恩師との別れ

 先日、お世話になっている居合道道場の代師範先生が他界された。
昨年上京して、こちらの道場の門人になってから、たいへんお世話になった先生である。
 私が初めてお会いしたとき、すでに先生は脳梗塞を患った後だった(先生曰く、「死にかけた」)が、その不自由な体をおして道場に通われていた。今年初めに体調を崩され、何とか門人一同快復を願っていたが、その願いは叶わなかった。
 
 先生は、もともとは校長先生を歴任した、高校の先生だった。
数学の先生らしく、きわめて論理的・合理的に、とてもクリアに、居合のそれぞれの型や動作の、業としてもつ意味を指導してくれた。
「理論的であるということはすぐれて実践的なのだ」。先生の一言一言からは、そのような思いが強く感じられた。
居合という、ともすれば、非実践的と思われがちな型(=理論)の持つ本来的的意義(このように実践的に想定できるから、このような型で動かなければならないのだ、という理合)、そして、形にとらわれて満足し、思考停止する居合道家の現状への痛烈な批判が、そこには込められていた。

 先生は、「どうすれば、(弟子・教え子に)よく理解してもらえるか」という、いかにも教育者らしい姿勢を常に持ちながら、道場で接してくれていた。先生の放つ一言一言は、いつも心に響くよう練られたものだった。
「〈貯金〉になるよう稽古しなさい」と、道場に通いはじめたころ指導された。抜付け・切り下ろしのときの手の内、初発刀抜付け時の左足爪先(しっかりと地に対して垂直になっており、蹴り出せる体勢か)、そういった細かい部分をおろそかにせずに日々稽古するのとしないのとでは、将来、その差が大きなものとして露呈する。同じ間違いを指摘されないよう、常に頭を働かせて意識的に稽古せよ、という教えであった。
 そして、昨年暮れ、私にとって遺言になってしまった先生の一言は「爾(汝)の知をゆるして会をゆるさず」というものだった。
頭で理解しても、それで満足してはならない。実際の行動、身体の運用が頭で思っているとおりとは限らない、たから、自分を驕らずたえず内省を心がけよ、という教えだ。
  このような先生からの一言一言は、(技術的なことも含め)忘れないよう稽古ノートに書き続け、今に至っている。大事な宝物だ。
 これから、もっと大事なことを時間をかけて教わるはずだったのに、と思うと、本当に残念でならない。  今はただ、本流(本道場)の居合継承のために、日々稽古に精進すると決意する次第である。
 
合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「剣気無心」

 すでに「仙台錬武会ブログ」「すだ公民館」で取り上げられている通り、先週土曜日、第43回全日本居合道大会が仙台市体育館で行われた。
 自分も大会当日はスタッフとして早朝から昼食を取る暇もなく、電算処理にかかりきりになった(間近で行われている演武も落ち着いてみれなかったが、まあチラ見できただけでもOKか)。
 さらに夜は、打ち上げの幹事として奔走。いつもの如く二次会、三次会と日にちをまたぐまで飲み、昨日はへろへろで布団から出られなかった。

          ◇

 全日本居合道大会は、五段の部、六段の部、七段の部に各都道府県から選出された選手各1名、計3名(×47)が出場、それぞれトーナメント方式で勝ち負けを争う。試合は真剣による形(各流派古流と全日本剣道連盟居合)の演武の形式をとる(さすがに斬り合いはできませんから)。
 各段選手個人の結果[個人戦]はもちろん、都道府県ごとの成績をも算定して、団体の結果[団体戦]も競う。
 算定の仕方は以下の通り。
 一試合につき、勝ち数と旗数を計算する。勝敗は審判員三人による判定=赤・白の旗の数で決する。旗三本[3-0]での勝利なら、勝ち数が1点、加えて旗数が0.03点加算される(つまり、旗一本につき、0.01点)。合計、1.03点である。
 選手は、勝ち進めば多くて1回戦から6回戦(決勝)までを戦う。それがすべて[3-0]の勝利なら、1.03×6=6.18点ということになる。
 これを、五段、六段、七段の各47人の選手でそれぞれ計算し、3名の合計を都道府県ごとに算出して順位を出すわけである。

 今回の大会で地元・宮城県は三選手で合計15.44点をあげ、団体・初優勝を成し遂げた。前回の大会が行われたのは、1991(平成3)年。その時のことはこのブログで少し触れたことがある(「若き日の師匠の勇姿(以上の衝撃?)」、2008年6月16日)。その時宮城県は、都道府県対抗順位で惜しくも2位だった。
 だから、県連居合道部会として「今回こそは」という悲願があっただけに、先生方の感慨は一入のはず。
 この日のために、特練を積んでこられた選手の先生方、本当におめでとうございました。

          ◇

 ちなみに、今日の記事のタイトルは、記念品として配られた手拭いの文字。書かれたのは、大学剣道部のときにお世話になった堀籠先生だった(相変わらずの達筆!)。いまだご健在だったなぁ。 
 もう一つの記念品は、玉虫塗の……、ええと名刺盆でしたっけ。M野さんのお土産と同じくらい使わない気が……、いえ何でもございません(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

若き日の師匠の勇姿(以上の衝撃?)

