろう。学科長から聞いたところでは、彼は学内では成績優秀で(単位不足などではない。S評価もいくつかもらっている)、教育実習でもお墨付きをもらって帰ってきた学生だった。ボランティア先も去年から継続して行っているところであり、学校でも信頼を得て、子どもからの評価もよかった。
 改めて、知識・技能とは別のところで、教職の意義と子どもに対する責任について、学生に訴えなければならない。でも、どうやって……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モチベーションが上がらない展開ばかり(1)

  ここのところ、自分の近辺で悲しい出来事ばかりが起こっている。

  勤務校の附属病院で発覚した問題は、世間に大きなインパクトを与えている。

  ただし、これについては、メディアの報道姿勢にも問題がある(医学関係の専門家からは一部批判が起きている)。
多剤耐性菌と死因との関連は、そう明快に説明できるものではない。新聞記事の行間からはそのように読める。
その証拠に、ニュースでも「○人は感染と死亡との因果関係を否定できない」という微妙な言い回しになっている。断定はしていないのである。
アシネトバクターは、健康な人間には感染しても発病しない。もともとの免疫力で抑えられるほどの毒性でしかない。
影響を受けるのは、重い病気を患っている免疫力の低下した患者である。したがって、もともとの疾患、あるいはその合併症などの結果死亡し、たまたまそのとき調べたらこの種の菌を発見した、というような状況がほとんどだという。とすれば、なおさら感染と死因との関連を明言することは難しいのではないか。
 だが、今回の事態を受けて、(そのようなあいまいな問題枠組みに沿って)同様の事例があちこちで出てくる可能性が高い。
 また、報告の遅れが指摘されているが、これまで報告の義務はなかったし(これから義務化すると厚労省は言っているが)、仮に厚労省や保健所などへの報告が迅速であったら、拡大を防げたのか。そもそも何のために届け出るのか。そこに、院内感染対策の専門スタッフがいるというのか。また、感染症の専門医たちからなる充実した体制を各病院が整えられる現状に、日本の医学界はあるのか。おそらく、どれも否だろう。
 であるならば、なおさらその視点での建設的な議論がほしい。
 
 しかし、一度このように報道されてしまうと、世論は突発的な感情に引っ張られて断罪的に物事を解釈してしまう。大きなイメージダウンにつながることは確かだろう。
ただし、どんなに糾弾したところで、病人・患者が減るわけではない。問題が発覚したから「しばらく救急は受け入れない」といえば、近辺の連携する病院にその分の負担がのししかかるだけである。それがさらなる問題の引き金にならないか、危惧する次第である。

〈リンク〉
多剤耐性菌感染症の集団発生(いわゆる、アウトブレイク)問題に関する全国医師連盟の見解 - 全国医師連盟、2010年9月10日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「○○力」とかの流行は好きではないけど―

 2ヶ月近く、ブログを放置してしまった。すでに300回目のエントリを書いたときに、「放置プレイ」を宣言していたわけだけど、本格的にそれらしくなってきたか。
 
  着任2年目なれどまったく仕事に慣れるという状況にはない。むしろ、去年よりもさらに仕事に追われるようになった。仕事を任されるということはよいことだけれども、何とかしてほしい、ほんと。

 今朝の新聞で「定員割れ私大 38%に/今年度 不況で地元志向、復調」(『朝日新聞』、2010年8月1日)とあった(本学はまだ定員を超える志願があるが、あくまで「滑り止め」としてというのが現状である)。
  とくに国公立より学費のかかる私大は、どうしたら学生を獲得できるかという戦略のみならず、どれだけ学生に手厚い指導・支援ができるかという、独自のカリキュラム改革にも積極的に力を入れなければならない。そして、その成果をコピーを添えて売りにしていく情報発信が必要になる。それを「○○力」と安易に括るのは好きではないけど。
 
  約8年後には(ほぼ回復が見込めない)超少子化が待ち構えている。そのようなサバイバル化に直面するなかで、各大学・教員が新たに「研究」しなければならない問題もたくさん登場してきた。FDや自校教育、初年次教育、リメディアル教育、学生支援、などの言葉・情報にはずいぶん敏感になった。
  最近、目をひいたのは、朝日新聞と『大学ランキング』のタイアップ企画、「大学力 真価の証明~偏差値で語れない、本当の大学の魅力とは」の特集である。各大学が、どのように学生に対してオリジナルな指導体制を敷いて多様な学生たちを育てているのか。その一つ一つ情報は、勤務校の授業改善の方向性を探るうえでとても参考になる。以下、ネット上で見付けたページのリンクを。
    