  宮城県図書館に行って、『月刊剣道日本』のバックナンバーを調べてきた。理由は、以前に書いている[*]。
 そして、師匠の記事(第26回全日本居合道大会、1991年10月13日、仙台市体育館)を見つけてきました。1991年12月号です。若い! トレードマークの髭がない!(他の先生も若い!)
 なお、記事の見出しは、六段の部で前人未踏の三連覇を成し遂げた東京・金田先生のほうを強調している(ちなみに、金田先生はその後七段の部でも、前人未踏の三連覇を達成している)。

 もっとも居合関連記事はそもそもが小さい扱い。同月号で最も大きく特集されていたのは、平成の武蔵・宮崎正裕選手による史上初の全日本剣道選手権・二連覇の偉業であった(たしかに、あれはリアルタイムで見ていて「歴史的瞬間!」の衝撃を受けた。この偉大な記録に続く剣士は、結局その後現れていない。長い全日本剣道選手権の歴史の中で選手権を連覇した人は後にも先にも宮崎選手ただ一人である)。
 それと、残念なことに、『月刊剣道時代』のほうの同月号は、県図書館には所蔵しておらず、記事をみることができず。

              ◇

 さて、前回宮城県で全日本居合道選手権が行われた1991(平成3)年10月13日(日)はどのような日であったのか。
『河北新報』1991年10月14日の記事で調べると、次のようなことがわかる。

・台風21号 東北の交通網マヒ状態
「台風21号による大雨のため、十三日の東北はJR各線や主要道路が寸断され、交通網は終日マヒ状態となった。特にJRは各地区で降雨量が「運転中止」の規制値を超え、東北新幹線を除くほとんどの路線が深夜まで全線または一部不通となり、秋田県を除く五県で十八万人の足が乱れた。」(1面)
(※)大荒れの天気の中で、全国大会は開かれたということですな。ちゃんと選手は到着できたんだろうか?

・広島カープがリーグ優勝(山本浩二監督)
阪神とのダブルヘッダー、第二試合を佐々岡―大野の完封リレーで、1-0で勝利。地元で優勝を決める。

―といった感じで、選手権の記事は小さく載っていた(15面)。まあ、話題盛りだくさんで、居合どころではないということですね。

              ◇

 この時期(1991年)の『剣道日本』のバックナンバーをいくつか読んでみたが、いろんな意味で時代を反映していておもしろかった。今だったら、完全に問題になるような記事が載っている。
 例えば、「体験・気の世界」なる、いかにも怪しい特集。
 悪霊(狐)が取り憑いている人に対し、「魔除けの居合」でそれを追い払ったなんてスピリチュアル全開なことが書かれていたりする。たしかに、この時期はまだ「あなたの知らない世界」などのカルト的な心霊番組を堂々と放送していた。
 ちなみに、全日本居合道選手権が行われた1991年の10月13日夜、ゴールデン枠で放送されていたテレビ番組は―、
「矢追純一UFOスペシャル第4弾!! 緊急特報・生きた宇宙人がつかまった?▽南ア空軍UFOを撃墜・生きた宇宙人2人を捕獲・3本の指と水かき・ウロコ状の皮膚▽秘密地下トンネルほか」(日本テレビ系列、7:00~8:54)

 これは、居合どころじゃありません!!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ムムムム

 日曜日は、福島市で居合道の大会に参加。
力を出し切るも、あえなく初戦敗退。またしても一本に泣く。
身重のあおぎんぐさんの言葉を拝借すると、「若さ」にやられたといったところ。
もっともそれでは身も蓋もないが、剣の「勢い」に負けたとは、上位進出者の演武を見ていて思った。
要するに、日頃師匠に注意されていることが敗因である。今回の指定技が、その「勢い」の点でとくに師匠から指摘を受けていた六本目「諸手突き」だったから尚更だ。試合を見ていてくれたすだっちは「あそこで差がついた」と評価してくれた。
 さて勉強にはなったものの、改めて明確になった課題を前に、「有意義だった」というより、その「遠い道のり」に戸惑っているというのが現状だ。ただ、「勢い」のある演武とはこういうものだ、という具体的なイメージをつかむことはできた。いろいろな居合をみて、視野を広げられるのが、大会のいいところだ。
 とりあえず、毎日の素振りと筋トレ(ちょっとずつ)。それを自らに課すことで試行錯誤していくことから始めたい。「生活習慣」から変えると帰路の途中に反省したのは、そういうことです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

稽古の春

 居合の春―。仙台錬武会の第3回一日稽古会に参加してきた。出席者が多く、にぎやかで活気に満ちた楽しい会だった。稽古には実にイイ季節である。それに業の課題を貴重な土産として持ち帰ることができた(ついでに先生がハーレーにまたがった姿もスクープ!camera)。いろいろと下準備を行ってくださった事務局に深く感謝申し上げます。会場の確保から資料の作成までいろいろと大変だったはず。おかげでくたくたになるほど充実した一日だった(6、7時間も刀を振っていればさすがに応える。基礎体力の強化も目標に入れないといかんか)。

 自己紹介のときに再認識したのだが、自分の居合歴も、はや7年目に突入しようというところ(県連のサイトに寄稿した「居合のすすめ」が26歳のときだって。)にきた。よく続けてきたという達成感の一方で、妙な虚しさも感じるのは春(なのに変わらない自分という問題構図がある)だからだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

下緒が切れそう

 時間が合わないのと、雪のため(原付の人間は)道場まで足を運ぶことができなかったのとで、二週間ほど居合の稽古にいけなかった。
 明日(日付変わって今日)は稽古に行こうと、素振りをして気合いを入れたところだが、刀をみて気がかりなことが。
下緒(さげお。さげを?)が切れそうなのである。今年の最初くらいに気づいたのだが、すぐにでもぷっつんといってしまいそうな状況である(知らない人のために説明しておくと、下緒とは刀に括り付けている紐で、居合道では付けることが作法として義務づけられている→たとえば、こちらの動画を参照)。栗形と左手との摩擦でほつれてしまったのだろう。装飾には頓着しないタチだから、刀を買ってから一度も付け換えたことがなかった。ついに一歩手前まで来た。稽古をしてきた年月が感じられて、少し感慨深いものがある。
 さて、ここまで来たので買い換えようと思うが、できれば大会の時にいろいろと物色してから購入したい。でも、それは春以降の話。それまでには間違いなく切れそうである。そこで、このブログを見ている錬武会会員の皆さんで「もういらない」という下緒があったら、お譲りください。

【追記】2008年2月4日。
  金曜日(2月1日)の稽古で、ついに切れてしまった。何とか切れた部分を縫い合わせて直したけれども、我ながら無様な出来映えである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

驚きの理合で、心から「なっとく」

 昨日は居合道の稽古。水曜日に稽古へ行くのは久々である。金曜日と違い、少数(といっても一時期よりは明らかに多い)での充実した稽古。せっかくの機会なので、先生に古流の理合(そのような所作をする合理的・説得的な理由)について、自分が感じている素朴な疑問をぶつけてみた。
 そうしたら、「すげぇー!」と驚くような答えを聞き出すことができた。目から鱗返とはこのことや(シャレや! それも居合関係者にしか通用しないな!!)。これまで安易に考えていた「形」の背後にある、武術としての業がもつ深い意味を理解し、「そうだったのか!」と納得するのは、実に気持ちがいい。学校の教室で学ぶのも、本来同じこと。単に伝達されたことを手っ取り早く「できる」だけでなく、「そうだったのか。なんだ、あたりまえじゃないか!」という「なっとく」を、“経験を通して”得てこそ、意味がある。

 ということで、今日は居合道の話題。
 初伝の「陰陽進退」。第二の敵に対し、どこの部位に切り付けるのか。自分は今まで「切り下ろしてくる相手の刀が自分の頭蓋をとらえるまえに、敵の腹部を斬る」ものだと思っていた。たぶん、同じように考えている人はかなりいるんじゃないだろうか。でも、実際に検証してみると、とてつもなく難しい。ほんとうに可能なんだろうかと思ってしまう。だって、相手と刀の長さが同じで、相手よりも不利な体勢にあるのに、タイミングよく、身体を後方に引きながら、相手より先に斬りつけるなんてできるのか。
 むしろ、そんな危ない状況は想定しないで、もっと自分に有利な状況として考えたらいいんじゃないかということになる。じゃあ、どういう理合なのか。それは「口伝」によって伝承されるべき部分なので、ここでは述べられない。
 とにかく、先生の話(そのもとは松峯達男範士の研究会とのこと)を聞いて、そして実際に検証してみて、心から納得した。そして、改めて檀崎友彰範士の本を読んでみると、なんと第二の敵に対し、どこの部位を斬るのかは記されていないではないか。ここでも「なっとく」。
  