◇九州の大学力

◇東海の大学力

◇関西の大学力

首都圏についても、こちらの紙上(東京・朝刊)では特集していたけど、ネット上には見付けることができなかった。関東・東北や北海道はどうなんだろう。

 各大学は、どのようなかたちで独自性を打ち出していくのか。その最終的な選択は、教員の肩にかかってくる。個々の研究だけではなく、全体の授業改善など教育活動にも力をいれなければならない。そして、両者をこなしながら、その間にさまざまな校務や会議をこなさなければならない。社会貢献もしなければならない。いやはや、まったくもって、大学教員受難の時代だ。

[追加(2010/08/20)]

◇大学力(首都圏16大学)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本離れ:「止めたい」大学奮闘

■「本離れ:「止めたい」大学奮闘 全国調査で「読まない」学生4割」『毎日新聞』、2010年5月27日。

 こんな記事が出ていたのか。所属校のことも出ているけど、記事にある「必修科目で指導…効果着々」っていうのは、ほんとーに微々たる前進であることを付け加えておきたい。そりゃぁ、必須の授業で読書指導をやるとなれば、「課題だから」と言う意識でしぶしぶ読むに決まっているし。

 正直に言って、本を読まなくても、何ら人生に困ることはないだろう。「本を読むべき」というのは、結局のところ、大正教養主義の名残であって、本を読む意義を功利的理由で事前的に説明することなどできないからだ。それが出来るのなら、とっくにみんな読んでる。できないから、現実では大人も含めて、その逆をいっているのである。

 ところが一方で、読書経験の蓄積を経た人間が、その意義を疑問視し、批判した言説というものに私は出会ったことがない(読書非難の言辞や無関心が起こるのは、読書をしていない人間からのみである)。この事実こそが非常に重要だ。

 読書の意義は、事後的にしか理解できない。となると、働きかける側からただ一つ言えることは、「理由は聞かずに、まずは読め」ということでしかない。だから、学生には、何となくぷらっとでいいから、本の森に分け入るなかで、自分にとっての読書の意味を自ら見つけてほしいのだが……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「大学院の現状」

■『大学院の現状』中央教育審議会大学分科会・大学院部会(第48回)2009年11月18日、参考資料2。

 こんなん、見つけた。分野別に比較するとおもしろいかも。
正直、自分にはまだデータのみかたがわからない箇所がたくさんある
(自分もこのデータに含まれているはずだけど、「教育研究支援者」は、どこに含まれていることになるのだろう)。

 「教育」分野のデータは、18-23頁に掲載されている。
私学の博士課程修了者の進路で、「死亡・不詳」が全回答の4分の1にのぼっているのは、気にかかる。もちろん、ドクターの学生は基本あまり大学には来ないし、把握できていないというのが多いと思うけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「教員養成大学院」とな

■「三重大が教員養成大学院の設置案 試験合格者に2年研修」asahi.com、2009年12月15日。
http://www.asahi.com/national/update/1215/TKY200912140343.html
http://www.asahi.com/national/update/1215/TKY200912140343_01.html

「三重大の案によると、教員養成学部や他学部で教職課程の単位を取得した学生に「仮免許状」を与えて採用試験の受験資格にする。さらに、都道府県や学校法人の採用試験に合格した学生すべてがその自治体に設けられた「教員養成大学院」に入学するという仕組みを想定している。」

「三重大の場合、三重県の採用試験合格者を、いったん大学院に集める。大学院では2年次の1年間を、新任教員に準ずる位置づけで小中高校などに配属し、受け入れ側の学校と大学教員で指導することで実践力を養う。そのうえで卒業後に正式教員として赴任させる計画だ。案では、院生の定員は、県の採用試験の合格者をもとに決定し、2010年度の採用予定者数約385人程度になる見込み。13年度か、14年度から実施に踏み切りたい意向だ。この制度について、大学は今後、県側とも調整する。」

「6年制で教員を養成する場合、大学の教職課程では各教科についての専門的な力に重点を置いて養うよう見直し、大学院では教職中心の実践力をつけることを目指す。 」

 「若手の教員を育てることに特化した制度」か。なるほど~。しかし、採用試験に合格した後の、大学院での2年間に対して、彼らはモチベーションを保てるのだろうか。大学院側は、いったいどのようなカリキュラム用意して、学生の教育研究にあたるのか。その点、どう対応するのか、知りたいところだ。

 一方、「大学の教職課程では各教科についての専門的な力に重点を置いて養うよう見直し」という点には、激しく同意。
 わたしの勤務大学のようなところだと、まず学生の側に現場で教えることになるはずの「中学生」「高校生」並の専門知識があるかどうか、不安に思うことが多々ある。何と言っても、そこが土台だろうに、学生はその現実から眼を背けているふしがある(教職志望なのに、勉強嫌いなの?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)