 こう考えると、実は居合(道)というのは、大事な部分(「秘技」「奥義」と、その理合)は、表向きは隠して稽古しているのだな、ということがわかってくる(例えば「逆手陰陽進退」では、切り下ろす前の敵の体勢を崩す「ある動作」はしないことになっている)、であればなおさら、そのことを忘れて(あるいは知らずして)表面的な「形」だけを稽古することに意味はない、となるのは当然のことだろう。

 まだまだ、わざへの疑問はたえない。できる限り、自分の力で考える作業をくり返しながら、師の教えを乞うていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一日稽古会

 昨土曜日は、仙台錬武会の一日稽古会の日。昨年に続いて、二回目である(事務局長殿ご苦労)。
雨の中、ずぶ濡れになりながらバイクで会場に向かう(わが辞書に「電車」という文字はない。嘘)。
 参加者の顔ぶれをみると、若い人(10代、20代)が多い。もともと若手が多数を占める、宮城県では珍しい会だが、今回の稽古会も若手で占められた。自分が年長者に入ってしまう。
 稽古は10時前から16時過ぎまで。みっちり稽古して、HEROHEROになってきた。
 皆の稽古ぶりも真剣そのもの(でも、休み時間にまで学校の勉強をするのはやりすぎです)。
 「わざ」は、身体から切り離して存在することはできない。学校で学ぶ(科学的)知識のように抽象的な「言語」や「記号」としてはありえない。言語化できたとしても、それは「わざに関する知識」であって、「わざ」自体ではない。
 個々の身体を通してのみ具現する、普遍化・一般化が困難なもの、それが「わざ」の特徴である。だから、「わざ」の習得は、師匠の言葉に耳を傾けつつも、それだけではなしえない。「わざ」を学ぶ者が、自らの身体に主体的に働きかける作業を通して、はじめて達成できる。
 だから、皆真剣である。自分の身体との内なる対話を通さないと、それは習得できないのだから。五体を使って多様な対話を試み、非日常的な身体感覚を高めていく。その繰り返しを通して、いつしか身体が「あまってくる」ようになり、さらにその「わざ」の意味にまで思考を深めていくことができるのだろう。
 自分はもうそろそろ、その深みに入っていかなければければならないのだが、まだまだ思考が浅いようだ。「『信夫』(=夜の敵)では、暗闇の中でなぜ相手が敵だとわかるのか」との師匠の問いかけは、今まで自問したことがないものだった。まだまだ形だけの居合であり、敵対行為としての武術にまでは至っていない。これからも幾度となく、そのような事態に陥るのだろう。
 その世界の深さに想いを馳せつつ、行きと同じように、ずぶ濡れになりながら自宅に帰るのでありました。とほほー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体育の日、稽古三昧

 今日は、居合道の伝達講習会に参加。
疲れたよ。まぁ、でも今回もいろいろな意味で勉強になった。居合道家は卓越した指導技術を兼ね備える必要があるんだなとか。
 業の面でいえば、全剣連居合の一本目(前)や二本目(後ろ)で、袈裟に血振りし、その後に足を揃える、その合理的な理由がわかったような気がした。H郷先生に感謝です。でも、三本目(受け流し)をご指導いただいたときは、昔のあの名取での記憶が思い出されて……、こらえるのが大変でした(深く詮索しないでください)。 
 それにしても不満だったのは、講習会終了後の後片づけ。おい若手共(あ、オレも若手か)、なぜ誰も手伝わない。オレやウエ様といった30代が中心でどうする。アップアップなんだよ、こっちは。終わったら、錬武会の人は誰もおらんし。何ともいえない徒労感に襲われたよ。火曜日が来ないでほしい…、もうなってるけど。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

刀に嫌われた

 久々に居合の稽古に行く。
学会発表の準備やバイトと重なったりとで、しばらく刀を握っていなかった。
なので、「鈍っとるのぅ」という感じだ。
刀がそれを教えてくれるのである。
刀を振っていても、どうもしっくり来ない。以前体感していた感覚に到達しない。かといって、無理に振り回したところで勘が戻るわけでもない。最近テレビによく流れる「あなたと合体したい」(音量注意!)ではないが、居合も刀との感応、共鳴がなければ、「気持ちいい」切り下ろしはできない。そして、その「気持ちいい」感覚は、たえざる業の鍛錬(≠肉体運動)によって獲得できるものである。

 昨日の稽古では、強引に刀を振ったせいか、右手が痛くなってしまった。掌のちょうど人差し指の付け根あたりだろうか、そのあたりが今も痛む。柄を強引に握っていたのだろう。柄巻の凸凹が掌の負担になったにちがいない。先週の残暑気払いで「茶巾絞り」と言われたばかりなのに。変な操作をされて、刀も嫌がったにちがいない。右手の痛みは、その結果だ。稽古から遠ざかったせいで、ずいぶんと身体感覚が鈍ってしまったようだ。
 また一から出直しかのう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)